「未来を平和に」日々徒然♪

ブログ賛否両論だと思いますが、まずはヨロシクです♪(ブログは団体とは関係ない個人私感です)

17才の平和の感想文に感動

2015-11-30 16:03:24 | みんな自由に生きる権利を
小林節さんの講演会終了後に、アンケートを書いてくれた参加者に17才の感想が紹介されました。

初めて参加して、勉強になった。また機会があったら友人と参加したい。
私世代は、よくわからない人ばかりです。何が起きているか知るだけで大きく変わります。絶対。

感動しました。若い世代の素直な思い。
新しい世代に平和の道を繋ぐ一歩に☆


この記事をはてなブックマークに追加

小林節さん大和へ☆

2015-11-30 16:01:19 | みんな自由に生きる権利を
11月29日、大和市で開催された、なくせ戦争法!小林節さんの講演会に参加してきました。 

主催者発表では、380人の参加。
講演会終了後のパレードは、180人の参加。
すばらしぃ~!

私は、不慣れながら司会をさせて頂きました♪
オタオタでしたが、すごく楽しかった!&いい経験をさせて頂きました♪

一緒に司会された女性のリードで安心感イッパイ。

(’-’*)♪

小林先生の中国脅威論、北朝鮮問題は大きな学びを頂きました。

これからの取り組みのいいお話しが聞けました。

休憩中に、小林先生に横断幕メッセージいただきました☆

閉会の挨拶でのべた共同行動の会の、斉藤先生の言葉は印象に残りました。
『今日の講演会は、学習会ではなく、みんなで行動を起こすためのものに』

今日の講演会を、新たに戦争法廃止の運動を、みんなで地域から広げていきたいですね。

みなさぁん、お疲れさまでした♪




この記事をはてなブックマークに追加

戦争嫌だ!スタンディング63回目。

2015-11-28 15:40:26 | スタンディングやってまぁす☆
快晴!
ということで、スタンディング63回目。
いつもの橋で一人立ちました。

離れた場所に貼ったパネルを、おじいさんや、子ども連れのママが、立ち止まって読んでいってくれました。

信号待ちのバスの運転手さんが、ペコリ返してくれました。

交通量に、かなり波がありましたが、ファミリーや若いお兄ちゃんが、興味深く見ていってくれました。

信号待ちの車からパシャリ!
写真を撮られるアクシデント?が。

顔を隠して、『パネルだけ撮って~』アピールw

通行人の冷たぁ~い視線も多かったけど、まだまだぁ~!

o(^o^)o

帰り道もアピールしながら歩いていると、後ろから女性が『頑張ってね』と声をかけてくれました。

今日は久々だったので、気づくと二時間たってましたw

明日は、いよいよ大和市に小林節さんが!
楽しみ~☆
…だけど、何を着よぅ




この記事をはてなブックマークに追加

戦争はやめて!子どもたちに繋ぐ明日のために

2015-11-28 09:35:26 | みんな自由に生きる権利を
"チビルズのスピーチ(ハロウィン・ピースパレード)" を YouTube で見る


(本人了承もらっています)

横浜で開かれた、ママの会&学生コラボの“安保関連法廃止”ハロウィンデモで、子どもの訴えがありました。

いま、子どもたちの多くが、戦争法への不安な思いをかかえています。

市内でも『戦争いやだよ』と話してくれた3年生の女の子の言葉が、やきついています。

みんな、みんな子どもでした。
普通に笑い、普通に遊び傷ついたり。

それが、“あたりまえの日常”だと、ずっと思ってきました。

秘密保護法が出てくるまで、その“あたりまえ”が今の子どもたちにも、続いていくんだと思ってた。

戦争って言葉を日常の中で口にするとは思わなかった。

家の中で、子どもたちが“僕たちもいつか戦争に行くことになるのかな…”って言う日がくるとは思わなかった。

ママたちが、いま必死に立ち上がる姿。
若者が声を上げる姿。
子どもたちに芽生える“平和の願い”

これこそ、民主主義。
立憲主義を取り戻す力。

次は、私たちが子どもたちに繋ぎませんか?

70年間、みんなの努力で頑張って繋いだ“不戦”

そのためにも、戦争させない一点で、選挙で反対の意思表示を示しましょうよ。

『どこに入れても変わらない。成立したからムリ』で、棄権したら自民票を作るだけです。

戦争行くな、選挙に行こう☆

ただ私たちは、日常の中でも黙ってはいません。

選挙の時だけじゃなく、日常の中で『なんか、安倍政権おかしい』と、声をあげる権利があります。

それぞれに出来る方法で、戦争させない努力を一緒にしませんか?

すべての子どもたちの、明日の平和のために。
出来ることを探して、出来ることから…。

この記事をはてなブックマークに追加

舘野正盛さんの悲歌(舘野鉄工所米軍機墜落事故)

2015-11-28 02:15:27 | みんな自由に生きる権利を
故舘野正盛さんの生前の「悲歌」。  
歌碑は舘野さんの菩提寺 鶴見・総持寺の墓前にあります。

 -吾子三人、ジェット機墜落の犠牲となりてー

  人の此の世に生まれ来て

 地上に行くる歓びを

  みたりの吾子の手をつなぎ

 歌ひ讃ふる折こそあれ

  魔風の狂うジェット機の

 若きいのちをあなむざん

  翼にかけて散らしけり

 年数 幸男 和之 よ

  聞け父母は妹弟は泣きぬれて

 声のかぎりに叫ぶべし

  人の住むべきこの地上

 阿鼻の地獄と化せし今

  人は何処に住まふべき

  人は何処に住むべきぞ


この記事をはてなブックマークに追加