メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

「ホーム」をめぐる7つのショートストーリー 1@ビッグイシュー

2018-10-15 10:17:05 | 
【THE BIG ISSUE VOL.342】

今号はビッグイシュー15周年記念(祝)ということで、
7人の作家が「ホーム」を題材にショートストーリーが掲載されていた


【内容抜粋メモ】

創刊15周年へのお祝いメッセージ



創設者 ジョン・バード氏:
27年前、ロンドンでビッグイシューを始めてから最も喜ばしかった1つは
ビッグイシューが国際的な広がりを見せ、世界中でホームレスの人々の“灯火”となったこと

私たちだけでは不可能でも、みんなで力を合わせれば
貧困に打ち勝てるというメッセージを
すべての人々に伝えてください




ホームレスワールドカップ会長 メル・ヤング氏:
雑誌の販売と購入により、人々がつながることで
重大な変化が起こりうると示している

小さな一歩を踏み出せたら、我々は世界を変えることができる
そして、ホームレス問題を永遠に終わらせることができるでしょう




INS最高責任者 マリー・アルダム氏:
ホームレスの人々を支えるため、質の高い雑誌のみならず
(販売者の)トレーニング、支援、権利・主張の代弁を通じて
ビッグイシュー日本版がしてきた仕事を私たちは誇りに思います
次の15年はここからです!



「ホーム」をめぐる7つのショートストーリー オール書きおろし
“ホーム”には無数ともいえる意味がある
ビッグイシューは15年間、仕事とビッグイシューの“ホーム”をつくり続けたいと願ってきた

15周年を迎え、7人の作家にお願いして、それぞれの“ホーム”を描いていただきました
あなたの“ホーム”を想像してみませんか?



それぞれ、個性のある文章で、SF的なものもあり、
また、じっくり本を読みたいなあと気持ちになった


扉の絵もとてもステキ コラージュか?
これくらいの距離で、それぞれが自活出来たら、政治や経済なんて要らないし
ストレスやこころの病も、いじめなどもなくなるのでは?

とは言いつつ、私は神保町みたいな文化がないと生きていけないが



「遠く、近い、ホーム」 いしい しんじ作

朝、2両編成の山辺線に乗り、勤め先に向かう足がいつになく重かった
車両には、僕以外誰も乗っていない

こんなところに駅などあったろうかと
赤い「開」ボタンを押して、降りてみる

駅名は見当たらない
日陰のベンチにひとり用テントがあった

後ろから穏やかな声をかけられ、麦わら帽子の小柄な男性が
短毛のレトリバー犬(セサミ)を連れて来た

「水汲んできたんで、コーヒーのまはります?」

最下と名乗る男は、18歳の夏からこうしてテントで暮らしていると話し
ネルドリップ式にコーヒーを煎れ、飲むと思わずうなり声をあげるほど美味しい

初対面の彼に、僕は上司のこと、養蜂を営む実家のこと、
先月分かった父の病のこと、7歳の時、旅先の夜の海で溺れかかったことなどまで話した
話すまで忘れていたことで、いつのまにか汗と涙でぐしょぐしょになった

こうして野外の暮らしをしていると、いくつか気づかされることがあります

 例えば、みんな裸足でなく靴を履いている
 足元が守られていると気づきもせえへんうちに
 素足でようやっと分かることてありますし

 僕は、生まれつき目が不自由ですねん わりと全盲で
 だから、目に見えへんことのほうを信じてるところありますねん」

僕は靴を脱いで、テントに入る

満天の星空だった
波が磯に打ちつけている

夜釣りの父子がいて、子どもが大きな魚を釣り上げ
濡れた岩に足を滑らせ、まっさかさまに海へ落ちた

セサミが子を担いで磯にあがるまで5秒とかからなかった


夜が明けると、周りは夏草の茂る野山に戻っていて
最下さんとセサミはテントを畳んで出発していた

ネルドリップ式のコーヒーを煎れるコツを書いたメモが置いてあった

いつまで待っても電車は来ない
それが当然、という気が強くした

僕は歩き出した
事務所か、実家か、父のいる病院か
いつか間違いなく、着くべきところへ着くだろう






***


「ビッグイシュー日本版 BIGISSUE JAPAN」

“1冊350円で販売。180円が販売者の収入になります。”

[ホームレスの仕事をつくり自立を応援する]
「ビッグイシュー」は、ホームレスの人々に収入を得る機会を提供する事業として
1991年、ロンドンで始まった 創設者はジョン・バード氏
住まいを得ることは、単にホームレス状態から抜け出す第一歩に過ぎない


[仕組み]
1.販売者は、この雑誌10冊を無料で受け取る
2.売り上げ3500円を元手に、以後は170円で仕入れ、350円で販売 180円を収入にする


[条件]
顔写真つきの販売者番号の入った身分証明書を身につけて売る
このほか「8つの行動規範」に基づいて販売している




【ブログ内関連記事】

「ボブとジェームズ、東京へ行く」@ビッグイシュー

「猫のボブが私をホームレスから一人の人間にしてくれた」@ビッグイシュー

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(A Street Cat Named Bob)』(2016 ネタバレ注意)



求む! オフィス・スペース!





「年間購読のお願い」@ビッグイシュー




売り切れていた316号もPDF版で購入可能にv





『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 伊勢神宮~人はなぜ伊勢を目... | トップ | 朝ドラ『まんぷく』 第2週... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事