スイス漆喰外壁で北欧風の家づくり ~天然素材の家づくり記録と新築後の変化~

カルクウォール塗り壁とサイディングの外観 パイン無垢床材と天然素材インテリアで薪ストーブライフ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天井も床も「節ありパイン無垢材」でコストダウン

2017-03-26 | すまい・インテリア

床も節有りのパイン無垢材。天井も床材と厚みは違うものの同じ節ありのパイン無垢材。

建てる前に最初イメージは、ちょっとくどいかと思いましたが、これがこの家のコストを押し下げられた最大の理由。

予算がいくらでもあるなら、床だけでも節なしのパイン材が希望でしたが、背に腹は代えられません。

スイス漆喰を外壁・内装壁に両方使うために、床材と天井は一番安価な節ありのパイン材。

しかし、リボスオイルの色を天井は「チーク」床は「オーク」にすることで、ちょっと雰囲気が変わります。

新築時は、オイル塗装は色が薄いものの、年を経るにつれ、違いが表れてきます。

廊下の床 ↓

キッチンカウンターの床(オーク)カウンター板(チーク)

トイレ前の洗面台の床(オーク色オイル塗装の節ありパイン)&棚の扉(チーク色オイル塗装の節ありパイン)

リビングの天井

くどい節の無垢天井材ですが、トップライトを配して吹き抜け天井にも変化をだしています。

キッチンの天井は、ロフトになっているので、床材を両面で使用しています。

玄関の天井(パイン無垢材 リボスオイルチーク塗装)

和室の天井は、間接照明なので珪藻土のクロスにして、明るさを維持できるようにしました。

アーチの入口には、無垢天井材が映えます。

天井と床を節ありのパイン無垢材にコストダウンして、スイス漆喰塗り壁を優先すると、価格は抑えられるかもしれません。

住んでしまえば、節の多さも気になりません。

子供は「モクモク星人」という絵本を読んで、たくさん木木星人がいる!と喜んでいました。

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 新築4周年 Before→After | トップ | 新緑の中庭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

すまい・インテリア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事