タイムラプスいろいろ

モーション・タイムラプス映像への飽くなき追求


SKYPIX JAPAN www.skypix.jp

長野県小海町・松原湖畔で稼働中の超長期タイムラプス自動撮影システムが捉えたベスト・シーン(1)

2019年04月10日 | 日記

長野県小海町にある松原湖湖畔では1年間の予定で昨年11月から超長期タイムラプスを撮影中です。 毎日日中5分おきに撮影を続けており、既に撮影枚数は1万8千枚に達しています。 完成すれば四季折々の変化をなめるように見せる素晴らしい映像になると思います。冬の間は湖面は完全に氷結(氷の厚さは40cm)してワカサギ釣りのメッカになったりしました。

撮影にはCANON EOS 6DにEF16-35mmF2.8を使用しています。 この場所は氷点下30度近くまで気温が下がるので撮影ハウジングにはヒーターシステムを組み込んでカメラの動作と、ガラス面の結露を防止しています。

 

 

このシステムで既に撮影された多数のカットの中からいくつかナイス・ショットがありましたのでご紹介します。 定点で辛抱強く?機械が自動撮影してくれた賜物と言えます。

まずは4月6日に隣の佐久穂町で発生して大規模な山火事です。 火事そのものではなく、空から水を撒いて消火する為に自衛隊の大型ヘリコプターが100回近く松原湖と火災現場を往復して、湖水を大型バケツで汲み上げて行ったのです。 迫力あるシーンです。 この日は松原湖周辺は安全の為規制されて入ることができませんでしたから、仮に駆けつけても撮影することはできなかったシーンです。 背景に八ヶ岳と青空が綺麗で、まるで計画されて撮影したシーンのようです。

 

 

上のカットをズームアップした映像がこれです。

 

 

もうひとつこのカット

 

上のカットをズームアップした映像がこれです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« qDslrDashboardの動作環境と... | トップ | 長野県小海町・松原湖畔で稼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事