スイス漆喰外壁で北欧風の家づくり ~天然素材の家づくり記録と新築後の変化~

カルクウォール塗り壁とサイディングの外観 パイン無垢床材と天然素材インテリアで薪ストーブライフ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自宅待機でリフォーム第4弾

2020-04-26 | 外講・エクステリア

普段は愛犬とドライブに出かけたりしますが、新型コロナウイルスの外出自粛で、

マイホームのリフォームに時間をかけている第4弾です!

今日は、デッキを塗り直ししました。

色も、従来の黒から、チョコレートに変えてみました。

ホームセンターにあった、「架橋反応型シリコンアクリル樹脂塗料」という難しい名前の塗料で

劣化しやすいデッキには耐久性を重視し、この塗料にしました。

- 油性スーパーコート アサヒペン 18837918

【Before】

まずは、拭き掃除して、このように、壁や窓へは新聞紙で簡単に養生します。

端っこから刷毛で塗ります。

少しづつ塗装範囲をローラーで塗り広げていきます。

結構、木部が劣化していたのでローラーを何度もコロコロしないと色が付きませんでした。

また、新聞の養生が風で飛んで大変なことに・・・( ;∀;)

なんとか、完了!

新聞の養生だと壁に少し染みてしまったようです。

また、壁は余ったカルクファルベで塗ることします。

チョコレート色は、天気の良いは茶色に見えますが、部屋からはこげ茶に見えて、良い感じです。♪

このスペースは、洗濯物を干したり、薪を置いたりするスペースです。

土足で往来し、南側なので直射日光にさらされるので、木部の劣化も激しいので、

念入りに塗りました。

2日続けて、薄め液のシンナーの臭いにまみれた自宅待機の日曜日でした。

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« おうち時間は、プチリフォー... | トップ | おうち時間はマイホームをリ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外講・エクステリア」カテゴリの最新記事