メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

親が来た ドタバタ記録 1日目(2019.10.7~9)

2019-10-09 16:39:25 | 日記
私はまだしばらく帰省出来ないため
両親が歩けるうちにこちらに遊びに来ないか誘ったところ
すぐ来ることに決まった

その計画を立てるのが大事業!
父は1泊のつもりが、それではあまりにタイトだから
もっとゆっくりしなよとすすめて2泊3日に決まり

父はなぜか「私の最寄り駅が見たい」というので
1日目は私の最寄り駅を見て
2日目は、ずっと見たいと言っていた自分の生家跡を見て
3日目の早朝に帰るという計画

父は以前、大腿骨を折って、ボルトを入れてから
ずっと杖をついて歩いている状態

父:上野→最寄駅まで1時間で着くから

と言っても、ホーム間が想像以上に遠いことが
地方に住む高齢の父にはなかなか伝わらない

ふと、駅でシルバーカーをレンタルしていないか?と思いつき
大宮駅に電話して聞いてみたら

駅員:
シルバーカーではなく手動の車椅子でのご案内になります
出発する駅で、当日、少し早めに係員に言っていただければ
途中の乗り換えのホームでお待ちして、乗り換えのサポートをしています


出発の長野の駅に電話したら、女性の案内の方がとても親切に説明してくれて
ホームからホームまで係員が車椅子を押してくれるとのこと 当然、無料

歩行の不自由なお客さまへ>新幹線・在来線特急列車停車駅 電話番号:JR東日本

車いすをご利用のお客さまへ




これはイイと思って、早速父に電話したら、即効頭ごなし断られた
もともと「男のプライド」は面倒だが、高齢者のプライドもなかなかのもの
「他人前で車椅子なんてみっとない」って、誰も見てないってば

「1時間で着く」という一点張りで
それは父の足ではあり得ないことを
何度も根気よく説明したが通じず
上野まで迎えに行くのも断るし、もう任せることにした

ホテルも私の分までもう予約してしまい
私は高層階はダメだから、1階をとってくれたのは有り難いが
私は家に帰ったほうがラクだからキャンセルしてもらった



10.7 当日

いきなり問題発生
最寄駅に着いたら公衆電話で電話をかけてと頼んだのだが
私のスマホはアドレス帳以外は非通知でブロックがかかり、2度とも切れてしまった/焦

慌てて家を出たけどすれ違い
親は反対側のホームまで階段を使って確認しに行ったらしい/謝



やっぱりホームを長く歩いて疲れた父
近くのイートインのあるパン屋さんでランチして少し休んだ


いつもは駅前にタクシーが2台くらい停まっているのに
今日はいない

駅員に番号を聞いて、予約するも
ヒト→自動音声に切り替わって、待った挙句に「ただいま空車はございません」って・・・

大通りに出て、1台流しをつかまえて乗った
普段、タクシーなんて使わないから新たな体験



2人が私のアパートに来るのは初めて

母が今旬の梨、りんご、マスカットを持ってきてくれて
後で食べたけど、やっぱり地元のは美味しいなあ!感謝×5000

父は疲れた足を伸ばして、しばらく休憩をしたら、疲れがだいぶとれたと言っていた
部屋に興味津々の母に狭い部屋の中のいろいろを案内して説明

お茶を飲みながらしばしお喋りしてから
さっき乗ったタクシーでもらったカードに電話したけれども
やっぱり「今、空車がない」とのこと
そんなにつかまらないものなのか/驚

スマホで「××区 タクシー」で検索
上から出てきた番号に順にかけていったら、2番目でやっと予約できたv

予約すると400円かかるのね これも勉強になった
7分で到着は速い

なぜか一番細い道から出てきて、曲がり切れずに困る運転手さん
駅までの短い間で申し訳ないです/謝

ものすごい蚊の季節
タクシーに乗る際にも3匹ほど入って
ギャーギャー言いながら、慌てて虫除けスプレーを足と腕にかけまくった



親が今回とったホテルは池袋 グランドシティホテル
朝食券付き ランチはOKだが、夕食はなし
3階角(302) 小さな窓から隣りのビルと道路が見える

画像はネットでの拾い物/礼






上野近辺より安くて、駅から近いと書いてあっても
「徒歩5分」とかは信じてはいけないのが
親にはなかなか分かってもらえず

駅でタクシーを拾ったら、その運転手も高齢者
ホテル名を言っても分からないとナビを見ながら運転
スマホで地図を調べて、口頭で説明して
後ろから「ビー ビー」クラクションを鳴らされながらやっと到着

と思ったらホテルの裏側だった・・・

大きくひと回りしてやっと到着v

チェックインやらも久々で、ホテルキーを差し込んで照明をつけたり
テレビのリモコンを探すのにもわたわたした



父はここで休んで、私と母はサンシャインに買い物へ
久々来たら、すっかり店舗がかわってしまっていてビックリ/驚×5000

街はすっかりハロウィン一色





買い物大好きな母といろんな店を回って母は2着購入
家には溢れんばかりに服の山があるのは分かってるけど
ファッションが好きな人はこんな感じなんだね

結構歩いて疲れて座って休んで時間を見たら
まだ1Hしか経ってない 2人とも体力なさすぎ



18時にはホテルに戻り、「焼きそばかラーメンが食べたい」という父
なんとか探して、近くの中華屋さんで夕食

久々の中華屋
ベジタリアンもどきの私にはメニュー選びがちと辛い・・・

迷った挙句、おつまみの卵あんかけみたいなのを注文したら
やっぱり豚肉のそぼろ?が入っていた
ほんとうにゴメンなさい 有り難く血肉にさせて頂きます



親をホテルの部屋まで送って、帰る頃はちょうどラッシュ時間帯
それでも殺人的な混み具合ではなかったからよかった

父は杖をついて、とてもゆっくり歩いていたが
それでも慣れない場所までたどり着いたのはスゴイと思う

家でも毎日散歩のリハビリを欠かさないというから
普段歩かない私より元気かも

それでも相当疲れるらしく、途中、途中休みながらで
なんとか無事、1日目のスケジュールをこなした

私もいろんな発見があったし

珍道中は2日目もつづきます・・・

親が来た ドタバタ記録 2日目(2019.10.7~9)




コメント   この記事についてブログを書く
« 上海マスターズ2019 2回戦... | トップ | topics~漢字、英語、日本パ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事