幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

右折前の「ゼブラゾーン」は走行してもいいという話が出てるけど・・

2017-08-25 | 徒然なるままに

http://kwsklife.com/zebrazone-danger/

ゼブラゾーンは車両の走行を誘導するためにあるもので、導流帯ともいいます。
道路交通法ではゼブラゾーンに入ることは禁止されていませんし、ゼブラゾーンを走行したからといって罰則もありません。

しかし、やたらとゼブラゾーンに入るものではないと考えられています。
そのため、ゼブラゾーンを走行する車両が事故を起こした場合には、過失割合が加算されることがあります。

ゼブラゾーンとは

右折レーンの手前でよく見かけるゼブラゾーン。
これは車両の走行を誘導するためにある表示で「導流帯」とも呼ばれています。

ゼブラゾーンとは

右折レーンの手前でよく見かけるゼブラゾーン。
これは車両の走行を誘導するためにある表示で「導流帯」とも呼ばれています。

進入禁止という規則ではないので意外かもしれませんが
導流帯(ゼブラゾーン)走行は違反・違法ではなく
当然走ったとしても一切お咎めありません

また、混雑のため車両がゼブラゾーン上で待機する行為も合法です。
(ただし、進入を禁止する為のポールが立っているものを除きます。)

このゼブラゾーンの目的は直進車が
間違えて右折レーンへ侵入してしまうことを防止
するために設置されたもの。

法律的には「道路標識、区画線および道路標示に関する命令」
に規定されました。

ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性

ゼブラゾーンは
「車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設けられた場所であること」
を示すための指示表示であり、
道路交通法上の交通規制を表す表示ではありません。

それどころかゼブラゾーンを避け、
ゼブラゾーンが途切れたところで右折レーンに入って来た車と
手前からゼブラゾーンの上を走ってきた車が接触してきた場合
その過失割合は
「進路変更した側が70:後続車が30」
ゼブラゾーンを避けて進路変更した方が過失が高いという
判例が基本になっています。

しかし、多くの方がむやみにゼブラゾーンに入る場所ではないと認識し、
ゼブラゾーンから車は走ってこないと思い込んで

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シャープ、人材が「もぬけの... | トップ | 何の落ち度もない者が、虐待... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然なるままに」カテゴリの最新記事