「未来を平和に」日々徒然♪

ブログ賛否両論だと思いますが、まずはヨロシクです♪(ブログは団体とは関係ない個人私感です)

わたしの「やめて」ー京大有志の会声明

2015-08-31 18:31:32 | みんな自由に生きる権利を
「ストップ戦争法案 あやせ連絡会」が発行したチラシの裏面の詩。

何回も繰り返し読み、涙が止まりませんでした。こんなにも胸を打つ一つ一つの言葉。

一人でも多くの方の目に止まっていただけたらと、心から思います。


“わたしの やめて”
 【自由と平和のための京大有志の会が発表した、戦争法案反対声明のこども翻訳】



『声明原文』も掲載します。

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。
戦争は、始めるよりも終える方が難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。
海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、私たちはまず、思い上がった権力にくさびをうちこまなくてならない。
コメント

受け継ぐ“戦争しない”誓い ~大学生スピーチから伝わる体験者の願い

2015-08-31 18:09:57 | みんな自由に生きる権利を
そして、大学3年生の言葉も胸をうちます。
戦争体験を語り継ぐ人たちの思いが、スピーチからあふれ涙が止まりませんでした。

忘れたい人もいると思います。
思い出すだけで起き上がれない人もいると思います。
家族を奪われ、もしくは自身が被害加害を体験し、語り継ぐことすら苦しい方もいると思います。

それでも、いま繰り返そうとする安倍政権に黙っていられず、語り伝えようと言葉を発する人たちの思いに涙があふれます…。




【大学生のスピーチ全文掲載】

こんばんは。恵泉女学園大学3年の長棟はなみといいます。よろしくお願いします。

 夏がくるたび、この国は戦争の臭いがして、光り輝く夏は、少し陰りを帯びるような気がしていました。

 私が小さい頃、広島に近い山口県に住んでいたので、なおさらだったのかもしれません。

 8月6日、毎年同じ日、同じ時間に乗る、遠くから聞こえるサイレンをお母さんと一緒に手を合わせて聞きました。そして、『ああ、今年も夏が来たなぁ』と毎年感じていました。

 『火垂るの墓』を姉弟で泣きながら観たり、『はだしのゲン』を夢に出るほど読んだり、学校では、毎年戦争の授業があって、戦争の話を聞きました。何もわからず、ただ恐ろしく、しかし耳を背けることのできないその話を、クラスメイトと静かに聞きました。

 嫌がりながら日本国憲法を覚えたり、9条のプリントだけなぜか配られたり。戦争は理不尽なもの、あってはならないもの。だから今、私は戦争の中にいないんだと、幼い頃から学んできたように感じます。

 高校生になってから、これまで間接的に聞いていた話から、実際に戦争を経験された方々からお話を聞く機会ができました。

 空襲から逃げ惑った人。日本兵として人を刀で斬った人。守るために自分の母親と弟の首を、自分の手で締めて殺した人。雨のように降り注ぐ砲弾の中を逃げた人。ピカドンを見て片目を失くした人。慰安婦にされた人――。

 壮絶な話でした。言葉が出なかったのを覚えています。想像もできない事実でした。彼らは言いました。

 『二度と繰り返さない。そのために私は語るのだ』と。

 今回、この“戦争法案”が話題になったとき、多くの政治に関心のない、戦争を知らない若い世代が『戦争は嫌だ』と言いました。なぜかと考えると、戦争を間接的に学び、戦争を知っているつもりだからです。私を含めた彼らは、戦争というものを想像するしかありません。

 しかし、知っているのです。

 あの戦争の痛みを、悲しみを、苦しみを、多くの戦争を体験した世代から受け継いだのです。

 この国は法律が現状に合っていないなど、問題はたくさんあります。しかし、日本国憲法、特に憲法9条と、それによる平和を誇り、しっかりと教育してきたと私は思っています。

 私が受けた教育は間違っていなかった。今ここで、声を上げる私を作りました。

 私はそんな国と学校を誇りに思っているし、これからもそうありたい。70年間、戦争をしなかった。他の国の人に対し、直接銃口を向けなかった。ひとりも殺さなかったという事実が、この国を守っている。そのことを誇りに思うべきです。

 しかし今、どこかの国に攻められる、という可能性を、目をそらさずに考えなければいけないのかもしれない。愛するものを守るために、どこかの国を攻めるという可能性を、目をそらさずに考えなければならないのかもしれない。

 しかしまず、他国から日本が直接攻撃されていないにも関わらず、武力行使ができるというのは違うんじゃないでしょうか。なぜ他国の戦争に日本が参加するのでしょうか。何より、70年前の戦争で、多くの命が失われたことを忘れてはなりません。

 抑止力は機能しないでしょう。憎しみが憎しみを呼び、報復が報復を呼び、取り返しのつかない大きな事態になることを、忘れてはならないのです。

 どうか、誰かは言う、『綺麗事』『理想』をここで叫ばせてほしい。

 戦争はしたくない。

 人を殺したくない。

 殺されたくない。

 武力ではなく、対話を。

 この叫びが綺麗事であってたまるか。明日は終戦から70年目の日です。終戦の前に亡くなったたくさんの命。終戦を迎えたにも関わらず、失われたたくさんの命。戦争を生き抜いて、私たちに命を受け継いでくれた命。そして私たちの命があります。

 先の戦争は間違っていました。私は日本人として、何より人間として、戦争を繰り返してはならないという意思と責任を、たくさんの命から受け継いだのです。

 二度と繰り返してはならない。このために私は行動するのだ。

 嘘っぱちの言葉なんていりません。どうか国民ひとりひとりの命を心から考えてください。いや、一緒に考えてください。

 私は私の言葉を語ります。言葉が足らずとも、若くとも。

 私は、現政権と安全保障関連法案に、断固反対します」




【写真は、先日の座間市平和展で撮ったもの】


コメント

読んで涙…。胸をさす坂本龍一さんの言葉

2015-08-31 17:57:19 | みんな自由に生きる権利を
中咽頭がんを患い、今月初旬に仕事に復帰したばかりの坂本龍一さんが、昨日の12万人が怒りのコールをあげた国会前に姿を見せた。

そのスピーチが、あまりに胸をうちます。
全文コピーして掲載させていただきます。


【坂本龍一氏スピーチ全文】

坂本龍一氏「こんにちは。今回の安保法案のことが盛り上がってくる前はですね、かなり現状に対して絶望してたんですが、このSEALDsの若者たち、そして主に女性ですかね、女性たちが立って発言してくれているのを見て、日本にもまだ希望があるんだなと思っているところです。

 ここまで崖っぷちになって初めて、私たち日本人の中に、憲法の精神、9条の精神がここまで根付いていることをはっきり皆さんが示してくれて、とても勇気づけられています。ありがとうございます。

 今の日本国憲法は、確かに、アメリカが働いたという声がありますけども、今、この状況で民主主義が壊されようとしている。憲法が壊されようとしている。

 ここに来て、民主主義を取り戻す、憲法の精神を取り戻すことは、まさに、憲法を自分たちの血肉化することだと思うんです。とても大事な時期だと思います。

 憲法というのは世界の歴史を見ると、何世紀も前から自分たちの命をかけて戦い取ってきたものです。もしかしたら、日本の歴史の中では、明治憲法しかり、日本国憲法しかり、自分たちが命をかけて日本人が戦い取ってきたものではなかったかもしれないけれど、今、まさにそれをやろうとしているのです。

 僕たちにとっては、イギリス人にとっての『マグナ・カルタ』であり、フランス人にとっての『フランス革命』に近いものが、今、ここで起こっているのではないかと思っています。

 ぜひ、これを一過性のものにしないで、あるいは仮に安保法案が通っても、そこで終わりにしないで、ぜひ守り通して、行動を続けていって欲しいと思いますし、僕も皆さんと一緒に行動してまいります。

どうもありがとうございました」




“法案が通っても行動を”
この言葉は、絶対に忘れられません。

コメント

明日は、三学期&幼稚園☆

2015-08-31 17:48:03 | 子育て

今日は、明日からお兄ちゃんが始業式、次男君が、幼稚園ということで、スタンディングはお休みで準備にバタバタ。


次男君の入園、当初は3歳になったらすぐに!と予定していましたが、今年初めのドタバタ引っ越しや、綾瀬市の情報の少なさから、なかなか決まらずでした。

いよいよ明日2学期から、まー君(次男)近くの幼稚園に入園です☆

すみれ組さん♪♪
保母さんは若い先生で、少々照れて緊張気味でしたが『明日は、バスに乗るよ~!』と大ハシャギ!

クレヨン一本ずつに名前も入れて準備完了!
(お兄ちゃんの時も書いたなぁ~懐かしい☆)




そして朝は…

お菓子をめぐって、兄弟、駐車場で大騒ぎ。
お兄ちゃんのお菓子を狙う次男君。

素早く後ろに隠したお兄ちゃんに、ワガママ発揮しています(笑) 

最後は暴れ泣き。
…手にはシッカリ自分のお菓子

さいごは、暴れ泣きに、お菓子をあげたお兄ちゃんでした☆

(;゜∀゜)

コメント

相模原市デモは1200人の大行動に!

2015-08-30 19:03:22 | みんな自由に生きる権利を
夕方からは相模原大行動に参加してきました。
(相模大野駅へ)

3駅同時デモで、総勢1200人の参加になったそうです!

信号待ちの人、車内からデモ行進を見ていく人が多く、駅での集会では、駅内から子どもたちが珍しそうに見ていました。

デモ行進が始まる時、今日初めて会った女性と和気あいあい会話が弾みました!(女子爆裂トークも!)
この方は、国会にも足を運んでいるそうです。

デモ行進を見た人が一人でも多く『あきらめなくてもいいんだ!』そう思ってもらえたらと思います☆

国会では12万人越えだったとのこと。

安倍政権を追い詰める、大きな効果になったでしょう!

明日は、残念ながらスタンディングはお休みですが、明後日からまた市内一人スタンディングやります!!

悪政を変えるのは、ほかの誰でもない、そこに生きる国民です!

あきらめてたまるか!!

平和を守ろう!子どもを守ろう!
安倍せいけんは、今すぐ退陣!!







コメント