インターネットの憂鬱

仮想空間と現実の狭間で

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

face bookのビジネス

2012年04月29日 | 雑感

face bookには、個人のface bookと、企業や商品が販促に使うface bookページがあるのだが、
個人の方には問題は多い。最近は、それを指摘する人も少なくないので、あえて推論も交えて書いてみた。

face bookという会社は、昨年4,000億円という売り上げを記録し、さらに上場を発表した。
CEOのザッカーバーグが自分の給料0円にすると、話題になったことを覚えている方も多いだろう。
ご存知の通り、face bookは無料で使用できるわけである。すべて、タダである。
現在、世界で8億人の登録者がいるそうだが、そこからは一銭も徴収していない。

なのに、売り上げ4,000億円だ。

その7割ほどが、表示される広告収入によるものといわれている。
これまで、face bookは非上場企業のため有価証券報告書の作成義務はなく、
業績を公表していなかったので正確なところは分からない(2012年5月にナスダックに上場する)。

基本的に広告料金はクリックされた回数で決まる(その金額はオークション形式で決まる)。
仮にクリック単価が100円だとすると、昨年は40億回クリックされたことになるわけで、
登録者全員が5回づつクリックした計算になる。(ちなみに、私は広告をクリックしたことがありません)

ともかく広告収入なら結構だが、今年は上場もあって1000億USD=8兆円の売り上げ見込みというから、
いよいよ怪しい。ストックホルダーのプレッシャーが新たに加わるのだから、収益確保によりシビアに動くはずだ。

さて、日本でも以前から「データがすっぱ抜かれている」という噂は、わりと言われてきたことだが、
本家アメリカではface bookからの情報漏洩によって起こったトラブルが問題化している。
秘守義務違反で、会社を解雇されたとか。何かがバレてしまって、離婚するはめになったとか。
face bookをやったせいで深刻なトラブルが起きて、人生がドラスティックに変わってしまったのだ。

face bookは、お金の代わりに個人情報を徴収している(らしい)。
そのデータを整理しふるいにかけ、必要としている企業に売り渡し収益を上げている(らしい)。

不思議なことに、こういう出来事や疑惑は日本で報道されない。

その変遷や見解を考えても、face bookは個人情報を秘匿するよりも、むしろ公開を推進してきた。
タイムラインなんかは熱心に書き込んだら、これまでの人生までさらすことになる。
それで、あなたに何のメリットがあるのか? そんなに、丸裸で見られていたいのか?

スマホとface bookをシンクロさせると、電話帳のデータが吸い上げられる(そうだ)。
「重要な顧客データがだだ漏れになっても、あなたが無事でいられといいですね」

face bookからログアウトしていても、何を検索し、閲覧したか把握されている(そうだ)。
「あなたの嗜好が丸見え。どうか、恥ずかしい秘密が世の中に知られてしまわないように」

face bookからの情報漏洩が表面化したとき、たった一度だけザッカーバーグは
「ソフトの不具合だった」という公式見解を発表した。ソフトの不具合? 何に使うソフト?
シリコンバレーの知能を結集して作った、情報を吸い上げるための複雑なシステムのエラー?
そういえば、ザッカーバーグの彼女はface bookの情報流出によって、その存在が
明らかになってしまったというから、かなり高性能で平等なシステムではあるのだろう。

ある日、あなたの下に送られてきたface bookへの招待メールを思い出して欲しい。
その中に、招待者である送信者とはまったく無縁なはずの、疎遠になっている知人の名前があって、
「どうして?」「なんだか気持ちが悪い」と不思議に思ったことはないだろうか?

その時点で、見られていたのではないか?

まあ、よく目にする「そんなあなたは何々」なんていう鑑定アプリは、自分どころか友人の基本情報や
位置情報まで抜いて行くというし、ご丁寧に見ず知らずの人に友達申請してくださるアプリもあるそうだから、
もうめちゃくちゃだ。誰がどこで、何の目的で情報を抜いているのか、分かったものではない。

情報収集と策定はgoogleでもやっていることなのだが、face bookの場合は個人情報のてんこもりである。
しかも、たちが悪い事に「実名・顔出し」という基本原則に則った、ソーシャルで善良な方が多いわけで、
事態は余計に深刻だ。吸い取られる方は無防備のまま、吸い取る方には最高に都合が良いからだ。

次は、face bookページ最大の問題点といってもいい、SNS詐欺師の登場です。


※追記
4月22日の「デジタルデバイドの悪徳」で扱った業者は、ホームページ・リース被害では非常に有名な企業で、
何件かの訴訟を起こされているそうだ。ホームページ・リース被害は2009年頃、国会でも問題とされたのだが、
そういう業者の大半は現在ものうのうと平常運転中なので、ご注意を。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« face bookの幻想 | トップ | SNSで儲けているのは誰か? »

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事