幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

コーヒーの木の育て方

2013-05-30 | 花、植物

コーヒーの木の苗を買ってきたので、育て方を調べました。

これは、直接どうぞhttp://www.ucc.co.jp/enjoy/sukusuku/

http://www.bloom-s.co.jp/kanri/coffee.htmから

コーヒーの木

学名:Coffee arabica L.
原産地:熱帯東部アフリカ
科名:アカネ科
属名:コーヒーの木属

私の難易度?
★★


コーヒーの木の通販へ

コーヒーの木
光:明るい場所を好む植物

温度:5℃以上の場所が望ましい

水:
<ハイドロカルチャーの場合>
水位計の赤いゲージがminになってからoptの位置まで入れてください。


<土物の場合>土の表面が乾いてから、たっぷり与えてください。

※左の写真は、ミニ観葉植物(プラスチック鉢)の写真です。 鉢サイズの違いにより、樹形・大きさ・ボリューム等が、異なる場合がございますが、そのサイズの中で最良の商品をお届けいたします。

この植物に関するQ&A

コーヒーの木のQ&A

のコーヒーの木もちろん本物のコーヒーの木。
上の写真(植物)は、まだまだミニ観葉植物なので、実は、つきませんが、だいたい1.5m位になると
赤い実になり、コーヒーメーカーで朝食に、自分のつくったコーヒーの豆で、コーヒーブレイクが楽しめます。
病害虫は、春から秋にかけて、カイガラムシやハダニが発生しやすいので、注意してください。
ハイドロカルチャーの場合、もちろん土壌中からの虫の発生は、ほとんどありませんが。
夏の直射日光は、避けてください。葉やけを起こします。
風通しの良い場所に置き、葉水などをしてあげると病虫害の予防につながりますよ♪
植え替えて大きくしていくのも楽しいかも。

コーヒーの豆が収穫できるくらいだから、
原産地はブラジルだと思いがちですが・・・、

実はアジアやアフリカの熱帯で、約40種が分布します。

観葉植物にしているアラビカ(アラビアコーヒー)は エチオピア原産で、高さは10mにもなるんです。

枝が充実してくると、やがて白い花が咲き、3ヶ月ほどたつと緑色の果実が徐々に赤色、紫色のチェリー・ビーンになってくるんですよ♪

そのまま食べても美味しい実で、中に入っている2個の種子を乾燥させて焙煎したものがコーヒー豆になるんです。

上手に実らせて、ご自分で育てたコーヒー、飲んでみたくないですか?

--------------------------------
◇成長した株にはお日様を当てて。
--------------------------------

耐陰性があるのでどこにでも置けます。
株が小さいうちは問題ないですが、成長した株を日のあたらない場所に置き続けると、徒長して軟弱な株になってしまいます。

できるだけ光線に当てて葉を茂らせ、がっちりした株に育ててあげましょう。

水やりは、春から秋は鉢土が乾いたら、夏は毎日与え、冬は乾かし気味に。


-----------------------------------------
◇下の方の葉先が茶色になる特徴があります
-----------------------------------------

新芽が芽吹く際に、栄養分が新芽に行くようになっておりまして、もともとついている下の方にある葉には、その分の栄養分が行かなくなりまして、葉先が黄色くなったり穴があいてきたりしてしまいます。

他の観葉植物の場合、葉の全体が、黄色くなってくるのが一般的なのですが、コーヒーの木は、葉先が茶色くなるのが特徴で、また、下の方の葉は、下の方を向くのも特徴になっております。

買ったばかりのコーヒーの木の葉先が茶色になりましても、その葉の内側の葉が緑色でしたら そのままにしておいていただいても大丈夫ですし、茶色になった箇所だけを カットいただいても大丈夫です。

葉全体をカットするのは、葉全体が黄色くなってからで良いかと思いますので、葉先が茶色になりますのは、特徴と思っていただきまして大丈夫かと 思います。

もちろん、育てはじめて何年かたっている場合にも、そのような症状になりますが、その際には、ひとまわり大きめな鉢へ植え替えを行ってください。

---------------
◇施肥と病虫害
---------------

肥料は春から秋に緩効性の置き肥を隔月に。

春から秋にはカイガラムシが発生しやすいので、葉裏や幹をよく観察しましょう。
大きな株になったものは、戸外や浴室で強めの水をたっぷり葉裏にもかけると、防除することができますよ。

--------------------------
◇コーヒーの木を増やそう!
--------------------------
春から夏に挿し木をします。
また、果実ができたら果肉を取り除き、種子をまいても増やせます。5℃で越冬できるので、室内の窓際に置いて、
日を当ててあげるといいですね。

------------------------
◆コーヒーの木 Q&A!
------------------------
┌─┐コーヒーの豆を収穫するのを楽しみにしてるのに、
│Q│ぜんぜんできません。。。
└─┘どうしてでしょう?

┏━┓充実した枝でないと花が咲かず、実もできません。
┃A┃子苗やミニ観葉は結実するまで、
┗━┛鉢上げをしていきましょう。

1mくらいの大株でも、
株が貧弱で充実した枝が出なければ同じこと。
肥培管理をしっかりして、枝葉を充実させます。

また、冬の温度不足で株を弱らせるのも良くありません。
冬はできるだけ暖かい場所に置き、
ガラス越しの光線を当ててあげてくださいね。

------
┌─┐葉の表面がべとべとしています。
│Q│黒くすすけている部分もあるのですが、
└─┘どうしてでしょう?

┏━┓コーヒーの木に多いコナカイガラムシが
┃A┃発生しているようです。
┗━┛さらに被害が進むと、
ススのようになるすす病を併発してしまいます。

細かい白い虫が新葉の基部や葉裏などにいたら、
水圧の強い水を葉裏にかけて駆除し、
スミチオン乳剤などの薬剤を散布して防除しましょう。




このようにしてコーヒー豆から芽が出てきます。




少し葉が見えてきました。



かわいい双葉が登場です♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 在来種、固定種の種 | トップ | 【異常気象】NY季節外れの大... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花、植物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事