「未来を平和に」日々徒然♪

ブログ賛否両論だと思いますが、まずはヨロシクです♪(ブログは団体とは関係ない個人私感です)

『善なる人々が行動を怠れば必ず悪が勝利する』

2016-04-26 01:43:54 | みんな自由に生きる権利を

 

http://youtu.be/VzjlcvHSmAc

フリッツゲーリッヒ。

ヒトラーが政権を握ることが危険だと見抜いた記者。

記事を書くことで、ヒトラーを打倒しようと命を賭けます。ヒトラーは危険な扇動者でありること、国民は騙されてはいけないと記事で呼びかけ続けました。

とりわけ、手遅れになる前に大衆、そして、ヒンデンブルク大統領に衝撃を与え、首相に就任したばかりのヒトラーを退陣させられるはずのための最後の記事に望みをかけたるが失敗に終わります。

ゲーリッヒは、ナチスが政権を掌握し、他の反抗的新聞をつぶした5週間後、ヒトラーにダメージを与える暴露記事を発表しようとしたために、ダッハウ強制収容所で殺されました。

 1933年3月9日、ナチスの突撃隊員がゲーリッヒの新聞社に突入、彼の最後の記事を印刷機からはぎ取り、気を失うまで彼を殴り、ダッハウ強制収容所へと連行しました。

ゲーリッヒは、1934年6月の『長いナイフの夜』殺されたのです。

独裁ヒトラー政治を批判し続けた、ゲーリッヒのような記者が当時いたと知り、胸が震えました。
 
そして、真実を見抜き伝える事こそが、本来メディアの在るべき姿だと。
安倍政権を恐れ、真実を隠すメディアの在り方も、いま問われています。
 
ヒトラー時代と安倍政権を比べると、本当に類似しています。
ナチスの手口を賞賛する、安倍、麻生ら。

緊急事態、憲法改悪、サイバーセキュリティー基本法…

フリッツゲーリッヒは、こう言ったと言います。

『善なる人々が行動を怠れば必ず悪が勝利する』

独裁政治は、いらない!

選挙に行こう! アベ独裁政治をストップさせよう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月24日(日)のつぶやき | トップ | 戦争がはじまるとき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

みんな自由に生きる権利を」カテゴリの最新記事