中学受験:早期英才教育 (さくら教育研究所)(SKREDU)

無料体験授業をスカイプで実施中! 
メールでお気軽にお問い合わせ下さい。( info@skredu.mods.jp )

親は中卒でも子はエリートになれる!

2018-08-15 | 日記

 中学受験といえば、ハイソな家庭だけが挑戦する別世界のイメージ。それをいい意味で覆し、感動を呼んでいるのがこのドラマ『下剋上受験』だ。中卒の父親が一念発起して娘と超一流中学を目指し猛勉強。二人三脚の受験勉強で、人生の“下剋上”を狙うという感動ストーリーに、涙するシーンも多いのだが……。

 現実の受験は本当にドラマのような感動を家族に与えてくれるのか? “リアル下剋上受験”の主人公であり、ドラマの原作者でもある桜井信一さんに、中学受験に挑んだきっかけから受験のメリット、そして受験を終えた今をインタビューした!

娘の人生を変えるため、中学受験が必要だった 

 まず、中学受験のきっかけとなったのは“無料”ということで軽い気持ちで受けた『全国統一小学生テスト』(全国で約12万人が受けるとも)。娘のさんざんな結果が、親としての不安感をあおったという。

「それまでは、地元のマジメな高校へ行ってくれればいいやと思っていました。じゃあ、その“マジメな高校”へ行ったとして、どんな大学に行けるのかなと。初めて具体的に“未来”を考えてみたら難関と呼ばれる大学に届く確率はすごく低かった。そこで、このままじゃマズイぞと。どうしたら難関大学へ行ける確率が高くなるのかと調べていくうちに、中学受験という選択肢、さらにその最難関の桜蔭中学(東大に毎年50~80人合格者を出している超名門の中高一貫校)を目指すことにたどり着きました

 自身、そして自身の親も中卒だという環境も中学受験へ思いを寄せた要因のひとつになっていた。

「ハッキリ言うと、娘の人生を変えたかった。お金に困らない充実した人生へ。こう言うと、スポーツや芸術など、ほかのジャンルでもいいじゃないかと言われるけど、努力で人生を変えられる確率が最も高いのが勉強じゃないかと」

エリート中学の入り口は思ったより間口が広い!

 とはいえ、難関中学への受験はそう簡単ではないはず! なぜ、無謀ともいえるチャレンジを行動に移せたのか。

「中学受験は選ばれた神童みたいな子しか受けないとか、みなさん、中学受験の間違ったイメージを持っていませんか? 実は、中高一貫のエリート校の間口は意外と広いんですよ」

 例えば、東京の女子御三家と呼ばれる桜蔭・女子学院・雙葉中学校合格者数は、3校合わせて約600人。同日に試験があるうえ、通学圏内の女子しか受けないのだから、そもそも受験できる人数が限られる。さらに、内申書などが加味されない入試一発勝負であることも、中学受験の大きなメリットだ。

「地頭のよいエリートタイプの子が合格席のほとんどを埋めるかもしれませんが、約2割は自由席だと思っています。当日まで努力した子が入れる場所があると感じました。それに、高校、大学受験のころには、受験勉強の範囲が広く、勉強の巻き返しがかなり難しいと思いますが、中学受験は小学校の基礎をしっかり学ぶだけですから」

 ここまで説明を受けていると、なんだかうちの子もイケるんじゃ? と妄想したくなる。が、やはり、そうは問屋がおろさない。

「受験勉強中は、娘のあまりのできなさに、毎日やめたいと思っていました。“もう無理だ!”と言い放って、コンビニまで家出したこともありましたね(笑)。娘が追いかけてきて、“お父さんやろうよ”って。父娘ともに人生を諦めるものかと必死でした」

 平日は7時間以上、土日祝日は13時間以上、机に向かい父娘ともにペンだこを作りながら続けた勉強漬けの日々。「中学受験で人生が変わる」ことを娘に記した自作の“人生表”が、父娘の原動力となった

自信に満ちた娘の顔が、親としての誇りです

 受験日、娘がすがすがしい顔で言った「けっこう楽しかったね」のひと言で、やっと選んだ道が間違ってなかったと思えた。

 残念ながら、第一志望の桜蔭中学には届かなかったものの、今、娘は都内の難関校と呼ばれる中高一貫校へ進学し現在は、高校に在籍、毎日楽しく学んでいる。

 なかには“場違いな”エリート校への入学は子どもにとって負担だという意見もある。でも、桜井さんは笑い飛ばす。

むしろ、進学先の中学では親同士にも同じ門をくぐってきたという互いの尊重を感じました。ひとつのことを必死に頑張った娘も、自信にあふれた表情で学校生活を送っています。そんな娘に、親も刺激を受ける毎日。受験がきっかけで家の雰囲気がこんなに晴れやかに変わるとは……。今では、この生活の変化こそ、下剋上受験のいちばんの恩恵かなと思えています」



さくら教育研究所

2018-08-13 | 日記


誰しもが、「大秀才」なはずはなく

2018-08-11 | 日記

 末は博士か大臣か。親の期待を一身に背負った「神童」たちは、中学受験を乗り越え憧れの名門中高一貫校へ。そこに待ち受けているのはさらに過酷な競争社会。誰しもが、「大秀才」なはずはなく---。

15歳で「肩たたき」

 秋、10月。中学受験を目指す家庭では、文化祭や運動会を見学に行き、志望校への思いを新たにする季節だろう。あこがれの名門中高一貫校。そこに入れば、早稲田、慶應クラスへの進学はもちろん、成績上位をキープできれば東大合格もぐっと身近になり、一流企業や公務員への道も拓ける。受験まであと3ヵ月あまり。わが子よ、頑張れ。もう少しの辛抱だ---。

 だが、現実は甘くない。名門校の門をくぐった瞬間から、生き残りの競争は始まっている。名門校合格=幸せが約束されているわけではないのである。

どの名門校にも少なからずドロップアウトする生徒はいる。そして多くの場合、中学から高校に上がる段階で、「退場勧告」が行われている。灘、麻布、桜蔭といった中高一貫の名門校に取材をしたところ 、ほとんどの学校が、数は多くないが、高校に進めない生徒はいると回答した。神奈川県トップの進学校、栄光学園の教務部長は、「昔ほど厳しくはないですが」と断りつつも、こう答える。

「学校になじめない生徒については、中学3年の2学期までに、このままでは高校に進むと大変ですよ、他校へ進むことも考えてはいかがですか、という話をします。 昨年は1名いました(栄光学園は一学年180人)。また、高校に上がってから転校というケースもあります。本校は高校に上がると授業の進度が速くなるので、どうしても追いつけなくなる子もいるんです。そんなときは、『このままでは厳しい』という話をします」

 名門校の代名詞、今年も東大に171人もの合格者を送り込んだ開成中学・高等学校では、なんと中学1年生の段階で留年の措置がとられることがあるという 。開成OBは語る。

「新入生がみんな初々しい顔をしている中、妙に馴染んでいるというか、学校のことに詳しいやつがいて。あとで、そいつが入学一年目から留年して、2回目の中学一年生をしているんだとわかった。開成は基準点に満たない生徒は中学生でも留年させるんですよ。中高一貫なので、高校で留年させるのとあまり感覚が変わらないんでしょうね」


143*

2018-08-11 | 日記


図形の角の和

2018-08-08 | 日記


灘高等学校

2018-08-08 | 日記
灘高等学校 入試資料 (平成26~30年度)

1.人数および倍率

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
募集人員 40 40 40 40 40
志願者数 163 150 157 169 150
欠席者数 2 3 3 4 4
受験者数 161 147 154 165 146
合格者数 56 60 70 69 69
倍率 4.1 3.8 3.9 4.2 3.8
実質倍率 2.9 2.5 2.2 2.4 2.1
入学者数 36 35 41 41  

2.各教科の平均点(受験者の平均と合格者の平均)

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
国語
100点
受験者平均 55.0 61.6 59.2 55.7 60.6
合格者平均 62.2 65.8 61.0 61.2 65.9
英語
100点
受験者平均 58.0 58.1 61.4 62.1 56.8
合格者平均 68.1 67.4 69.7 70.1 64.8
数学
100点
受験者平均 60.8 49.9 54.0 52.7 57.4
合格者平均 72.2 61.8 65.7 66.5 70.5
理科
100点
受験者平均 62.3 50.3 61.3 64.6 52.6
合格者平均 73.5 60.5 70.0 71.7 59.4
総点
400点
受験者平均 236.1 219.8 232.8 235.1 227.5
合格者平均 276.0 255.4 266.4 269.4 260.6

3.各科目の最高点

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
国語 (100点満点) 82 81 83 83 82
英語 (100点満点) 85 92 86 87 89
数学 (100点満点) 92 90 96 98 97
理科 (100点満点) 98 88 89 95 85

4.合格者の最高点・最低点

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
最高点 (400点満点) 331 314 330 329 321
最低点 (400点満点) 254 230 242 243 234

平成30年度 灘高等学校入学試験
志願者及び合格者地域別表
 

志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者
岩手県 2 1 大阪府 25 11 香川県 2 1
青森県 1 0 兵庫県 19 10 徳島県 3 2
福島県 1 0  神戸市 7 3 福岡県 35 20
宮城県 1 0  芦屋市 2 2 佐賀県 1 1
新潟県 1 0  西宮市 5 3 長崎県 3 0
茨城県 1 0  尼崎市 1 1 熊本県 12 5
愛知県 2 1  伊丹市 1 0 大分県 8 4
岐阜県 2 1  宝塚市 2 1 宮崎県 3 1
滋賀県 3 0  川西市 1 0 鹿児島県 7 1
京都府 4 2 岡山県 4 1 海外 5 3
奈良県 4 4 広島県 1 0 合計  150 69

70

2018-08-08 | 日記


下剋上受験 桜井信一著

2018-08-04 | 日記

8割の指定席に2割の自由席があると私は思う

 10年ほど前から急増した教育書に、父親による子どもの中学受験レポートがある。わが子が中高一貫校に合格するまでの汗と涙の記録だが、子どもの受験に父親が熱中する理由が読むとわかる。

 塾選び、目標の設定、工程管理、やる気を喚起する方法、志望校選び、直前対策……。子どもの受験は会社の仕事に似ているのだ。中学受験は親子で挑む難事業。自分は子育てに関与してるぞ、という充実感も味わえますしね。

 桜井信一『下剋上受験』も父親による娘の中学受験体験記だが、ただし本書が類書と異なるのは、著者夫妻が中卒である点だろう。

 受ければ入れる高校に一度は進学するも「これでいいのか」という疑問から夏休み前に退学。15歳で社会人になった著者は転職を繰り返した。彼の父母も中卒だった。〈私の父は、私の母は、人生が辛くなかったのだろうか。私は今までずっと辛かった。羨ましいことだらけだった〉

 キッカケは娘に受けさせた全国統一小学生テストだった。結果は26393人中20000番台。このままでは娘を「負のスパイラル」に巻き込んでしまう。一念発起した著者は、娘が5年生の夏に中学受験を決意する。目標は女子の最難関校・桜蔭中学。塾にも家庭教師にも頼らない。〈スタートした日から受験まで一日も休まず勉強した。旅行どころか身内の冠婚葬祭も父娘で欠席するという常識のなさ。放課後から深夜まで毎日勉強した。一度もテレビを観ることがなく、公園にも一度も行かず、母親の買い物に一度もついて行かず、毎日毎日勉強した〉。

 阿部サダヲの主演で1月からはじまったドラマの原作だが、エンターテインメント性の強いドラマに比べると、原作はぐっと学習の内容寄りで、算数の難問にどう取り組んだかなどが語られる。

 目標校の定員は240人。〈あの240人枠は既に神童たちで予約満席のようにみえるが、8割の指定席に2割の自由席があると私は思う〉。受験のみならず子育てについて考えさせる好著。高学歴パパの本より哲学的かも。

 


自然数の和

2018-08-04 | 日記

 


中学入試が終わったから、ホッと一息ついていると・・・

2018-07-29 | 日記

 中学受験を目指す皆さんは、今は当然中学受験で合格することを目的に勉強されているはずです。

 そして、できればもちろん第一志望校合格のために、頑張っているわけです。

 でも・・・・・その第一志望校で、どのような教材を使用しているのか?

 また・・・・・どのようなレベルの学習をしているのか?

 入学後に・・・・・・どのくらいの生徒が落ちこぼれていくのか?

 実は、ここを本当に良くわかっている塾の先生や御父母のみなさんは少ないといえます。

 「体系数学」について。

 「体系数学」という教科書は、数研出版が中高一貫校用に編集した教科書で、一般的な中学生や高校生が学習するカリキュラムとは違う順序で学習カリキュラムが組まれています。ここ数年で、これを教科書として採用する中高一貫校はすごく増えてきています。

 現時点で採用している学校は・・・・・豊島岡女子、早稲田、本郷、東邦大東邦、江戸川取手、芝浦工大柏、茗渓学園、都立白鴎などが挙げられます。

 「チャート式 数学」という名前をご存知の御父母も多いと思いますが・・・・・・数学については定評のある数研出版が中高一貫校向けに開発した教材ですから・・・・・すぐれたところも非常に多いのですが・・・・・問題もあります。

 一例を挙げると、中1・2年生用の「体系数学1 代数編」の第4章で学習する「不等式」は通常なら高1で学習する数Ⅰの範囲です。また、中2・3年生用の「体系数学2 幾何編」の半分以上が、高1で学習する数Aの範囲と学習指導要領外の範です。

 なぜこうなるのか?

 現在の文部科学省のカリキュラムに従わずに、お父さんやお母さんが現役の学生だったころのカリキュラムに近い形に並べなおすと、こうなるのです。

 つまり、数学という科目の学習順序としては適当なカリキュラムとなっているわけですが・・・・・大学入試センター試験「数学」の試験範囲を考えた場合には、困る生徒も出てくるわけです。

 なぜ困るか?

 中1や中2で学習した範囲が、センター試験でバリバリに出題されるのですから・・・・・中学生のうちからしっかりと数学に取り組んでいない生徒は・・・・・後でメチャメチャ苦労するか、数学が苦手なために私立文系志望確定になるわけです。

 つまり、中学受験が終了してすぐに、大学受験に必要な単元を学習し始めることになるわけですから・・・・・中学入試が終わったから、ホッと一息ついていると・・・・・とんでもないことになります。

 お父さんやお母さんたちは自分の経験をもとに考えてしまいがちですから・・・・・中学生のうちは・・・・・と油断しているうちに、落とし穴にハマル羽目になります。

 ですから・・・・・中高一貫校の進度についていっていないと少しでも感じたら、即、手を打ちましょう。後になって泣きを見ないように・・・・。


灘中学校

2018-07-29 | 日記

灘中学校 入試資料 (平成26〜30年度)

1.人数および倍率

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
募集人員 180 180 180 180 180
志願者数 693 612 656 683 735
欠席者数 22 18 17 16 8
受験者数 671 594 639 667 727
合格者数 226 228 239 242 252
倍 率 3.85 3.40 3.64 3.79 4.08
実質倍率 2.97 2.61 2.67 2.76 2.88
入学者数 183 183 185 185  
 

2.各教科の平均点(受験者の平均と合格者の平均)

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
国語1
80点
受験者平均 51.7 52.7 50.4 57.0 59.4
合格者平均 55.3 59.1 55.7 62.0 63.9
国語2
120点
受験者平均 71.9 81.1 70.3 73.4 70.7
合格者平均 77.9 88.5 77.4 79.1 77.3
国語計
200点
受験者平均 123.6 133.8 120.7 130.4 130.1
合格者平均 133.3 147.7 133.1 141.1 141.2
算数1
100点
受験者平均 57.2 41.9 42.7 49.1 52.6
合格者平均 73.3 54.4 54.8 63.1 66.5
算数2
100点
受験者平均 49.7 52.7 50.8 48.4 54.8
合格者平均 63.9 64.6 61.2 62.4 69.2
算数計
200点
受験者平均 106.9 94.5 93.5 97.5 107.4
合格者平均 137.2 119.0 115.9 125.5 135.7
理科
100点
受験者平均 64.1 68.6 64.0 72.5 62.5
合格者平均 72.5 76.3 71.7 79.7 71.9
総点
500点
受験者平均 294.6 297.0 278.2 300.3 300.0
合格者平均 343.0 343.0 320.7 346.3 348.7
 

3.各科目の最高点

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
国語1 (80点満点) 72 78 74 77 77
国語2 (120点満点) 104 108 104 102 102
国語計 (200点満点) 171 177 162 173 168
算数1 (100点満点) 100 100 94 96 100
算数2 (100点満点) 100 100 93 92 95
算数計 (200点満点) 200 194 179 182 191
理科 (100点満点) 98 92 89 99 97
 

4.合格者の最高点・最低点

26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
最高点 (500点満点) 469 436 401 419 422
最低点 (500点満点) 315 312 296 321 322

平成30年度 灘中学校入学試験
志願者及び合格者地域別表

(居住地)

志願者 合格者   志願者 合格者   志願者 合格者
北海道 3 1 京都府 41 15  赤穂市 2 1
東京都 103 39 奈良県 28 6 岡山県 10 1
神奈川県 57 19 大阪府 143 51 広島県 17 4
千葉県 11 3  大阪市 48 18 山口県 1 0
茨城県 6 4   大阪市外 95 33 香川県 2 1
栃木県 3 1 兵庫県 151 64 徳島県 1 0
埼玉県 23 8  神戸市 53 22 高知県 3 0
山梨県 1 0  芦屋市 17 5 愛媛県 7 0
長野県 2 1  西宮市 46 24 福岡県 24 3
静岡県 1 0  尼崎市 9 5 佐賀県 1 0
愛知県 46 16  伊丹市 4 1 長崎県 4 3
岐阜県 7 1  宝塚市 6 2 熊本県 2 1
三重県 5 1  川西市 1 1 大分県 7 0
石川県 1 0  三田市 3 1 鹿児島県 7 2
富山県 1 0  姫路市 5 0 海外 2 1
滋賀県 12 5  明石市 4 1 合計 735 252
 和歌山県 2 1  高砂市 1 1      

<form action="http://www.nada.ac.jp/nyuushi_chu30.html"></form>


開成中学校・高等学校

2018-07-26 | 日記

大学入試結果 平成30年

平成30年(pdf) 209 KB

大学入試結果 平成29年

平成29年(pdf) 134 KB

大学入試結果 平成28年

平成28年(pdf) 187 KB

大学入試結果 平成27年

平成27年(pdf) 94 KB

大学入試結果 平成26年

平成26年(pdf) 188 KB

大学入試結果 平成25年

平成25年(pdf) 196 KB

大学入試結果 平成24年

平成24年(pdf) 124 KB


52

2018-07-26 | 日記


都内の名門中学・慶応義塾中等部に入学

2018-07-22 | 日記

 子役女優の芦田愛菜(12)が8日、都内の名門中学・慶応義塾中等部に入学した。昨年は芸能活動をセーブし、予備校にも通い受験勉強に全力を傾けた。今年2月、見事に複数の都内超難関中学に合格。いずれも偏差値70以上の中学だったが、その中で芸能活動もできる慶応中等部を選択した。この日は小雨もちらつく天気だったが、グレーの式典用制服を着て、中学校に隣接する慶応大での入学式に楽しそうに出席した。

 4歳でドラマ「ABC家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”」でデビューし、5歳だった10年に放送された日本テレビ系ドラマ「Mother」でそのかわいさと演技力が注目され、“天才子役”として人気に。

 11年フジテレビ系「マルモのおきて」では、史上最年少の6歳で連続ドラマ初主演。主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」も大ヒットし、同年のNHK紅白歌合戦にも史上最年少で初出場した。その後も12年には「うさぎドロップ」などが評価されブルーリボン賞新人賞を受賞し、「パシフィック・リム」ではハリウッドデビューも果たすなど映画でも活躍し、着実に実績を積み上げてきている。

 近年は鈴木梨央や本田望結ら同い年のほかの人気子役の活躍も目立っていたが、無事名門中進学を決めたこれからは、再び芦田がスポットライトを浴びる場所に戻ってくる。

 ◆慶応義塾中等部 1947年開校。1学年の生徒数約240人の男女共学で、中学入試の募集定員は男子約140人、女子約50人。女子は約半数が慶応義塾幼稚舎(小学校)からの内部進学者のため、中学受験での合格の門戸は非常に狭いとされる。女子は慶応義塾女子高等学校などに進学する。多くの著名人を輩出し、卒業生の女優には幼稚舎からでは二谷友里恵、柴本幸らが、中等部からでは菊池麻衣子らがいる。17年入試の予想偏差値は各機関のデータによって差異はあるが女子は70台前半が多く、首都圏トップレベル。


中学受験の世界

2018-07-16 | 日記

 中学受験の世界に、一旦身を置いてしまうと、そこは“競争社会”なのだということを意識せざるを得ない現状がある。多くの中学受験塾は、学力ごとにクラス編成を組んでいるし、毎週のように行われるテストは、偏差値という数字で評価される。どちらかと言えば、子どもより親の方がその数字に一喜一憂するのである。

 それゆえ、中学受験生の親は、常に「上へ上へ」という気持ちに駆り立てられ、子どもが偏差値上位校に入らなければ「負け!」という感覚に陥る人もたくさんいるのだ。

 世間一般にも、「中学受験=偏差値の高い学校を狙う」というイメージがあり、例えば、偏差値30台の私立を目指そうものなら、「勉強ができなければ公立行かせればいいのに。お金の無駄では?」といった偏見の目を向けられてしまうことも、少なくない。しかし、私立中高一貫校を、偏差値順のランキングのみで判断することは、とても危険なことなのだ。

 理由は2つある。1つは“偏差値”というものの不安定さだ。偏差値は、“塾が決めているに等しい”部分があり、それも常に一定ではなく上下する。さらにいえば、偏差値ランキングというのは、10年たったとき、まったく違う並びになっているものなのだ。その“不安定な数字”だけを軸にして、我が子の学び舎を決めてしまうのはリスクが大きすぎる。

 もう1つは、偏差値が高くても子どもに合わない学校があるという点だ。私学は、創始者の確固たる“建学の理念”によって創設され、その信念が泉のごとく湧き続けている場所。「こういう子を育てたい」「こういう大人として社会に出したい」……そんな創始者の強烈な意志が、各校それぞれの特徴となっている。ゆえに、その“校風”に我が子が合うのかどうかという点が、中学受験では、何よりも優先されるべき問題なのだ。