幸せの深呼吸

幸せは自分の中にある。
幸せは自分が決める。

オーガニック食品とがんリスクの関係性で注目の研究結果が

2018-11-02 | 食品の安全、料理

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000021-nkgendai-hlth

オーガニック食品を食べている人はがんになるリスクが低い――。こんな研究結果が、医学雑誌「JAMA」(ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション)に掲載されました。

 研究を行ったのは、疫学者のジュリア・バウドリー博士を中心とした仏・国立保健医学研究所のチーム。約7万人のフランス人(4分の3は女性、平均年齢は40代)に対し、フルーツ、野菜、肉、魚など16種類のオーガニック食品を提示し、食べている頻度で4つのグループに分け、4年~4年半後にフォローアップしました。

 結果、期間中に彼らが受けたがんの診断は全体で1340件。最も多かったのは乳がんで、459件に上りました。オーガニック食品を最も多く食べたグループと、がんの診断との関係を分析したところ、多く食べたグループは、がんになるリスクが25%少ないことが分かりました。特に目立ったのは、非ホジキンリンパ腫と閉経後の乳がんで、それぞれ73%、21%リスクが減少。量は少なくてもオーガニック食品を食べていた人の方が、そうでない人に比べてがんのリスクが下がることも判明しました。

 研究者は「オーガニック食品に切り替えた場合に、体内に取り込まれる農薬など、汚染物質が劇的に減少するからではないか」との仮説を立てています。また、ハーバード大学の栄養学者らは、「食品から取り込んでいる農薬が、がんのリスクと関係があるとするこれまでの研究とも一致する」とコメント。

 しかし一方で、「通常の食品より高価なオーガニック食品を購入できる経済状態にもかかわらず、食べていない人は全体的に健康への意識が低く、そのためにがんのリスクが上がっている」という批判の声もあります。今後、さらなる研究が期待されています。

コメント

21世紀、バッハの曲の演奏スピードが速くなった理由

2018-11-02 | Music

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00029327-rolling-int

バッハの曲の演奏が50年前に比べて約30%もスピードアップしていることが、レコード会社の研究で判明した。

ユニバーサルの子会社ドイツ・グラマフォンとデッカは、ドイツ人作曲家の生誕333周年を記念したボックスセット『Bach 333』のリリースに合わせて、かの有名な「2つのヴァイオリンのための協奏曲」の様々な演奏音源を集めて研究した。その結果、最近収録された音源は50年前の音源よりも1/3ほど尺が短く、10年で約1分ずつ短縮していることが明らかになった。

こうした傾向は、昨今のより速いテンポの音楽の流れを汲んでいるといえよう。オーディエンスの関心の幅が狭くなる一方、ストリーミングによってアーティストや作曲家は、1秒1秒に神経をとがらせるようになっている。

バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」(BMV1043)

1961年:演奏:ダヴィッド&イーゴリ・オイストラフ
第1楽章 ヴィヴァーチェ 4’15
第2楽章 ラルゴ・マ・ノン・タント 7’32
第3楽章アレグロ 5’28
合計 17’15

1978年:演奏:アルトゥール・グリュミオー&ヘルマン・クレバース
第1楽章 ヴィヴァーチェ 3’57
第2楽章 ラルゴ・マ・ノン・タント 6’41
第3楽章アレグロ 5’04
合計 15’42

2016年:演奏:ネマニャ・ラドゥロヴィチ&ティヤナ・ミロセヴィチ
第1楽章 ヴィヴァーチェ 2’56
第2楽章 ラルゴ・マ・ノン・タント 5’42
第3楽章アレグロ 3’56
合計 12’34

「一般的にポップミュージックは、社会の変化に呼応する。だから、あらゆるものが速くなっている」と語るのは、スウェーデンのプロデューサー、マックス・マーティン。2016年のインタビューで、ブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ワン・モア・タイム」やケイティ・ペリーの「ティーンエイジ・ドリーム」、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」、テイラー・スウィフトのヒットソングの数々など、彼が手掛けたチャートNo.1ソングの特徴をこのように分析した。だが音楽の歴史を見てみれば、新しい波には必ず反動がある。最近のポップソングの中には、あえてテンポを落として存在感をアピールしている曲もある。

つまり、すべてのジャンルがスピード化に向かっているというわけでもない。クラシック音楽の演奏に関して言えば、バッハで見られた傾向が、他のクラシック作曲家にも当てはまるとは限らない。イギリスの音楽研究家ニコラス・ケニオン氏は、今回の研究結果と合わせて発表されたリリースの中で、近代のオーディエンスは「軽快で明るく、透明感のあるサウンドを好む傾向にあり、バッハやヘンデル、モーツァルトなど多くの作曲家の作品でも応用されている」と指摘。すなわち、「従来の重々しいスタイルよりも、空気のように軽くしなやかなものへ、嗜好が根本的に変化している」ことを示している。ただし、ポップミュージックにならってバッハもスピード化している理由には、この曲がもともと速いテンポに向いているから、と言うのもある。他の室内楽やバロック時代のオペラの場合は、こうはいかないだろう。

コメント

フレディ・マーキュリーが”Killer Queen”など名曲を生み出す秘訣を語る。「僕の頭の中には絶えず様々なアイディアが去来してるんだ」

2018-11-02 | Music

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000021-rorock-musi

「ピアノの前に腰を下ろして『よし、これから曲を書かなきゃ』なんてタイプじゃない」と語りはじめた彼は、あの名曲についても話してくれた。

(中略)色々感じてることはあるし、アイディアもあるにはある。言葉で説明するのは凄く難しいんだけど、僕の頭の中には絶えず様々なアイディアが去来してるんだよ。

ただ、“キラー・クイーン”は僕の通常の曲作りのフォーマットから完全に逸脱していたけどね。普段は曲が先なんだ、だけどあの時は歌詞が先に降りてきたんだよ。

それとあの曲を表現すべき洗練されたスタイルがね。いや、決してああいう女性に出会ったわけじゃないし、過去にも出会ったこと
はないよ。僕の曲の大部分は空想の産物なんだ。想像ならどんなものだって描き出せるだろ。僕はそういう世界で生きてるんだよ。略

コメント

徳島県・和歌山県で震度4の地震発生 津波の心配はなし

2018-11-02 | 地震

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00006161-weather-soci

 11月02日 16時54分頃 徳島県・和歌山県で震度4の地震が発生しました。

震源地:紀伊水道
マグニチュード:5.4
震源の深さ:約50km
この地震による津波の心配はありません

 紀伊水道から和歌山県沖を震源とする地震で震度4以上を観測するのは2005年11月1日以来、M5以上の規模の地震は1993年3月14日以来となります。


震度4:
【和歌山県】有田市初島町 湯浅町青木 和歌山広川町広 由良町里 みなべ町土井 みなべ町芝 日高川町土生 田辺市中辺路町近露 田辺市中辺路町栗栖川 田辺市本宮町本宮 田辺市鮎川 田辺市中屋敷町 田辺市龍神村西 白浜町日置

【徳島県】那賀町和食


震度3:
【京都府】京田辺市田辺 井手町井手

【大阪府】大阪堺市堺区山本町 大阪堺市南区桃山台 岸和田市畑町 富田林市高辺台 河内長野市役所 藤井寺市岡 泉南市男里 大阪狭山市狭山【奈良県】御所市役所 宇陀市大宇陀迫間 高取町観覚寺

【和歌山県】有田市箕島 日高川町高津尾 日高川町川原河 和歌山市男野芝丁 和歌山市一番丁 海南市下津 橋本市東家 御坊市薗 紀の川市貴志川町神戸 紀美野町下佐々 かつらぎ町丁ノ町 有田川町清水 有田川町下津野 有田川町中井原 和歌山美浜町和田 和歌山日高町高家 和歌山印南町印南 白浜町消防本部 新宮市新宮 新宮市磐盾 新宮市熊野川町日足 上富田町朝来 すさみ町周参見 那智勝浦町朝日 太地町太地暖海公園 太地町役場 古座川町高池 串本町潮岬

【徳島県】那賀町横石 那賀町延野 阿南市富岡町 阿南市山口町 阿南市那賀川町 阿南市羽ノ浦町 美波町西の地 美波町奥河内 徳島市大和町 徳島市津田町 鳴門市撫養町 鳴門市鳴門町 小松島市横須町 吉野川市鴨島町 吉野川市川島町 石井町高川原

コメント

もう「受けなくても済む」がん手術4種、すぐ切るのはNG!

2018-11-02 | 医療、健康

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00000008-pseven-life

 近年、複数の研究機関が「がんの部位・種類によっては切らないほうがいい」という報告をしている。海外の医学情報に詳しい医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が言う。

「これまで最も効果的な選択肢とされてきた外科手術は、一方で体への負担や術後のQOL(生活の質)の低下などのデメリットが問題視されていた。

 そのため『外科手術とそれ以外の治療で生存率やQOLはどう変化するか』といった研究が盛んに行なわれるようになってきている」

◆「監視」という治療法

 代表的なものが、60歳以上の患者が9割以上といわれる前立腺がんだ。がんに関する著作が多い新潟大学名誉教授の岡田正彦医師が解説する。

「2012年に米ワシントン大学が発表した研究では、別の病気で亡くなった60~79歳の男性のうち、7割から前立腺がんが見つかったとしています。つまり、本人が知らないうちに前立腺がんになっていても、それが死因とならずに一生を終えるケースが多いのです」

 同様の研究結果が複数発表されたことにより、“前立腺がんは切らなくてもいい”という論調が世界中に広まっていった。日本でも同年、日本泌尿器科学会が「前立腺癌診療ガイドライン」に「監視療法」、すなわち“治療しない”という選択肢を盛りこんだ。

「これは数か月ごとに検査を行ない、症状の悪化が見られた時点で初めて治療を開始するという意味です。2013年には、米国放射線腫瘍学会も『早期の前立腺がんは安易に治療を開始せず監視療法を検討するように』との勧告を出しています」(室井氏)

 その理由に「手術によるデメリット」がある。岡田氏が続ける。

「前立腺がんの手術では、排尿障害やED(勃起障害)などが起きることがある。これは、外科手術により男性器周辺の神経を損傷してしまうためで、米ノースショア大学の論文によれば、前立腺がんを外科手術で治療した人の79~88%になんらかのEDの症状が出たとの報告があります」

 肺、大腸、胃に続いて死亡者数が多い肝臓がんの治療も様変わりしている。開腹手術以外の選択肢として、カテーテルを使って肝動脈を塞ぐ物質を注入しがんを壊死させる「肝動脈塞栓術」が以前から用いられているが、近年注目されているのが陽子線治療だ。

「従来の放射線治療は肝臓の健康な組織を傷つけるため吐き気や痛みを伴うケースがあり、あまり用いられてきませんでした。しかし『陽子線治療』ならがん組織だけに強い放射線を当てることができるため、健康な組織を傷つけることが少ない。体への負担が少ないだけでなく、再発しても繰り返し治療できるメリットがあります」(医師で医療ジャーナリストの富家孝氏)

◆「60歳以上ならすぐ切らない」

 歳をとるにつれて「切らずに済むようになるがん手術」もあるという。

甲状腺がんは、前立腺がんと同様に命に関わらないケースが多いことがわかっています」(室井氏)

 兵庫県・隈病院の伊藤康弘医師が1993年から2011年まで行なった研究では、10年間の間にどれだけの割合で甲状腺微小がん(1センチ以下)が進行するかを年代別に調べた。その結果、40歳未満では12.1%の人に増大が見られたが、40~59歳では6.1%、60歳以上だと4.0%にしかみられなかった。

「若ければすぐに外科手術で取り除きますが、60歳以上ではまず経過観察をし、大きくなったら取ればいい、と判断するケースが増えているようです」(同前)

 大腸がんは他の部位に比べて比較的手術によって切除しやすいと言われていたが、近年では75歳以上の患者で「治療しない」選択をする人が増えている。

 昨年8月、国立がん研究センターが全国のがん拠点病院の症例を集計したデータでは、ステージ4で「治療なし」の割合は65~74歳では6.7%だが、75歳以上だと14.7%と倍に。85歳以上では36.1%にのぼる。室井氏がこう話す。

「高齢者になると、肛門に近いところのがんであれば手術後に人工肛門の設置を余儀なくされたり、腸の一部が狭くなって腸閉塞を起こし、食事の摂取が難しくなるなどQOLが落ちる可能性がある。手術を受ける場合でも、内視鏡技術の発達により開腹しなくても良いケースが増えています」

 医学の進歩により、「手術できないがん」=「治らないがん」という見方が変わりつつある。それでも「手術を勧めてくる医者」が少なくない背景を、都内の大学病院で勤務経験がある開業医がこう明かす。

「大きな病院ほど、医師の数が多いため手術の実績を重ねることが難しい。そのため、少しでも症例数を重ねるために手術を勧めるケースが多い」

 とはいえ、部位や進行度合いによっては手術が第一選択肢となるケースは少なくないため、患者は自分に下された判断が適切かどうかわかりにくい。「がん宣告」をされた際に、手術以外の治療を受けたい場合はどうすればいいのか。

「セカンドオピニオン外来を受診し、別の医師の意見を聞くのが良いでしょう。ポイントは、手術以外の治療法も検討してくれる『腫瘍内科医』を指名すること。最初に受診した病院で『紹介状』を書いてもらう際に、特定の医師宛にしてもらえばセカンドオピニオンの医師を指名することができます」(前出・室井氏)

コメント

偶然撮影された「奇跡の瞬間」のプロポーズ写真 ⇒ 拡散されて本人見つかる

2018-11-02 | 世界

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00010004-huffpost-int

アメリカ・カリフォルニア州のヨセミテ国立公園で、偶然撮影された1枚の写真。「この2人を見つけたい」という写真家のツイートが話題を呼び、ついに本人たちが名乗り出た。

この写真が撮影されたのは、10月6日。インディペンデントによると、写真家のマシュー・ディッペルさんが友人とともに自動車旅行をしていた際、立ち寄ったヨセミテ国立公園で偶然見つけたという。断崖は「タフトポイント」と呼ばれていて、絶景ポイントとして有名な名所だ。

写真を撮り終えると、マシューさんは本人たちにこの写真を届けようと断崖に駆けつけたて探したが、本人たちには出会えなかった。そのため、「ツイッター、助けて。この2人、誰かわからないけど見つけたいんだ」とマシューさんがツイートすると、17万件以上リツイートされて注目を集めた。

すると、本人たちが見つかったという。写っていたのは、チャーリー・ベアさんと婚約者のメリッサさん。チャーリーさんがひざまずき、プロポーズをしている「奇跡の瞬間」だった。

CNNによると、メリッサさんがインスタグラム上で写真を見つけたが、初めは半信半疑で、「本当に自分たちなのか確信が持てなかった」と語っていたという。

一方のマシューさんも、「自分たちだと思う」と主張する連絡が何千件も寄せられていたため、懐疑的だったが「証拠が欲しい」と返事をすると、2人が現地で撮った写真が送られてきた。「彼らは全く同じ服を身に付けていて、時刻もピッタリ一致していた。それで、完璧にマッチしたんだ」とマシューさんは話している。

チャーリーさんは、インスタグラムを更新し、感謝の想いを綴った。

「これ、私たちだった!マシュー、この特別な瞬間を写真に撮ってくれて、そして私たちを見つけ出してくれて本当にありがとう。拡散してくれたメディアや、あたたかい言葉をかけてくれた人もありがとう」

2人は2019年4月に、結婚式を挙げる予定だという。

コメント

戦火に消えたゴッホの名画再現 生涯唯一の全身自画像

2018-11-02 | Art

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000023-asahi-soci

第2次世界大戦中に行方がわからなくなったゴッホ(1853~90)の名画「タラスコンへの道を行く画家」を、大塚国際美術館(徳島県鳴門市)が陶板(とうばん)複製画で再現した。ゴッホが生涯で描いた唯一の全身自画像だ。3日から同美術館で公開する。

 「タラスコンへの道を行く画家」は、ドイツ中部マグデブルクのカイザー・フリードリッヒ美術館(現・マグデブルク文化歴史博物館)が所蔵していた。1943年、戦火を避けようと、軍需工場のあった岩塩坑(深さ約500メートル)に他の作品とともに避難させた後、行方がわからなくなった。

 45年4月に2度火災が起き、保管中の絵画が燃えたという新聞記事もあるが、「タラスコン」が焼失したかは不明だ。同じ場所に保管されていた資料がその後、米国で発見されたという例もあり、盗まれた可能性もあるという。岩塩坑は地盤沈下で水没し、今は立ち入ることができない。

 複製計画が持ち上がったのは今年3月。大塚国際美術館で展示されていた「ゴッホのひまわり」7作品の陶板複製画を見た英国人のゴッホ研究者マーティン・ベイリー氏から、「この技術で失われた作品をよみがえらせてほしい」と提案を受けた。

 マグデブルク文化歴史博物館が、1930年代に撮影されたとみられる作品のカラー写真データを提供。8月には、大塚国際美術館の浅井智誉子学芸部長と同美術館絵画学術委員の千足伸行・成城大名誉教授(西洋美術史)らが現地に赴いて、記録を調べた。

 複製画は2点作られ、1点を大塚国際美術館で公開し、1点をマグデブルク文化歴史博物館に寄贈する。同博物館のトビアス・フォン・エルスナー前副館長は「すばらしい作品が地域にあった記憶が薄れる中、よみがえるのはうれしい。作品に再び光が当たるきっかけになれば」と大塚国際美術館の担当者に話したという

コメント

末期ガンを周囲に知られて起こる「優しい虐待」

2018-11-02 | 医療、健康
 
人に何かをしてあげる。これは優しさだけれど、大人になると案外難しい。それを痛烈に知ったのは、ガンを宣告されてからだ。
末期ガンであることがまわりに知れるにつれ、僕にはたくさんの「優しい手」がさしのべられた。

「とにかく安静に。最新最善の治療をして、1日でも長く生きてほしい」

親や親戚といった身内の優しさは、おおむねこんなところだ。
その治療がどんなに過酷で、残りの日々をベッドでしか過ごせないとしても、「とにかく長く生きのびる」ことが大事らしい。
心配してくれる気持ちはよくわかるけれど、ベッドで天井を見つめながら毎日を過ごして寿命を延ばすことを僕は望んでいない。

「この治療法を試したらどうか」
「このサプリが効くらしいよ」
「すごい気功の先生がいるから、ぜひ会ってみて」

知人、友人からの「優しい手」は、善意であることがわかるだけに始末が悪い。
僕は困った。困りながらブログでガンについて書いたところ、「優しい手」は増殖した。

「奇跡の水でガンが治る」
「〇〇ヒーリングで『気』を整えれば、ガン細胞が消えます」

どうやって番号を調べたのか、スピリチュアル療法や代替医療をはじめ、パワースポットや宗教の勧誘のメッセージや電話がくるようになった。

ウェブの世界は、極端から極端に針がふれることがある。善意のアドバイスを無視すれば途端に生意気な患者となり、悪者になってしまう。
僕が死んだあとに妻と息子が「〇〇をやっていれば、助かったかもしれないのに」と、言葉の暴力をぶつけられる可能性もあるだろう。
連日、大量にくるあやしい勧誘やお見舞いコールに負け、 10年以上使用していた電話番号を解約した。フリーランスのカメラマンが電話を解約させられるとは悲しいものがある。
インスタントラーメンにお湯を注ぐような、気軽な「善意」のアドバイス

「この壺を買えばガンが治る」というメッセージがきたときは、腹の筋肉がシックスパックになるぐらい笑わせてもらったので、結果としてはよかった。

ガン患者っぽくもっとスリムになって余命ジョークにキレをつけたいし、シックスパックを見せつけて、看護師にキャーキャー言われるのも悪くない。

だが、こうした優しさのほとんどは、虐待だ。
僕が出した結論は、根拠なきアドバイスは「優しい虐待」であるということだった。

ガンと診断された人の多くは、現実を受け止めることができない。だから現実逃避をしたり、家族や医療従事者に怒鳴り散らしては自己嫌悪に陥り、自分の過去を責めたり、自分の存在価値を否定してしまう。

僕が調べたところ、ガン患者でうつ病や適応障がいを併発する人は健康な人の約2倍、自殺率は約24倍。病院内の自殺者の半数がガン患者だという。
ガンというのは体だけでなく、心も蝕む病気なのだ。

さらにガン患者は高齢者が多い。絶望し、藁にもすがりたい気持ちのところに「優しい手」に奇跡の水を差し出されたら、受け取ってゴクゴク飲んでしまうだろう。
優しさのかたちをしているけれど、結果として苦しめるのなら、それは相手を残酷に取り扱うのと同じこと。つまり「優しい虐待」なのだ。

前立腺ガンの5年後の生存率は97.5%。
すい臓ガンの5年後の生存率は7.9%。
ガンといってもさまざまで、同じ治療法が有効とは限らない。

「私はこの治療で治りました」とか「余命3カ月の宣告だったけれど、 10年生きています」というメッセージも大量にもらったけれど「それはよかったですね」としか思えなかった。

奇跡的な成功例はすばらしいけど、その裏には遺族が思い出したくもない失敗例が山ほどあるだろう。
いいところだけを見せようと、希望だけを与えようとするのは危険だ。希望がなくなったと気づいたとき、絶望が待っている。略

コメント

ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

2018-11-02 | 世界
<ベジタリアン・レストランなのに料理に人肉を入れて客に出したパラレルワールド>

その日、タイの首都バンコクにあるベジタリアン・レストランに入った客は、出てきた料理に肉が入っているのを見て腹を立てた。だが、後日肉の正体がわかったときはそれどころではなくなった。肉は人肉だったのだ。

ベジタリアン・レストランで肉を食べさせられた菜食主義者の客たちが憤慨して警察に通報し、発覚したと、シンガポールのメディア「アジア・ワン」は10月29日に報じた。捜査に入った警察は、おぞましい犯行現場を発見した──血が飛び散った調理場に、行方不明だった61歳の男性客の肉片が散乱していたのだ。

被害者の男性、プラシット・インパトムは10月21日にレストランで目撃されたのを最後に、行方が分からなくなっていた。地元メディアの報道によれば、彼はその日、レストランのオーナーと口論になった。男性は口論の末に殺害され、容疑者であるオーナーは犯行を隠ぺいするために遺体を切り刻んで客に食べさせようとした。警察によれば、容疑者は今も逃走中だという。略

コメント

奨学金あっさり減額、心底驚いた 法律の知識が運命左右

2018-11-02 | 徒然なるままに

奨学金あっさり減額、心底驚いた 法律の知識が運命左右https://www.asahi.com/articles/ASLBM52KKLBMUUPI001.html

奨学金の保証人は本来、未返還額の半分しか支払う義務がない。この法律の知識があれば半額にし、知らなければ全額を回収する。自ら進んでは伝えない。日本学生支援機構がこうした回収手法を続けている事がわかった。

コメント

カインズが甘栗約4万9千袋を自主回収 細菌混入の恐れ

2018-11-02 | 食品の安全、料理

カインズが甘栗約4万9千袋を自主回収 細菌混入の恐れhttp://news.livedoor.com/article/detail/15524709/

コメント

東京五輪に投入された国費8011億円、うち6286億円が水増しや捏造だったと政府が発表

2018-11-02 | 日本問題

ツイートから

東京五輪に投入された国費8011億円、うち6286億円が水増しや捏造だったと政府が発表 (バザップ!)https://t.co/3NFZPJSWLv

いったい誰がオリンピックのどさくさに紛れて税金をかすめ取って儲けていたのか、徹底的に追求する必要がありそうです。

コメント

リンゴ病が流行の兆し、東京の一部や仙台で警報値 - 妊婦感染で流産の恐れ

2018-11-02 | 医療、健康

リンゴ病が流行の兆し、東京の一部や仙台で警報値 - 妊婦感染で流産の恐れ、自治体が注意喚起(医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-17100000-cbn-soci

コメント

ドコモ“通信料値下げ”でもユーザー負担は変わらない? 「分離プラン」とは

2018-11-02 | 徒然なるままに

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00010016-abema-bus_all

NTTドコモは10月31日、携帯電話の通信料金を2割~4割値下げする新たな料金プランを来年6月までに開始すると発表した。吉澤和弘社長は、「(ドコモは)お得、便利を実感いただけるリーダーと言っているので、お客様に実感いただけることを早くやらなければならない」とコメント。ただ、端末の購入代金については今よりも割引率を縮小するという。

 「分離プラン」を軸に値下げを進めるNTTドコモ。ITジャーナリストの三上洋氏は「予想以上に思い切った値下げ」と評価しつつ、「端末は高くなるので、支払総額は変わらない場合もあるのでは」と指摘する。

 現行のプランは本来の端末代を値下げする分、通信量で支払っているような形。一方の新プランは通信量が値下げされる分、端末代が本来の値段に戻るイメージだ。そのため、利用者の支払い総額がさほど変わらないケースが出てくる可能性もあるという。三上氏は「同じ端末を長く使い続ければトータルでは安くなる」としている。

コメント

柏崎刈羽原発「構内で火災」

2018-11-02 | 震災、地震、原発関連

柏崎刈羽原発「構内で火災」|NHK 首都圏のニュース https://twitter.com/Yoimajyo

「1日午前6時28分に東京電力から柏崎刈羽原子力発電所の構内で火災が発生したという連絡があったということです。」

コメント

ぽちっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへありがとうございました。