幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

「目のクマ」ケア3つ。残り物でクマ消し5。クマを防ぐ食べ物。1分でクマを撃退。化粧テク

2013-07-11 | ファッション、美容など。

幸いなことに、目のクマはなったことがないのだけれど。

http://www.biranger.jp/archives/55022

ふけ顔の原因!美人を台無しにする「目のクマ」ケア3つ

 

鏡をふとみたときに「あれ、なんか目のクマが出てて嫌だな~」なんて、残念に思ったことがある方は必見です。

目の周りにはたくさんの血管が集まっていますが、特に顔の皮膚の中でもまぶたはとても薄く、ティッシュ一枚分ほどの薄さなのでとってもデリケートな部分。

そんな悩めるクマは大きく分けて3種類あるのですが、青クマ、黒クマ、茶クマと3種類。自分のクマのタイプをしっかり見極めて、合ったケアをすることがポイントとなります。

 

■1:青クマ

下まぶたを下にひっぱると薄くなります。生まれつき皮膚が薄くて色白の方に多いのですが、目の疲れや冷えから血液がよどむと透けてみえてしまいます。運動をしたり、顔のマッサージをして血行をよくしましょう。

体を冷やさないように冷たい食べ物を避けたり、日頃から寝不足にならないようにするのもポイントです。

 

■2:黒クマ

上を向くとクマ薄くなります。下まぶたの皮膚が加齢で薄くなるうえに、コラーゲンが減って皮膚がたるんでしまうことが原因です。その影が黒くみえてしまうのです。

目元や頬にかけて顔のマッサージをしてたるみをケアしましょう。レチノール配合のアイクリームなどを使うのも良いです。

 

■3:茶クマ

下まぶたをひっぱっても上を向いても変わらない方は、小さなシミや色素沈着により茶色くみえてします。

目を強くこすったり、アイメイクが濃くてきちんとメイクが落ちていない方も要注意です。角質が厚くなってしまったり、メラニン色素が原因なので、美白と同じケアが必要となります。夏だけではなく通年とおして美白ケアを行いましょう。

 

このようにクマには、体質や加齢による原因もありますが日頃の間違ったケア方法だったり、むくみやたるみからくることもあるのです。

せっかくメイクを完璧にしてもクマがあるとどうしても疲れてみえちゃいますからね。鏡を見て自分のクマのタイプを、今一度確認しきちんとケアしましょう。

http://www.biranger.jp/archives/49942

 残りもので「目の下のクマ」を驚くほど消すテク5つ

■1:緑茶でクマ消し

緑茶を楽しんだ後のティーパックを2つ用意します。ティーパックではなく、葉をそのまま使う場合は、ガーゼなどで包んで使います。それを顔にのせ、5分おいて終了です。

緑茶には抗酸化作用があるといわれ、クマ以外にも、美白やエイジングケアなどの美肌効果があります。クマの上だけでなく、顔全体にのせましょう。

 

■2:コーヒーの出し殻でクマ消し

コーヒーの出し殻も、捨てずに美容に役立てましょう。出し殻をクマの上にのせます。そのまま15分おき、やさしくコットンでふき取ります。

さらに、天日干ししたコーヒーの出し殻は、炭に似た性質があるので、お部屋のにおいが気になるところに置けば、脱臭効果を発揮します。コーヒーの出し殻は、パックにも脱臭剤にもなるので、捨てるのはもったいないですね。

 

■3:じゃがいもでクマ消し

じゃがいもを使い切れそうにない時は、捨てずにパックにして使い切りましょう。じゃがいもを、うすく輪切りにするか、おろし器でおろします。それをクマの上にのせ、15分から20分おき、洗い流します。

輪切りは2枚しか使わないので、じゃがいもを料理に使うたびにパックすれば、美肌をキープできそうですよね。

 いかがでしたか? 簡単にお金をかけず余りものでできてしまうケアなので、ぜひトライしてみてくださいね。

(体質によってはお肌に合わない場合があるので、目立たないところでパッチテストをしてからお試しください。)

http://www.biranger.jp/archives/28498

食べるだけで若返る?老けてみえる目のクマを防ぐ食べ物【アンチエイジング特集】

ツヤツヤなお肌は、女性にとって永遠の憧れですよね。でも、ストレスや疲れで顔にもついついその疲れが出てしまうこともあると思います。それが目のクマとなって出てきてしまっている方、男女問わず多いです!

女性はクマを、メイクで一生懸命コンシーラーやコントロールカラーで覆い隠してしまいますよね。確かに、時にはメイクで隠すテクニックも大切です。

しかし、実はここでもっと踏み込んでクマとなる原因を撲滅する方がメイクをする手間もならないし、化粧崩れも気にならないし、すっぴん美人にもなれて“いいことづくめ”です!

そもそもクマは内因性のものなので、体の中からケアをしていくことがポイントなのですよ。

とはいえ、目の下の皮膚はとっても薄く、デリケートにできています。皮膚が薄いため、毛細血管の状態が表面に出やすくなっています。

そのため、血行不良を起こすと、それが原因で青黒いクマができてしまいます。なので、血液をサラサラにする栄養分を摂りましょう!

そんな効果がある栄養分は、“葉酸”です。そして、“鉄分”を摂ることで血液中のヘモグロビンが血行を促してくれてクマを緩和してくれる効果をもたらしてくれますよ。


■葉酸が含まれる食べ物

・アスパラ

・のり

・レバー

・ルッコラ

・キャベツ

・ホウレンソウなど

■鉄分が含まれる食べ物

・あさり

・牛肉

・みそ

・卵黄

・しじみ

・鶏肉など

 

これらの食べもので内側からのケアをしっかり行い、そしてその後は外側からのピンポイントケアを行いましょう! 血行不良によるクマには、マッサージを。

目の周りはツボがたくさんあるので、パソコンや携帯を酷使しているときには、即効性のあるツボ押しがオススメです。

そして水で濡らしたタオルをレンジで温め、温冷効果で温かいタオルと冷たいタオルを交互に目の上にのせてみましょう。こうすると、目の疲れもとれますし、クマにも効果的です。

また、目の下が皮膚が老化でたるんでしまっている方は、解消するために目をぐるぐる回したり、目の周りの筋肉を鍛えることも良いですよ。

クマがあるとどうしても疲れて、老けてみえてしまうので心当りのある方は、しっかり改善するようにしましょうね!

http://www.biranger.jp/archives/20519

たった1分で超簡単!老けて見える「目のクマ」撃退法

顔の中でも、第一印象を大きく左右するのが目元。目の下にクマがあると疲れた印象になり、見た目年齢も大きく老けさせてしまいますよね。

多くの女性が悩んでいる青黒いクマ、通称“青グマ”は血行不良によるものといわれています。目の下の皮膚は顔の中でも最も薄い部分。睡眠不足や疲れ、ストレスが原因となって血行不良を起こすと血液が酸素不足になり、青黒くなった血管が透けて見えるのです。

対処法としてはたっぷり睡眠をとることがベストですが、忙しくてなかなか思うように睡眠時間が取れないという人も多いはず。そこで今回は、朝のメイク前や夜のスキンケアタイムに、たった1分で手軽にできるマッサージをご紹介します。

 

■超簡単! たった1分のプッシュマッサージでクマ撃退

マッサージの方法は簡単。目の下を指で触ると、骨を感じる部分がありますね。その骨に沿って目頭側から目尻側に向け、数カ所を中指で軽くプッシュしましょう。

気持ち良いと感じる程度の強さで、やさしく押すようにして。目尻まで押したら、仕上げにこめかみのあたりをじんわりと押さえます。その後、人差し指と中指を交互にパタパタと動かして、目頭と目尻の間を何度か往復させましょう。

 

このマッサージは、目元用の美容液やクリームを塗った後に行うのがオススメ! 目の周りには眼精疲労に効果的なツボが集まっているので、やさしくプッシュすることで目の周りの血行不良の改善に役立つほか、タッピング効果で目元のくすみがパッと晴れるのを実感できるはず。

朝のメイク前にプラスすれば、コンシーラーを厚塗りしなくても済みますよ。

 

なお、目の下のポイントをプッシュするときには眼球を押さないように気をつけましょう。また、爪が長い人は肌を傷つけないよう注意してください。目の周りはデリケートなので、こすったり、グイグイ押すのも厳禁。

簡単マッサージでくっきりクマに別れを告げ、明るく輝く目元を目指しましょう!

http://www.biranger.jp/archives/23565

【美メイクテク】それは寝不足?疲れ?原因別「目の下のクマ」を隠す技術

目の周りにあるクマが気になる方は、主に冷えやストレスが元で血行の巡りが悪くなっていることや、新陳代謝が悪くなっていることが主な原因とされています。

メイクをきちんとしているのにクマがあると顔色が悪くお疲れ顔に見えてしまって、自分自身もテンションが下がりますし、周りからのイメージも不健康な印象になってしまいますよね。

マッサージで少し改善されますが、やはり根本的な解決は生活習慣を改善をすること。しかし、すぐケアできる方法はやはりメイクアップです。

メイクは女性の味方なので是非活用してみてください! ファンデーションの前に即効性のるコントロールカラーやコンシーラーなどを利用してみましょう。

濃いクマだとコントロールカラーは弱いのでコンシーラーの柔らかい質感のものをチョイスして、厚塗りにならないように注意して指でポンポンと軽くたたくようにのせていきましょう。

クマの種類によってのせる色を変えることで違和感がなくカバーすることが可能なんですよ。


■4つのクマに合わせた対処法とは?

1. 赤いクマ

神経や筋肉の目疲れが原因で起こるもの。目頭側が赤くなりやすいのが特徴です。このようなカバーには、クリームイエロー系の色がベターです。


2、茶色いクマ

クレンジング不足や強くこすったり叩いたりすることで、茶色いくすみが色素沈着した状態です。

この場合、オレンジ系の色がベターです。


3. 青いクマ

睡眠不足やストレスや冷えが原因で血流の巡りが悪くなっている状態です。色白の人は特に目立ち青白くなっています。

茶色いクマ同様に、オレンジ系の色がベターです。


4. 黒いクマ

老化やたるみなどが原因です。目の下の皮膚が加齢によって下がってきて、目の下が膨らんだり、くぼんだりすることによって黒く見える状態です。

ファンデーションよりも1、2トーン暗い色をなじませると目立ちにくくなります。

 

このようにカバーをした後ファンデーションをのせますが、境目がばれないように境目を軽く叩いてなじませて、嫌なクマをナチュラルに魅せましょうね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 逆効果!食べ過ぎでシミにな... | トップ | せっかくいただいたけど…正直... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-05-14 06:23:08
れもん、きゅうりにはソラレンという光毒性 物質が含まれており、肌に付着すると紫外線を吸収しやすくなり、しみ、しわになります。
たとえ夜の使用でも、この物質は肌に付着すると2、3 日も残留するため洗顔も無意味となります。よって今はレモン、きゅうりのお馴染みのパックは危険を警告されています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ファッション、美容など。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事