メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

私は幕末の宝だ、佐久間象山大先生@ねこねこ日本史 「天てれアニメ」

2019-10-11 13:15:26 | 日記
NHK教育テレビ(現Eテレ)は小さい頃から好き

最近、短時間でもいろんな番組があることに気づき
1回、丁寧に1週間分のテレビ欄を見て
興味を引いたものを予録して観てみた

10分番組 水曜日 18:45~
なんでも猫にすれば歴史も楽しい

ものすごいはしょってると言うか、デフォルメが笑うwww



【ブログ内関連記事】

幕末の天才兵学者 佐久間象山@先人たちの底力 知恵泉

『誇り高きサムライ・テクノクラート 佐久間象山』




【内容抜粋メモ】

OPも可愛い




幕末の有名人を紹介












ぞ:
扱いが小さいぞ!
私がいなければ明治維新はなかったと言っても過言ではない!
私こそ時代の宝だろう!

(そーなのよね 大河ドラマでもほとんど出てこない
 主人公にして欲しいくらい天才でクセが強いキャラなのに
 まあ、、、それが大衆ウケしないのかな


松代藩 今で言う長野県で朱子学という学問を学んだ佐久間象山は
自分に厳しく、負けず嫌いな男であった

ぞ:私は絶対寝ない!






藩士:何とかしてください!

松代藩藩主・真田幸貫:分かった


殿様にあってとても緊張するが、とても気に入られて、いきなり出世




ぞ:江戸に入ってもっとたくさんの勉強をしてきます!


日本一の儒学者・佐藤一斎に弟子入りする
彼にも懐かれて

ぞ:やっぱり里に帰ります


そして再び江戸に行き、自分で塾を開く 「象山書院」




象山のもとにはたくさんの弟子が集まった

ぞ:勉強をしっかりやった者のみイチャイチャさせてあげます

弟子:頑張るのにゃあー!




その頃の日本は鎖国をしており、異国との関わりを極力絶っていて、異国の脅威を感じていた



(ペットボトルで来ないようにしてるんだ/爆×5000

外国人:ペラペラペラペラ

武士:何言ってるかわかんない!



そんな中、水野忠邦が松代藩主・幸綱を沿岸の警備の責任者に任命する




水野:大変だから助手をつけるといいにゃ

象山は海防顧問となった


象山は異国の脅威に備えるため、西洋の砲術の勉強する事にした

江川:これが西洋の大砲にゃ 火薬を詰めて、猫缶を詰めてww






西洋の凄さを知った象山
ぞ:このままでは日本は危ない! やらなきゃいけないことがいっぱいある!

幸綱に「海防八策」という、これからの日本の目標を提出した




幸綱:なるほど 一つ聞いていいか? これってそのヒゲで書いたの?

ぞ:いいえ

却下された(ww


しかし象山はめげずに西洋の大砲を勉強した

ぞ:自分で作るのにゃ 読めないんだったら、まずオランダ語を学ぶのだ!




象山はついに西洋式の大砲を作った

ぞ:では発射!






大失敗 猫は大きい音が苦手だった(ww

ぞ:失敗があるから成功がある

象山は西洋砲術の第一任者となった

そんな象山には「弟子にしてください!」と優秀な人材が集まってきた


そしてついに国から黒船がやってきた






ペリー:開国してください

武士:なんか迫力ある! 怖い!


象山も藩の役人として働いたが
弟子の吉田松陰が黒船に乗り込もうとして失敗して捕まった

よ:
アメリカに行きたいのだ!
先生の作ったマタタビ砲の本物を見たいのにゃ!




「先生って誰? 君も来なさい」

ぞ:私は関係ない!

象山も捕まってしまった


8年経ってようやく謹慎を解かれた
ぞ:やっと自由だ しかし、私の人生は一体なんだったのかにゃ


徳川家茂&一橋慶喜:待ってたにゃあー!
超大物に大抜擢された

ぞ:ついに私の時代が来た!






あれ?ここで終わっちゃった






「毎週予約」にして、次を見たら、最後の将軍・徳川慶喜の話につながってた
コンピュータのような頭脳で答えが出て「ヤダ」とか「帰る」とか
一風変わったにゃんこに描かれていて、それも笑った

ずぅっと続けて、昭和、平成までいくのかなあ?


コメント   この記事についてブログを書く
« タピオカの原料 キャッサバ... | トップ | 真心ブラザーズ@シブヤノオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事