メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

珠海オープンテニス2019 2回戦 アンディ・マレー×アレックス・デミノール

2019-09-27 13:49:05 | 日記
ATP250 珠海オープンテニス2019 2回戦
アンディ・マレー(413位 32歳)×アレックス・デミノール(第7シード オーストラリア 31位 20歳)

Official Site

場所:中国 珠海
日程:9.23~9.29
時差:日本が1時間進んでいる


Sportsnavi



9.26 20:30以降の予定でパソを見たら
センターコートの前の試合がまだ第1セットの3-3

21:48~見れた
やけに大きな画面で、2人の英語男性解説者のリンク







■第1セット



●第1ゲーム
Aサーヴ DのショートをボレーA
フォアハンドミスD
長いラリー Aスライスがネット

ファーストサーヴは修正してきた
今日も長いラリー戦か? 疲れ具合はどうだろう?

短くなったボールをドロップショットA
センターにフリーポイント 素晴らしい立ち上がり

●第2ゲーム



背もそう高くなく、童顔のD
ナイスリターンA

セカンドサーヴは要注意でダブルフォルト
ラリー ものすごい滑るAのスライス

ブレイクポイント3本 セカンドサーヴ
素晴らしいショットで1本返したD

フォアの強打 Aチャレンジ IN
ラリー スライスを混ぜるAネット デュース
また長くなりそう?w



ナイスリターンだったが崩れたところにフォア強打
一発のパワフルなショットを持ってる様子のD
フリーポイントで「カモン!」 1-1 ナイスキープ

画面が真っ暗になり、解説者「画面が乱れて申し訳ない」
これはこっちの問題じゃないのね
やっと戻った

●第3ゲーム
1stポイントはAの走りショット
Dのバックハンドに集めたほうがいいのか?
フォアハンドネットA

また画面が真っ暗 どうなってる?!
解説者:ベストを尽くしてます なるべく早く戻します
観やすい画面なのに、こんなにたびたび乱れて残念

バックハンドネットA

おいおい また真っ暗 カンベン・・・
会場のモニターはちゃんと映ってるの?
解説者の喋りで進んでる ラジオ中継みたい
コートの音はせず、客のざわざわ音は聞こえる

またデュースだって
長いラリー バックハンドに集めてからフォアA
バックハンドを回りこんでDネット

Aはもう汗びっしょりなのを解説者も話してる
サーヴにすごく時間かけてダブルフォルト デュース



また真っ暗 どうなってる!?
どのリンクも同じか 同じ配信だからか?
せっかくのいい試合が台無し

デュース フリーポイント
まだ3ゲームとは思えないほど長く感じる

バックハンドのラリー Aのロブが浅かった デュース
またデュース地獄?! 16分経過

左右に振ったAがネット ブレイクポイント2回目
Aロングで「カモーン!」とD 2-1D
どの選手もあなどれないねえ



●第4ゲーム
Aロング アンフォーストエラーが増えてぶつぶつ
フリーポイント 195km/h
リターンエース 届かないコースも素晴らしい
またネットA ナイスリターン!
セカンドサーヴでは前に詰めるA フリーポイント 3-1D

●第5ゲーム
素晴らしいアプローチからのスマッシュA
Dの逆をついたがDもよく走る 1回戦とよく似たタイプ
全然汗かいてないし この差は何?

センターのサーヴにDチャレンジ 触れてた
フリーポイント やっと画面安定したか?

リターンエース級からのドロップショットはミスD 3-2D
こうした意外性も1回戦の選手と似てる

ハイライトで見ると、逆をつかれても、すぐ戻るAの足もスゴイ

この先も毎週大会にエントリーしているA
フェデラーが37歳でまだ現役バリバリで
プレーしていることも相当なモチベになっているだろう

●第6ゲーム
突き刺さる逆クロスA
長いラリー 前に引き出してロブをスマッシュD
フォアハンドネットD
コードボールがアウトして叫ぶA
Dネットしてブレイクポイント
セカンドサーヴ ダウン・ザ・ラインがアウトD 3-3

●第7ゲーム



サーヴ+1本 逆をついたA
左右に振るA Dのこれ以上ないドロップショットに追いついたが
その次のショットも崩れた姿勢からオープンコートD

バックハンドアウトD
Dアウト 息が上がるA
センターにサーヴィスエース これが出るといい流れが作れる 4-3A

これはR.E.M.の初期のヒット曲?





●第8ゲーム
ニューボール Dアウトにチャレンジ オンザライン
バックハンドに集めるA 強打はアウト

Aダウン・ザ・ラインがアウトで客席から大きなため息が出る
センターにサーヴィスエース これはどうだ? チャレンジしない

フォアのショートアングルA
前に出されたDにAネット 4-4
今日は2セットで勝ちたいねえ

●第9ゲーム
長いラリー D大きくアウト Aのボールが深い
Aアウトしてぶつぶつ 何を言ってるのか気になる

ネットプレーはAが落ち着いて決めた Dの粘りもA並み
両者ともファーストサーヴ入りが下がった

バックハンドからドロップショット Dネット
センターにフリーポイント 5-4A

このコートにはサーヴまでの時間を計る機械はないのか?
Aの大きなバナー前で写真を撮るファン

●第10ゲーム
プレッシャーのかかるゲーム サーヴ+1本はアウト
1時間過ぎた サーヴ+1本 逆をつかれて大声A

崩されながらのロブが完璧A
バックハンド狙い オンザライン2本からスマッシュA

ブレイクのセットポイント2本
セカンドサーヴ フォアハンドウィナーD

Dバックハンドがアウトして6-4A
さて、次のセットをスッキリ取れるか?




ファーストサーヴの入りは互いに50%だけど
ポインツウォンはAが75%A

すごい競っているのに、スコアだけ見ると
簡単に取ったみたいに見えるのがいつもフシギ

このリンクは、映像がクリアなのはいいけど時々ボヤける
不具合がなくなっただけ有り難いか





■第2セット

●第1ゲーム
Aサーヴ すごいトスに時間をかけてダブルフォルト
主審に何か抗議したA

ラリーでネットA ネットのだいぶ下A
ブレイクポイント3本 どうした?
フリーポイント
アウトして大事なファーストゲームを落とした 1-0D





何か主審に言ってる 何だろう・・・?
体の不調じゃないことを祈る

●第2ゲーム
長いラリーはDアウト
ワイドにフリーポイント 201km/h

セカンドサーヴを叩いてアウトして“what I'm doing?”
Dもミスがあり30-30

ダウン・ザ・ライン2本D
サーヴ&ボレーも見せたがダブルフォルト デュース

体勢を崩してスマッシュD 動きが素早い
前に出てプレッシャーかけたA デュース 上手いなあ

ワイドにサーヴィスエースにチャレンジA 触れてた
センターにサーヴィスエースで「カモーン!」また吼えたD 2-0D

解説者も「ベイビーフェイスだ」ってゆってる

●第3ゲーム
フリーポイント ワイドのサーヴアウトにも少し抗議A
左右に振るA 長いラリー Dネット よく走るなあ! 29本

セカンドサーヴをセンターに入れたがネットA
ワイドサーヴ+オープンコート
センターにサーヴィスエース 2-1D
どこでブレイクする?

ボールキッズがモニターに映った自分を見て笑ってた
小学生くらいに見える

Aはまたバッグの中を見てるように見える
まさかレンドルのメモが入ってたりして?w

●第4ゲーム
回りこみフォアハンドアウトD
ゲームが進むほど精神力・集中力が必要になってくる
素早いリターン+オープンコートA

男子は振り向きざまのショットが多い
なおみちゃんがやってミスってた 女子ではあまり見ないよね

ボレー決めたD
長いラリー 外からのストレートはアウトでチャレンジA アウトか

30-30 まだブレイクバックのチャンスあり
大きくアウトA バックハンドアプローチがウィナーにD 3-1D

●第5ゲーム
リターンエースかと思いきやアウト
互いにウィナーとアンフォーストエラーが交錯している感じ
フリーポイントでポイントを稼ぐA
サーヴ+1本 3-2D
やっとウェアを着替えるA

●第6ゲーム
フリーポイント 早いうちにブレイクバックしたいA
リターンダッシュA Dドロップショット+ロブ 上手い

スマッシュで40-0 息が上がるA
ワイドにサーヴィスエース 4-2D

イヤな予感・・・ また3時間とかカンベン

●第7ゲーム



ニューボール ダブルフォルト4本目は多いな
フォアハンドアウトA どうした? 疲れが出てきた?

攻めたフォアハンドもネットしてブレイクポイント3本
センターにいいセカンドサーヴ入ったがDブレイクして5-2D
Aのアンフォーストエラーで落とした感じ

●第8ゲーム
キープ力高いDから2ゲームブレイクは難しいぞ
サーヴィングフォーザセット

フリーポイント Aの集中力が切れてる
サーヴィスエース

Aアウトでセットポイント3本
フリーポイント 6-2D




第3セットにこのイヤな流れを引きずらなきゃいいけど
ベンチのある席は客がいるけど、その他はけっこう空いてる

第2セットのハイライトはDのウィナーばかり



■第3セット

●第1ゲーム
またAサーヴから 前に出て素晴らしい反応ボレーD
年齢の差か? スタミナの差か?

バックハンド狙いからフォアハンドへっていうのが今日のAの作戦の1つ
どんなボールにも食らい付くD ここも注意

ネットプレーでブレイクポイント2本
どんどんパフォーマンスとスピードを上げてるD
リターン顔が怖いけど

センターにサーヴィスエースにチャレンジ 触れてた
ファーストサーヴ大きくアウト
セカンドサーヴを強打してデュース

センターにサーヴィスエース これは効く
ラリーはA 辛くもキープ 1-0A
立って拍手を送って鼓舞するAコーチ

●第2ゲーム
逆をついたD スウィングが速い
フォアハンドネットA

バックハンドアウトD
Dもファーストサーヴの入りは悪い

ダウン・ザ・ラインで「カモーン!」
どちらもスーパーショットだらけ

バックハンド狙いからフォアハンドへ
スルスルと前に出てドロップショットD 1-1
1ゲームが長い!!

●第3ゲーム
スライスの打ち合いから強打 Dアウト どちらも上手い!
ワイドにサーヴィスエース 短くしたいよね
気温28度 湿度60%だって 屋内の話? 空調は?

サーヴにDチャレンジ オンザライン
前に出たA またラリーに戻したD Aウィナー! 2-1A

ベンチでぐったり
ゲームを短くしようとネットに出るのに、それも拾うD

やっぱりバッグ内を覗いているように見えるA 2時間経過



●第4ゲーム
ストレートをネットA
ナイスリターンだがDダウン・ザ・ライン
フリーポイント センターにサーヴィスエース 2-2

●第5ゲーム
サーヴ+1本 見事に逆をついたA
ネットのだいぶ下のミスが気になるA

ハードヒットのラリー Dロング
ドロップショットミスA

ワイドのサーヴアウトにチャレンジA ミリ乗ってた
チャレンジ1つもバカにできない
センターにサーヴィスエース 3-2A

サーヴのアウトについて主審に抗議したA





●第6ゲーム
サーヴ+1本を大きくアウトD
どのショットから流れが変わるか分からない

ドロップショットに追いついても次のショットでウィナーD
この反応が素晴らしい

前に出て足元を狙われたA
バックハンド狙いでネットA

また前に出たA ストレートへ素晴らしいショット!
また前に出て浅いボールをスマッシュ デュース

ここ欲しい! 回りこみがアウトA
激しいラリー Aネット このキープもスゴイ 3-3

1ゲーム、1ポイントが勝負を左右する
時々画面がチラつく

●第7ゲーム
これは取れないアングルサーヴ!
バックハンドのスライスからDドロップショットを拾ってアングルA!

フォアハンドネットA 一瞬も気が抜けない
ファーストサーヴはA67% Dは50%台

ロブをスマッシュ コードボールがD側で
ラケットを叩きつけようとして寸止め 偉い

厳しいドロップショットに追いついて外からストレートへD!
バックハンドスライス Aネット デュース
ここはマストキープ

フォアハンド強打はアウトD 助かった
セカンドサーヴ サーヴ+1本でキープ さすが 4-3A

ベンチに戻るたびペットボトル1本飲んでる感じのA
だからあれだけ汗も出るのか?
Dは全然汗かいてないのもフシギ

●第8ゲーム
だんだん詰まってきた ここも重要
スライスを叩いたD 攻めの姿勢は変わらない

センターにフリーポイント
ナイスリターン+フォアハンドウィナーA
質の高いゲーム

おっとダブルフォルトにチャレンジD 大きくアウト
トップスピンを使うA スライスも混ぜて前へ 逆をついたD 29本

絶妙なタイミングでドロップショットD Aの足も止まる 4-4
本当に世界には才能あふれる選手がたくさんいるなあ

●第9ゲーム
フォアハンドアウトA ここは集中 焦りも禁物
ファーストサーヴアウトにチャレンジA 大きくアウト

バックハンド狙い フォアハンドにかえてネットA
セカンドサーヴ アウトA ブレイクポイント3本
セカンドサーヴ Aネット 5-4D

勝ちきるのも難しいがどうか?
終始落ち着いて表情を変えないD
タオルをかぶって集中を高める

●第10ゲーム
サーヴィングフォーザマッチ
サーヴ+1本 解説者:パーフェクトスタート!

ものすごいアングルから次がアウトA
前に出たDにパッシングショットA 意地を見せる

ダブルフォルト! 30-30
Aベースラインぎりに大きくアウトD ブレイクポイント!

フリーポイント デュース
サーヴィスエース並みを返すA ブレイクポイント2回目

フリーポイント デュース デジャヴ感・・・
ラリーでアウトA マッチポイント

ラリー Aアングルが決まった デュース
解説者:センセーショナル マレー!!

リターンエース!でブレイクポイント3回目
左右に振ったD デュース

セカンドサーヴ Aドロップショットの次をネット!
マッチポイント2回目

フリーポイントで勝って胸を大きく何度も叩いたD
4-6 6-2 6-4 D 2H42分 長い!!




震える手で描いたのはにゃんこ?w




こんな質の高い試合なら、応援する選手が負けても
充実した満足感が残る

ハイライトが急に中断されて動画は終わり
日本時間は0:38

Aは次はチャイナオープン?
今回の課題は何だろう?
インタビューが聞きたい




復帰マレー 8強ならず、デ ミノーとの熱戦の末に惜敗

マレーが珠海選手権2回戦で敗退、まだ「トップ70」のプレー
“1月に行った股関節の手術後、シングルスでの初タイトルを目指していたマレーは
「世界トップ60からトップ70」のテニスしかできなかったと振り返った。

 弱まった体から最大限のプレーを引き出すための新たなルーティンの一環として
「キャリアで初めて試合前日に練習をしなかった」とコメントした。

 また、この日のパフォーマンスについては満足しており、股関節の状態も良いと話したが、
 まだ試合に臨めるだけの状態には達していないと主張した。

「あるポイントでは感覚的にはとても良いプレーができていたが、自分のレベルを維持できなかった」

「今は世界のトップ20やトップ30に匹敵するプレーはできていない。トップ60やトップ70かもしれない」

「身体面も難しかった。1ポイントか2ポイントは良いプレーができたが、
 やや早めにポイントを終わらせようとしてしまった。疲れてくるとショットの判断能力も落ちる」


 また他の試合では、第1シードのステファノス・チチパスが息を詰まらせ、
 アドリアン・マナリノとの初戦を途中棄権した。

 圧倒的有利とみられていた21歳のチチパスは第1セットを6-3で奪ったが、
 その後はひどく苦しんだようで、何度もかがみこんで手を膝についた。
 その後は第2セットを5-7で落とすとすぐに途中棄権し、顔を赤くして頭を抱えた。”

どうしたんだろう???


マレーが手術後初のツアー白星 「最も苦労して手にした一勝」
“マレーは試合後の記者会見で
「いろいろな意味で、今までで最も苦労して手にした一勝」
「まだ前進し、向上していることが分かったのは良かった」とコメント。

 また、復帰後では最も長い試合だったと振り返り、
「今夜は非常に良い試合をものにできたが、あしたになって体がどう反応するかだ」と話した。

「手術後、ツアーで初勝利を挙げるのが重要だった」
 疲れはしたが股関節の状態は良いと認めた。
「そこに痛みを感じずプレーできるようになりとてもうれしい」


3時間、あれだけ走っても痛みがなくてよかった
あとはステップ・バイ・ステップで体力・気力を戻していくだけ


コメント   この記事についてブログを書く
« 大河ドラマ『いだてん~東京... | トップ | 大河ドラマ『いだてん~東京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事