メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

ついに出逢ってしまった「Naokiman Show」

2019-09-23 12:31:23 | 日記
Naokiman Show




どういう経緯だったか覚えていないけれども
きっと「必然の縁」によってYouTubeでひっかかったこの方

YouTuberって本当にいるのね/驚←そっちに驚く
好きなことをして、稼いで、本まで出して、素晴らしい

ナオキマンのヤバい世界の秘密




私が小さい頃から大好きな「世界の7不思議」
「UMA」UFO、宇宙人、ビッグフットなどはもちろんのこと

あらゆるフシギを「都市伝説」という括りで配信している
「宇宙」系、「臨死体験」「死後の世界」などなど、観始めるともう止まらない






本人はシアトルで生まれて、英語もネイティヴなのに、日本語説明も分かりやすい
自分の長いアゴをネタにしつつ、軽いノリだけど「スピリチュアル」も取り上げて

「見ている人のモチベーションを上げる話題を提供したい」という意志があるのも好印象
コメント欄にフシギとディスりがないのも素晴らしい

しかも! 2ndチャンネルでは超可愛い2人のアメショまで登場!って最強


●宇宙人
私が大好きなトピックは、なんといっても宇宙人




グレイは他の宇宙人に創られた方々で、自分たちでは繁殖出来ないから
アメリカ大統領アイゼン・ハワーと契約を交わして
人間を研究し、ハイブリットを増やしているとか
味方だと思っていたのに、やっぱり『X-FILES』のほうなのかあ 残念・・・

「ドラマのマイベスト」カテゴリー内参照





しかも、ヒト食い+戦闘系宇宙人もいて
「恐怖」「欲望」を広め「管理社会」を継続させている説もイヤだなあ

このままヒトが環境破壊、戦争などを続けて
「低次元」に留めるために頑張ってるってもっと残念

次元を上げれば、交信が出来なくなる
高次元のひとたちは、「こうしなさい」などと干渉はせず
1人ひとりの意識を変えるしか方法がない







とくにアヌンナキ星人が面白すぎる
人類の起源は、猿→ヒトだという説は、ダーウィン自身も否定していた!?




その合間に宇宙人が介入していたとか
今の人類より以前により科学の発達した文明が存在していたとかを
「シュメール文明」「マヤ文明」などと絡ませたり


私が生きている間に地球がどうなるか
このまま「自殺率世界NO.1」の経済大国を目指して奴隷のままか
それとも「第三次世界大戦」で原始時代からやり直すか???

宇宙人と話したという人を訪ねてアメリカに行った後の
その後話はもうアップしたのだろうか?
気になって仕方ないんだけど

私が以前読んだ「神との対話シリーズ」や「宇宙人アミシリーズ」とも通じる

「読書感想メモリスト2」カテゴリー内参照


彼がススメている本の1つはこちら「ガイアの法則」
近所の図書館にもあったから、いつか読んでみたい




ほかにもこんなのとか





月の「人工天体説」も面白い
月は常に地球に対して同じ表面しか見せていない 裏面はどうなのかほぼ分からない
地球の「惑星」にしては大きすぎるし、近すぎる
この中はより進化した宇宙人の基地があり、地球を監視しているとか





「夢」や「地底人」「引き寄せの法則」の話なども含めて
そうそう、コレ、コレ!ってことを
10分間前後の動画にまとめて説明していてハズレなし


日本が世界一残念なことトップ10






日本人が多分とても気にしていることの1つ「南海トラフ地震」
以前から言われている、地球には無数のプレートが重なり合っていて
大噴火、大地震などにある程度の周期がある説と
誰かが人口削減のために人工的に起こしている説まで










毎年出版されている海外のある雑誌の表紙には
その1年に何が起きるか予言されているとか




新世界を創り上げようと秘密結社がずっと動いているとか
1ドル紙幣のピラミッドの目なんて、日本じゃ考えられないデザインだものね




大きな災害、もしくは第三次世界大戦(核戦争)後に生き残った人々によって
新世界を創ろうってSFそのものだけど
「ヒトが想像できるものは、すべて実現可能だ」て言葉を思い出す

とりあえず、メディア等に一喜一憂せずに、自分で判断して
「金」「執着」「管理社会」に翻弄されずに
自分の好きでたまらないことをして生きたいものだ

1人ひとりの意識が世界を変えていく
私はそれを信じている







コメント   この記事についてブログを書く
« 東レ パンパシフィックオープ... | トップ | 『おしゃべり各駅停車』 眉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事