LA VIE EN ROSEのプロムナード(散歩道)

私達の毎日の生活は”プロムナード(散歩道)”です。散歩道で発見した出来事を日常世界ふしぎ発見!でご紹介して行きます

【お散歩】 17/10/18 世界は、ダルマを求めている

2017年10月18日 19時49分29秒 | 今日のお散歩記録
 ”LA VIE EN ROSEのプレリュード(前奏曲)”は、2017年8月1日より、
”LA VIE EN ROSEのプロムナード(散歩道)”にタイトル変更をしました。
本ブログの内容につきましては、残念ながら、にほんぶろぐ村のジャンルの”バラ園芸”の内容と一致いたしません。

 私達にとって、毎日の生活は”プロムナード(散歩道)”です。平凡な毎日の散歩道で見た事、感じた事、思った事、
起きた事、日々の発見をカメラマン(妻)の撮った写真を交えてご紹介したいと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日の夕方の新宿の空


 【お散歩】 17/10/18 世界は、ダルマを求めている

 今朝は、久しぶりに雲一つ無い、青空の広がる朝となりましたね。最近、ずっと雨の日が続き、バラ仕事ができませんでした。今朝は久しぶりに青空の広がる天気になりましたので9時半頃から庭に出て、12時半まで、3時間も立ち仕事のバラ仕事をしていました。バラ仕事は、還暦を迎えた人間の体には大変な作業ですが、健康で、元気にバラ仕事ができる事は幸せな事ですね。

 さて、日曜日に尻もちをついて左臀部に痛みが残っています。この痛みの具合で歩行に影響が出ているか気になりましたが、無事に、今朝の早朝のお散歩が出来る状態で、疲れを感じる事なく歩けて安心しましたね。

 ところで、毎日、高校講座で勉強しています。今日の世界史では、古代インド:仏教とアショーカ王を勉強しました。仏教の創始者のガウタマ・シッダールタ、後のブッダについて、シッダールタは、シャカ族の王子として生まれ、結婚して何不自由なく暮らしていました。しかし、人生とは何か、死とは何かに悩み、29歳で生活を捨てて出家しました。
 また、ブッダの「人間の価値は、生まれや身分ではなく、清らかな行いによって決まる」という考えに共感を覚えました。


 仏教を広めた人物にアショーカ王がいます。アショーカ王は多くの犠牲者を出したことを振り返り、心から後悔し始めます。仏教の僧侶の説法を聞き、心打たれたアショーカ王は、熱心な仏教徒になりました。 それ以降、アショーカ王は武力ではなく “ダルマ” による政治を行いました。

ダルマとは、仏の教えを取り入れた法です。「生き物をむやみに殺してはならない。」「父や母に従い、周りの人に礼儀正しく振舞う」といった教えです。

今、世界は、ダルマを求めている。と思います。

今日も平和に感謝!!


 記録


 起床:3:55

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 12℃[0]
 血圧: 112/83/62

<1> 17/10/18 これからの予定を考えながら

 自宅発 04:17:00 
 赤坂上 04:26:00
 小踏切 04:35:00
 仙川橋 05:00:00
 +八重山の道+幼稚園
 自宅着 05:28:00
 歩行距離: 1.6km
 歩行:左足加重。大きな歩幅で足の回転を上げる。背を伸ばす。胸を張る。

帰宅後:

 * トイレ+浴室+洗面所掃除 05:35 - 06:01
 * 語学 旅するイタリア語  06:05 - 06:25 
 * 体操 06:25- 06:35

<2> 09:30 - 12:30 ガーデニング

<3>高校講座 13:00 - 15:30 
 
<4> 16:00 - 17:00 ガーデニング

今日も平和に感謝!!

◆ 今日の歩行距離:     1.6km 
◆◆ 10月の累計歩行距離:28.0km

◆ 会社に通勤していた時の一日の歩行距離

  自宅<->駅 往復:   2.0km
 大崎<->会社ビル往復: 1.5km
 事務所ビル内歩行距離:  0.5km
 駅の階段歩行あり:    0.3km
------------------------------
一日の歩行距離  :    4.3km

星と太陽と青空に願いを』は、私達の毎日のおまじないです。
星と太陽と青空に願いを』
このおまじないをブロブに書きますと、不思議と悪い事が起きません。神様に私達のお願いが通じて私達家族を守ってくれているように思えます。

絶対に台風21号が関東に来ませんように。絶対に10月23日、24日は台風21号の影響がありませんように
家族が健康で安全で平和な日でありますように。
地震が起きませんように。
悪いことが起きませんように。
明日は今日より良いことがありますように

訪問者の皆さんが健康で安全で平和な日でありますように。

今晩も『太陽と青空と星に願いを』でおやすみなさい。 ◆ 就寝:10:30

散歩人とカメラマン(妻)
コメント

今日見つけたもの

2017年10月18日 19時04分16秒 | 発見・驚き
今日、カメラマン(妻)が見つけたものをご紹介します。

キティちゃんの電車: 渋谷駅にて

車内は、渋谷区の観光案内所になっています


キティちゃんの電車: 車内はこうなっています

可愛いですね!!

ハロウィーンのポスター:新宿高島屋


 記録

 天気: 雨時々曇

 最高気温(℃)[前日差]  16℃[+1]
 最低気温(℃)[前日差]  14℃[0]

 カメラマン(妻)
コメント

今日の渋谷の空

2017年10月18日 18時57分09秒 | 街角・風景
朝は青空の広がる天気になりましたね。

今朝、カメラマン(妻)が撮った、渋谷の空の写真をご紹介します。

朝の渋谷スクランブル交差点


夕方の渋谷スクランブル交差点


仕事の帰りの空は曇ってきていましたね。


夕方の渋谷駅


お天気は、今夜から雨が降り出して、23日(月)まで傘マークの日が続きます。早く、秋雨前線が去って、太陽の輝く、青空の広がる日が来る事をお祈りします。

 記録

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 12℃[0]

  カメラマン(妻)


コメント

高校講座 (1)物理基礎 (2)世界史 (3) (4)

2017年10月18日 15時43分25秒 | 学習
高校講座で勉強しました。今日の教科は;


【物理基礎】 第4回 第1編 物体の運動とエネルギー 変化する速度について考える ~加速度~

変化する速度について考える ~加速度~
速度が変わる運動を調べる

加速度とは;
加速度を求める式は右の図のようになります。
時刻t1から時刻t2までの間に、速度がv1からv2に変化したとき、1秒間あたりの速度の変化を求めるという意味です。
単位は「メートル毎秒毎秒」です。


【世界史】第4回  古代インド ~仏教とアショーカ王~

1.世界宗教の生成 

紀元前2500年ごろ、インダス川の流域から都市文明が始まりました。これが現在のインドの源流となるインダス文明です。
インダス文明は紀元前1800年ごろに衰えました。その理由は諸説ありますが、現在も謎のままです。
紀元前1500年ごろ、アーリヤ人と呼ばれる人々がインドの北西部に入ってきて、新たな文明を作ります。
アーリヤ人は、さらに東のガンジス川流域に移動し、紀元前6世紀ごろにはいくつもの都市国家を生みだしました。

アーリヤ人が信仰したのがバラモン教です。バラモン教では厳しい「身分制度」が考え出されました。

バラモンと呼ばれる司祭を特権的な地位におき、農民や先住民などは低い身分とされました。最下層の「不可触民(ふかしょくみん)」にいたっては身分を持たず、触れるとけがれを生むとされ、ひどく差別されるようになりました。

◆ 仏教の創始者ガウタマ・シッダールタ

紀元前6世紀ごろ、仏教はそうした身分差別に反対する思想の一つとして生まれました。その創始者がガウタマ・シッダールタ、後のブッダです。
シッダールタは、シャカ族の王子として生まれ、結婚して何不自由なく暮らしていました。しかし、人生とは何か、死とは何かに悩み、29歳で生活を捨てて出家しました。

◆ブダガヤの菩提樹

そして、ブダガヤの菩提樹の下で瞑(めい)想に入り、35歳の時にこの世の真理を得ます。
それ以後、シッダールタは「悟ったもの」という意味の “ブッダ” と呼ばれるようになりました。

ブッダは、「人間の価値は、生まれや身分ではなく、清らかな行いによって決まる」という新しい教えを説いて回ります。それは、身分制度に苦しむ人々や女性に支持されました。
ブッダは80歳で生涯を終え、集まった信者たちによってその教えがまとめられます。これが仏教として確立しました

2.仏教の隆盛と伝播 

眞鍋さん 「ブッダが悟りを開いたのは、何千年も前のことでしょ?それが、世界中に広まっているのは、なぜなんだろう。」
永松さん 「そこで重要な役割をした人物が、アショーカ王です。」

◆ スコータイ歴史公園

続いては、東南アジア最大の仏教国 タイの世界遺産「スコータイ歴史公園」へ。
ここは、仏教を信仰し手厚く保護したスコータイ王朝によって、13世紀に作られました。スコータイでは、1万を超える微笑みの仏像を見ることができます。
仏教がインドを遠く離れ、タイにまで伝わったきっかけを作った人物が、インドのアショーカ王です。

◆チャンダ=アショーカ:インド史上初の統一帝国が成立

仏教誕生から約300年後の紀元前3世紀、アショーカ王はマウリヤ朝の王族に生まれ、三代目の王になりました。
王位に就いたアショーカは、兄弟を皆殺しにしました。邪魔者はすべて殺したため、「チャンダ=アショーカ(暴虐アショーカ)」と呼ばれ、恐れられます。
さらにアショーカ王は、殺戮を重ねて近隣諸国を征服し、南インドの一部をのぞくインド史上初の統一帝国を築き上げました。
しかし、アショーカ王は多くの犠牲者を出したことを振り返り、心から後悔し始めます。仏教の僧侶の説法を聞き、心打たれたアショーカ王は、熱心な仏教徒になりました。

◆ダルマ

それ以降、アショーカ王は武力ではなく “ダルマ” による政治を行いました。
ダルマとは、仏の教えを取り入れた法です。「生き物をむやみに殺してはならない。」「父や母に従い、周りの人に礼儀正しく振舞う」といった教えです。

◆アショーカ王の石柱

アショーカ王は、ダルマの教えをライオンの彫刻をほどこした柱に刻み、インドの各地に立てました。
さらに、人々が仏教の聖地を参拝しやすいように道路を作り、国土を整備しました。

◆アジア各地に広まる仏教

アショーカ王の死後、仏教はアジア各地に広がります。
インド南東の島スリランカは、現在でも10人のうち7人が仏教徒という、仏教の盛んな土地です。仏教は中国、韓国を渡り、アショーカ王の死後から約900年を経た6世紀には、日本にも伝わります。そして13世紀ごろ、東南アジアのスコータイ王朝にまで伝わりました。
現在、仏教徒は世界に約4億人いると言われています。

◆ライオンの石柱とインドの国章イ、ンドの国旗

眞鍋さん 「仏教を広めるための手段として使っていた石柱は、今も当時の物が見られるの? 」

永松さん 「そうなんです。今でもインドのあちこちで見られます。左写真の左側が石柱の上部で、右側がインドの国章です。(二つは)同じですよね。」

眞鍋さん 「このまま使われているんだ。」

永松さん 「そして、インドの国旗(右写真)には、石柱のライオンの下にあるマークが国旗にもあしらわれているんです。」

眞鍋さん 「アショーカ王は、現在のインドにも大きな影響を残していますね。でも現在のインドは、どちらかというとヒンドゥー教のイメージが強いじゃない?仏教っていうイメージがあんまりしないんだけど。」

永松さん 「実は今のインドでは、ほとんど仏教は消滅してしまったんです。」


3.仏教のインドでの消滅

マジカル・ヒストリー・ツアー、最後はインドの世界遺産「カジュラーホの寺院群」です。これらは、11世紀から12世紀にかけて作られました。

◆カジュラーホの寺院群:シヴァ神

右写真の像は、破壊と再生を司るヒンドゥー教の神、シヴァ神です。カジュラーホの寺院群には、ヒンドゥー教の神々がまつられており、その中にはブッダの姿もあります。ヒンドゥー教の寺院に、なぜブッダがまつられているのでしょうか。

5世紀ごろ、バラモン教は土着の宗教を取り入れて、ヒンドゥー教に変化していきました。また、仏教徒を激しく攻撃し、その力を弱めさせました。仏教徒は、ヒンドゥー教に吸収されていきます。

ヒンドゥー教には3億3000万もの神々がいると言われます。現在のインドでは、ブッダはその中の一人として数えられることもあります。
現在のインドでは8割以上がヒンドゥー教徒で、仏教徒は1%にも満たないのです。

◆水島 司先生

眞鍋さん 「気になるのが、あれだけ広まっていった仏教が、そう簡単にヒンドゥー教に押されていったとは到底思えないんだよね。だから、まだちょっと納得はできないかな……。」

永松さん 「こんなときは、わがマジカル・ヒストリー倶楽部の歴史アドバイザーをお呼びしましょう。水島先生、お願いします!」

◆インドで仏教が衰退した理由

バラモン教の変化

インドで生まれた仏教がなぜインドで衰退したのかについて、水島 司先生(東京大学 教授)に詳しく話をうかがいます。

水島先生 「まず、外的な要因があるんですね。バラモンから仏教徒に対して非常に激しい攻撃があった。それで、自分たちの方がより正しいという形で、あちこちで論争を起こします。その中でバラモン教自体も少し変わっていきます。」

水島先生によると、バラモン教は王権と結びつき、人々に対して自分たちの教えを広めようとしていったといいます。そして、王権と民衆のサポートを得るようになり、ヒンドゥー教へと変化していきます。

水島先生 「二つ目は内的な要因ですね。仏教の僧たちの生活を支えていたのは商人たちでした。しかし、6世紀ごろからインド全体の経済活動が沈滞化していって、暗黒の時代と呼ばれるようになっていく。そうすると商人たちは、仏教の信仰活動をやっていた仏教僧たちを支えることができなくなってしまう。」

眞鍋さん 「お金が無くなっていったんですね。」

水島先生 「それから、もともとの仏教を信仰している僧たちは、どんな信仰生活を送ったかというと、人里離れた山や森の中、あるいは洞窟の中とか、そういう所でやっていたわけですね。そうしますと、人々を救おうというよりは、むしろ自分たちがその信仰の中で救われていこうという、そういう欲求が非常に強くなる。」

このように、バラモン教が王権や民衆に近づいていったのに対し、仏教の僧たちはそこから離れてしまいました。こうした背景から、社会からのサポートを得られなくなっていった仏教はインドで衰退してしまったと、水島先生は話します。

◆Deep in 世界史

インド発祥の宗教が、周辺の国々に与えた影響

引き続き、水島先生から歴史の興味深い話をうかがいます。

上の図はインド発祥の宗教が、周辺の国々に与えた影響を示したものです。
ミャンマーの「パガン」とタイの「スコータイ」は仏教遺跡で、現在国民の多くが仏教徒です。
また、カンボジアとベトナムも仏教徒の多い国ですが、「アンコールワット」や「ミーソン」というヒンドゥー教の遺跡が残っています。
さらに、現在イスラムの人々が多いインドネシアにも「ボロブドゥール」という仏教遺跡があり、インドからの影響が見られます。

◆ 新仏教徒

永松さん 「周辺の国で仏教が発達していった陰で、インドの仏教徒はもうほとんどいなくなってるんですね。」

水島先生 「先ほど現在のインドの仏教徒は0.8%という数字を見ましたが、実は、一度 仏教徒はいなくなります。」

現在インドでの仏教徒の割合は0.8%であると見ましたが、これは新仏教徒と呼ばれる人々を指していると先生はいいます。

水島先生 「インドの独立運動の時、不可触民の差別に反対していた方が、『不可触民たちを何とか仏教の力で救いたい』、『身分的な差別から解放したい』という思いから非常に大きな運動をしたわけですね。それで多くの人たちが仏教徒に改宗した。身分差別に反対するという、仏教の非常に重要な教えですね。そういうものがやはり今も力を持っていて、人々を引きつけています。」

眞鍋さん 「最近になって、また盛り返してきたということですね。」

水島先生 「そうですね。少しずつですが、盛り返してきています。」

二人 「先生、ありがとうございました。」

眞鍋さん 「仏教の世界遺産というのは、東南アジアだけじゃなくて日本にもたくさんありますよね。だから今度お参りしたときには、アショーカ王のことを頭の片隅に思い出してみようかな。」



【保健体育】第4回 体育 理論 スポーツの始まりとその変遷

* 今回の学習内容

私たちはさまざまなスポーツの種類を知っていたり、観戦したり、また体験したりしています。その、私たちの周りにある身近なスポーツとは何でしょう? 今回は、競技のルーツをとおしてスポーツとは何かを学んでいきます。そしてどのような理念のもとにスポーツが発展し、世界にひろがっていったのかを一緒に学習していきましょう。

明日も、気合を入れて、高校講座で勉強します。

 記録

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 12℃[0]

 散歩人
コメント

朝からバラ仕事を3時間

2017年10月18日 13時47分30秒 | バラ育成管理
バラ仕事で集めた葉っぱとブラインドシュート

たくさん出たブラインドシュートを細かく刻んでバケツに入れました

 最近、ずっと雨の日が続いていまして、バラ仕事ができませんでした。日照不足でバラの生育状態が心配でした。今朝は久しぶりに青空の広がる天気になりましたので9時半頃から庭に出て、バラの生育状態をチェックしました。傷んだ葉取り、地面に落ちた葉っぱ拾い、ブラインドのシュート切りなどの仕事をしていました。バラ仕事を終えたら12時半になってしまいましたね。3時間もバラ仕事をしていました。


今夜から雨が降り出して来週24日(火)まで、ずっと傘マークの日が続きます。”LA VIE EN ROSE”のバラ達の生育に病気の被害が出ない事を祈ります。

 記録

 天気: 雨後晴
 最高気温(℃)[前日差] 16℃[+2]
 最低気温(℃)[前日差] 11℃[-1]

 散歩人
コメント

17/10/18 ”LA VIE EN ROSE” モーティマサックラー他

2017年10月18日 13時15分03秒 | バラ育成管理
今朝の空:8:00頃


17/10/18 今日の ”LA VIE EN ROSE”のバラ達

今朝は青空の広がる天気になりましたね。

今朝、カメラマン(妻)が撮った、”LA VIE EN ROSE”のバラの写真をご紹介します。

モーティマサックラー

良い香りがします

ヘリテイジ

ヘリテイジもうっとりするような香りがします

イブピアッチェ

イブピアッチェももうっとりするような香りがしますね

大好きなバラのフロージン


ドルチェビータ

見ていると元気になるバラです

 今夜からずっと雨の降る日が続きます。”LA VIE EN ROSE”のバラ達の生育に病気の被害が出ない事を祈ります。


 記録

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 12℃[0]

  カメラマン(妻)


コメント

国際物流を忘れないで

2017年10月18日 10時39分02秒 | 仕事・求職
今頃は、仕事をしている時間ですね。一緒に仕事をしていたFWの担当者、国際物流の事を思い出す事は、単調になりやすい私の一日にとっては、国際物流は刺激です。

今朝も朝からボーっとしていないで、気合いを入れて貿易機関、国際物流企業のHPを見て、頭を使って脳を刺激します。


阪急阪神エクスプレス

郵船ロジスティクス

にしてつ 西日本鉄道株式会社 国際物流事業本部

日本通運 グローバルロジスティクス

DHL Global Forwarding

UPS

FEDEX

西濃シェンカー

商船三井ロジスティクス

近鉄エクスプレス

アメリカン航空

東海運

ジェトロ(日本貿易振興機構)

東京税関

成田空港


三井住友海上火災保険
外航貨物海上保険
マリンナビ海上保険の総合情報サイト

 記録

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 12℃[0]

 散歩人


コメント

【早朝のお散歩】 17/10/18 これからの予定を考えながら

2017年10月18日 07時36分19秒 | 今日のお散歩記録
今朝の空:5:10頃の空

群青色が青く明るくなって行きます。遠く細い月と金星が見えました


おはようございます。

【早朝のお散歩】 17/10/18 これからの予定を考えながら

 今朝は、久しぶりに雲一つ無い晴れた朝となりましたね。気温は、冷えていましたが、寒さを感じない朝でしたね。

まだ、日曜日に尻もちをついて左臀部に痛みが残っています。この痛みの具合で歩行に影響が出ているか気になりましたが、無事に、今朝の早朝のお散歩が出来る状態で、疲れを感じる事なく歩けて安心しましたね。

さて、定年退職後の一年は、今まで会社に任せていた事項を自分の手で処理する事項が色々あります。今朝の散歩は、これからの予定を考えながら歩いていましたね。
まず、税金関係では、年末調整から、自分で申告する確定申告の準備ですね。今日の家庭内事務仕事では、これからの予定を考える事にします。

 外では、太陽が昇り、光輝き、空は、青空です。気持ちの良い清々しい朝で、今日一日がスタートです。

では、皆さま、今日も微笑みで素敵な日をお過ごしくださいませ。

記録

起床:3:55

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 12℃[0]
 血圧: 112/83/62

<1> 

 自宅発 04:17:00 
 赤坂上 04:26:00
 小踏切 04:35:00
 仙川橋 05:00:00
 +八重山の道+幼稚園
 自宅着 05:28:00
 歩行距離: 1.6km
 歩行訓練: 左腕の振り。リズム歩行。左足加重。大きな歩幅で足の回転を上げる。背を伸ばす。胸を張る。

帰宅後:
 
 * トイレ+浴室+洗面所掃除 05:35 - 06:01
 * 語学 旅するイタリア語  06:05 - 06:25 
 * 体操 06:25- 06:35

 散歩人
コメント