こんなこと考えました

ニュース・映画・本・電車の中の風景などなどで、感じたり思いついた事を不定期に書き込んでいきます。

ワイドショーを見ていて

2010-12-08 07:51:30 | Weblog
暴行時「酩酊状態だった」…海老蔵さん会見質疑(読売新聞) - goo ニュース
記者会見の質問に悪意があるように感じるのは、ファンとマスコミに不信感を持っている者だろう。
それを差し引いて、酩酊していたと言っている相手に対して、酩酊時の記憶を訊くのはどうなんだろうね?
ショッキングな話題で土下座してたとか、下着姿だったとかは、個人の名誉に関係して来ると思うのだけれど、事実だとしてもプライバシーを守る権利があるのだからしつこく訊く事ではない。
謹慎は仕方が無いが、「俳優をやめる・名前を返上」なんて事を訊くのは、本人と関係者で決める事。
事件の核心に迫る質問をしたいのは分かるが、犯人と思われる人物を警察より先に見つけたいと、小説の探偵になったかのような気分で居る事に危うさを覚えるのは少なくないと思う。
婦人誌らしい質問には、想像力が無い人に向けてだろうけど、仕事だから義務感で訊いているんだろうなあ。と思う事にした。

顔がきれいだったので、しばらくすれば舞台に復帰して来るだろう。舞台に穴をあけた事は駄目だが、(今の所)加害者として警察に厄介になったわけじゃないからね。
マスコミは、加害者でもあった方が面白い。と言う見方でずっと報道しているのを視聴者は気づいているからね。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瞬間最大視聴率って、どうなの? | トップ | 暁の軌道突入失敗は、個人的... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事