メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

NHKスペシャル 新・映像の世紀「第3集 時代は独裁者を求めた」(2)

2017-10-18 11:10:40 | テレビ
NHKスペシャル 新・映像の世紀「第3集 時代は独裁者を求めた」(1)


gooブログでは1日100枚までしか画像アップできないので、
記事を2つに分けて先にあげて、その都度、画像を追加していきます


【内容抜粋メモ】


ヒトラーと4日違いで産まれたハリウッドの喜劇王チャーリー・チャップリン

第二次世界大戦勃発と同時に1本の映画製作を開始した

ヒトラーをモデルにした映画『独裁者』



ラストシーンのセリフは映画史上名高い



「兵士たちよ 犠牲になるな 独裁者の奴隷になるな」

メイキング映像がチャップリン邸で見つかった
そこには実際とは違う幻のラストシーンが記録されていた
兵士たちが武器を捨てて踊る大団円
チャップリンは当初、ハッピーエンドで終わらせるつもりだった

 



しかし、ナチスの脅威がふくれあがる中、ハッピーエンドはあり得ないと考え
撮影されたのが演説シーン

「兵士たちよ 独裁を排し、自由のために戦え!
 兵士たちよ 民主主義のために団結しよう」





1939.9 第二次世界大戦開戦

 

ドイツ軍はポーランドに侵攻 デンマーク、ノルウェー、オランダ、ベルギー、フランスを占領
機動力を生かして、1年足らずでヨーロッパの主要地域を支配下に置いた



ヒトラーの専属パイロット、ハンス・バウアーのプライベート映像
フランス降伏のしらせを受けて、ヒトラーは専用機に乗り、自らパリに乗り込んだ



バウアの手記:
我々は早朝5時に到着した
ヒトラーがパリの街を人々が動き出す前に見たいと望んだからだ
無名戦士の墓、ルーブル美術館、エッフェル塔、オペラ座、ドーム教会を訪ねた
教会にあるナポレオンの墓にとくに興味を示していた

1940.7.6 ベルリン凱旋パレード
ナポレオンに匹敵するヨーロッパ制覇 ドイツ国民は独裁者を熱狂的に迎えた
歴史的な勝利を祝う祭典は翌日も続いた

これが全部ヒトの頭って不気味

 

戦時下のベルリン



ヨーロッパの覇者となったドイツの生活は一変
国民はもう戦争は終わったという安堵感に包まれていた

ベルリン市民の手記:
戦争の最初の影響は、目に見えて繁栄したことだった
絹に足をなでられたことがなかったベルリンのメイドたちは
パリから送られてきた絹の靴下を毎日履きはじめた
街角の小さな居酒屋には、フランス各地のワイン貯蔵庫からの酒がズラリと並びはじめた

(全部、人殺しで奪ったモノで嬉しいだろうか?

 


<ドイツ占領下のパリ>
大通りを我が物顔で滑走路代わりに使うドイツ軍の軍用機、配給の長い行列

 

ドイツ軍を相手にしたキャバレー 多くの女性たちが生きるためにドイツ人に近づいた
占領下のフランスで、ドイツ人とフランス人女性の間に生まれた子どもは10万人にのぼると言われる


(“女性は、奴隷の下の奴隷”とジョンも歌った


ココ・シャネルは、ドイツ軍諜報機関の高官の愛人となった
自らもドイツ軍の協力者となり諜報活動に携わった 暗号名はウェストミンスター

シャネルが生み出した香水は、当時、爆発的に売れていたが
利益の大半は、ユダヤ人の共同経営者の手に渡っていた
シャネルは経営権を取り戻して欲しいと、ナチスドイツに協力するフランス人の役人に訴えた

シャネルが役人に宛てた手紙:
自分で作った香水なのに、私には不当に少ない利益しか与えられていません
私に対する理不尽な扱いを改善していただくことを望みます




「ゲットー(ユダヤ人強制居住区)」@ポーランド ワルシャワ ドイツ軍が撮影した映像

その頃、ナチスによるユダヤ人迫害は新たな段階に入っていた
ヒトラーはドイツ国内だけでなく、占領した地域に住むユダヤ人から富・生活を奪った
わずか3km2に40万人のユダヤ人が閉じ込められた

 

 



ユダヤ人を乗せた貨物列車の行き先は「強制収容所」
増え続けるユダヤ人を効率的に管理し、苛酷な労働を強いる収容所で
大量虐殺が日常化することになる

ユダヤ人の移送を見ていた市民:
その家族はまだ暗いうちにどこかへ連れて行かれたの
彼らが酷い目に遭うだろうということはみんな分かっていたし
もう帰ってくることはないと思っていたわ

 

ユダヤ人の移送を見ていた市民:
ナチスが彼らにどんなことをしたのか、私たちは知りませんでしたが
時とともに漏れ伝わってきました
開戦から1年後には、みんな知っていました




1940 アメリカの思惑 リンドバーグの信念 戦火のピアニスト

第二次世界大戦が始まってからアメリカは中立を保っていた
国民の8割以上がドイツとの戦争に反対していた

フォード社写真が撮影した新ナチ団体の集会
ナチス支持者も大きな勢力となっていた
集会にユダヤ人が乱入し、激しくもみ合った

 


1940.8.4 参戦に反対する5万人の集会@シカゴ

ドイツ支持の先頭に立ったのはチャールズ・リンドバーグ
次期大統領候補とまで言われた彼の発言はアメリカ世論に大きな影響を与えた



リンドバーグ演説:
この戦争が終わった後、ヨーロッパとどんな関係を築いていくか考えるべきだ
近い将来、アメリカが向き合うのは、ドイツが率いるヨーロッパかもしれません


アメリカ経済界にとってもドイツは世界有数の投資先だった
アメリカとドイツが戦争になれば膨大な投資が回収出来なくなる
ヨーロッパの戦局はドイツに有利だった
多くの企業がドイツとの取引を続けた


ドイツにあるフォードの子会社は、ドイツ軍の軍用トラックの1/4を製造した



1938.7.30 フォードは75歳の誕生日にナチスドイツから勲章まで授与された



ナチスのユダヤ人迫害に使われたのは、アメリカ企業IBMが開発した「パンチカードシステム」
これが大量のユダヤ人の管理・輸送を可能にした
子会社によって数千台のマシンが販売され、毎年15億枚のカードが納入された



 


1941~1945 独ソ戦

 

1941.6 戦争は新たな局面に入る
ヒトラーは独ソ不可侵条約を破り、300万のドイツ軍をソ連に侵攻させた
戦争の準備をしていなかったソ連軍は総崩れになった


1941.11.7 モスクワ 赤の広場
スターリンは徹底交戦を命じる

 

共産党書記長スターリン:
すべての国民が陸海軍を支えて、ナチスの大群を叩き潰すのだ
我々の人的資源は無尽蔵だ

(政治屋や軍人がみんなこぞって使う“我々”って誰のことだろう

ヒトラーは本来の敵「共産主義」についに牙を剥いた

ヒトラーから将軍らへの言葉:
ロシアでの任務は、赤軍(ソ連の軍隊)の粉砕と国家の解体だ
これは絶滅戦争だ
絶滅させなければ、30年もすれば共産主義は再びよみがえるだろう



ヒトラーのソ連への攻撃は苛烈を究めた
革命の英雄レーニンの名を冠する町レニングラード(現サンクトペテルブルク)で悲劇が起きる
街はドイツ軍に900日間にわたり封鎖され、食料・燃料が尽き、激しい飢えと寒さが人々を襲う
犠牲者は100万人以上 その8割は餓死者

 

封鎖が始まったこの街で作曲を続ける音楽家ドミートリ・ショスタコーヴィチ
戦火の中で書き続けたのは、ファシズムとの戦いをテーマにした交響曲



交響曲第7番レニングラード
この曲は封鎖に耐える市民に捧げられ、♪レニングラード交響曲 と呼ばれるようになる

ショスタコーヴィチのラジオ演説:
激しい戦闘が続くレニングラードからお伝えしています
この街で私たちはまだ生きている
そのことを伝えるためにお話しています

兵士慰問コンサート



初演はラジオで全国に放送され、その後、多くの音楽家によってソ連各地で演奏された
ショスタコーヴィチはこの曲にもう1つの意味を密かにこめていた
自らの国、ソ連の指導者に向けたものだった


<ソ連軍が撮影した敵前逃亡兵の野営裁判>

 

戦場から逃げ出す兵士は味方から銃撃され、敵に投降すれば故郷の家族が逮捕された
ソヴィエトもまた恐怖が支配する国家だった



ショスタコーヴィチ:
ファシズムは単にナチズムを意味するものではない
この音楽は、恐怖、屈辱、魂の束縛を語っているのです
♪交響曲第7番 はナチズムだけでなく、今のソヴィエトの体制を含むファシズムを描いたのです



1941 断末魔のファシズム

1941.12.8(日本時間)真珠湾攻撃

 

アメリカ太平洋艦隊は戦艦4隻が撃沈される大打撃を受けた
アメリカの反戦ムードは一変 若者は我先にと軍に志願した



ドイツとの戦いに反対していた人々も、日本との戦争にはすすんで協力した
フォードは世界最大の生産ラインをもつ軍需工場を造り、8600機の爆撃機を製造

 

ドイツ支持のリーダー的存在のリンドバーグを爆撃機開発の顧問に迎えた
日米の戦いが始まると、ドイツもすぐにアメリカに宣戦布告
ヨーロッパとアジアのでの戦いが結びつき、世界全面戦争に突入



アメリカ社会のナチス支持の機運は一気に消し飛び、女性たちも軍需工場で働くことを自ら志願した



ディズニー社は当時プロパガンダ映画をつくっている(これはもう最後だな!
ナチランドという街に暮らすドナルドダックが(なぜドナルド?)48時間シフトで砲弾を作らされる
独裁者を讃える放送を聞かされながら作業を続けるうちに精神に異常をきたしてしまうというストーリー

 


<モスクワ近郊>
日米開戦の頃、ソ連軍はドイツ軍に対し大反撃を開始

(スキーで出撃って! コメディ映画か?


それまで戦いを有利に進めていたドイツ軍は、厳しい冬の寒さに阻まれ
シベリアから到着したソ連の精鋭部隊に敗退を重ねる


1942.4.19 ヒトラー生誕記念前夜祭@ベルリン
巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラーがヴェートーヴェンの第九を指揮する
だが当のヒトラーは姿を現さなかった
合唱団は「すべての人々は兄弟となる」と歌い上げた

 


「アウシュビッツ強制収容所」



この頃、アウシュビッツ強制収容所では毒ガスによる大量虐殺が本格化した
収容者たちは合唱団を作り、生きるための支えを見出そうとしていた

(今頃、日本の保健所ではこんな感じに動物が毎日、虐殺されているのだろうか




「マンハッタン計画」と名づけられたプロジェクト

<アメリカ テネシー州>

 

アメリカは巨大な破壊力を持つ新兵器の開発に乗り出した
テネシー州の原野に突如築かれた巨大な町
最盛期には7万5000人が何を作っているかも知らされないままただ働いた

製造していたのは原子爆弾
ナチスの迫害を逃れたユダヤ人科学者も参加した

 


<ドイツ陸軍 兵器実験場>

 

ヒトラーの新型兵器の開発に戦局打開の望みを託した弾道ミサイル「V2ロケット」
ロケットで加速し、成層圏まで一気に上昇 数百km離れた標的に向かう革命的兵器だった
ロンドン、パリに向けて発射されたが、命中精度は低く、効果は限定的だった

(それて近くに落ちて爆発したり、そのまま倒れて爆発って、どれだけの金が失われたことか
 こうして何度も何度も実験を繰り返して、森林、動植物も失われ、ようやく大量殺人兵器が生まれるんだ


<ガダルカナル島の戦い>



太平洋の島々では、ドイツの同盟国、日本の兵士たちが圧倒的な物量を誇るアメリカ軍に追い詰められていた
(水木サンたちはここら辺にいたのか?


1943.9 イタリア降伏
ムッソリーニは処刑され、遺体はミラノの広場に吊るされた

 


1944.6.6 ノルマンディー上陸作戦
アメリカを中心とした連合軍がフランス ノルマンディーに上陸
15万人の兵士が投入された史上最大の上陸作戦
この戦いに敗れたドイツは、西からアメリカとイギリス、東からソ連の猛攻撃を受けた

 




1944.7.20 ドイツ 東プロイセンでヒトラー暗殺未遂事件が起きる
総統大本営が爆破された 幹部は死傷し、ヒトラーは難を逃れた
首謀者は、ドイツ軍の将校たち
暗殺計画の首謀者を裁く貴重な映像が残る

 

被告:忠誠心はもうありません
裁判官:忠誠心はないだと?

被告:総統が世界の歴史に果たした役割は、凶悪な犯罪者であると確信し・・・
裁判官:黙れ!

この被告はすぐに絞首刑になった
容疑者だけでなく、家族、親類まで600人以上が逮捕され、処刑された(!


1944.8.25 パリ解放
ついにドイツ軍は撤退




ナチス協力者に対するリンチ
4年間のヒトラーの支配は終わったが新たな憎しみが街を覆う
ドイツ兵と親しくしていた女性にも及んだ

 

パリ市民の日誌:
ある女性が連れて来られて髪を刈られた 人々は叫び声を上げていた
不幸な女性は口を開いた 「許してください もうしませんから」
表情はうつろだった

無害に見えた群衆が、人殺しをも厭わないほど乱暴な人たちになってしまった

 


<ソビエト連邦 クラスノダール(ドイツ軍から解放された直後の映像)>
ソ連でもナチス協力者が処刑された
処刑された人の多くは、スターリン体制に抵抗するためナチスに協力した者たちだった




1945.4~5 ベルリン攻防戦
ドイツ最後の牙城 ベルリンに向けて、ソ連軍の総攻撃が始まった
白旗をあげた市民は、ナチスに裏切り者とみなされ、白旗をあげなければ、ソ連兵に殺された
半月におよぶ攻防戦で15万人以上が犠牲となった

 


<総統官邸 地下壕の入り口>

 

ヒトラーは地下壕にこもって指揮をとった その様子を秘書が見ていた

ヒトラーの秘書 トラウデル・ユンゲ:
ヒトラーはいつも戦場から目を背けていました
暗くなってから行動し、クルマはあまり破壊されていない道を選んだ
彼は自分の目で戦争を決して見ようとしませんでした



陥落寸前のベルリンにエヴァ・ブラウンがやって来た
4.28 ヒトラーは地下壕でエヴァと結婚式を挙げた
その2日後、2人は命を絶った



ヒトラーが死の直前に秘書にのこした言葉:
ナチズムは壊滅した もう終わりだ
その思想は私とともに消滅する

だがもしかしたら100年ほど後には、新たな思想が生まれるだろう
宗教のように新たなナチズムが誕生するだろう


(2045年か あと30年後


1945.5.7 ドイツ降伏

1945.8.6 広島に原爆投下



1945.8.9 長崎に原爆投下



1945.9.2 第二次世界大戦終結

 

 


ヒトラーは死してなお戦後の世界に新たな戦争の種子を植えつけていた

1945.10 兵器展示会@アメリカ
アメリカは、ドイツや日本から押収した兵器を展示
兵器だけでなく、アメリカは1000人以上のドイツの科学者を連れ帰った

 

 

アメリカがノドから手が出るほど欲しかったヒトラーのV2ロケットの技術
この技術からアメリカは大陸間弾道ミサイルを開発した



ソ連もV2ロケットを狙い、大陸間弾道ミサイルの開発
ソ連は6000人以上のドイツ人を雇った



核をこのミサイルに搭載し、敵を恐怖に陥れる 両国は同じことを考えた
アメリカとソ連は、ヒトラーの遺産を利用して「冷戦」を続けることになる

(いくら土地が広いからって、こんなに実験して、この土地は今どうなってるんだ?

 

独裁者の脅威を押し留められなかった世界を1本のフィルムが残している
ドイツ ブーヘンヴァルト強制収容所を連合軍が解放した時の映像

ユダヤ人、政治犯など5万人以上がここで犠牲となった
連合軍はこの場所をドイツ人にも見せないといけないと考えた

 

連合国軍最高司令官アイゼンハワー:
収容所は、私自身も見なければならないと思った
将来、この酷い行いが、ありもしないでっちあげだと言う人たちが現れた時
自分がこの目で見た証拠を伝え残すためにも



ドイツ人が見学させられる映像も残っている

 

(戦争によって、今の西洋医学が進んだようなものだな
 大量の死体の解剖、悲惨な怪我人を研究し、あらゆる拷問によって

従軍カメラマン マーガレット・バーク=ホワイト:
女性は気を失い、男性は顔を背け、「知らなかったんだ」という声が人々からあがった



すると、解放された収容者たちは怒りをあらわにこう叫んだ

「いいや、あなたたちは知っていた」






その直後の番宣がこれだった

 




***

以前読んだ『神との対話』という本に「ヒトラーも天国に行った」と書いてあったのは
ショッキングだったけれども、なんだか納得した

彼は、これ以上ない悲劇を私たちに見せるという役目を負って産まれてきたんだ
そして、天上には、悲しみも、差別も、恨みもない、ただただ愛の世界がある

私たちは、彼が示したくれたこの世でもっともおぞましい世界を見て、
「もうこんなことは二度とごめんだ」と学んだはずなのに

空蝉の修行の場である現世では、まだまだ金を巡って、いつまでも争い、差別、暴力が続いている
それぞれの「正義」の名のもとに

地球上に住むヒトすべてが「もうたくさんだ」と言わないかぎり続くのだろう


※「神との対話シリーズ」、『アミ小さな宇宙人』』シリーズは「読書感想メモリスト2」参照


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

topics~ごはんを愛するすべての人へ。@ごはん残し撲滅委員会

2017-10-18 10:24:10 | テレビ
朝ドラ「わろてんか」


濱田岳さんは、ここでも安定の演技力
幼い頃から口減らしに奉公に来て、主人に怒られた時
てんが「風太は私の弟だ!」と言って回ってかばってくれたくれた話は泣けた

 

高橋一生さんも早速出てきて、悪党を追い払い「大丈夫ですか?」て少女マンガ?

 



で、松坂桃李くんとはぶつかって再会ってやっぱり少女マンガ???


高橋一生 メガネベストドレッサー受賞も「視力は2.0」 俳優として「メガネは表情の一つ」
「文化界部門」ではクドカンまで!驚

 

「ZIP!」のインタビューでは、メガネが大好きで15本くらい持ってると話してた

 

アナ:こういうメガネ女子ステキだなというものは?
高橋:大きめなフレームはステキだなと思います


蒼井優×阿部サダヲが釜山国際映画祭レッドカーペットに登場

 

 
「レッドカーペットを歩いたことがないんで
 大阪の商店街にカーペット敷いて、キャンペーンで歩いたことはありますけど」


DJみそしるとMCごはん 『わたし、ごはん r.t.m. SHINCO(スチャダラパー)』



ダイエットなどで捨てられるご飯の気持ちを歌った
1粒1粒の本物の米粒に手描きでイラストを描いたとか/驚
歌ってるコは『びじゅチューン!』にもたまに出てたの見たことある



「まずい給食」今週限り、業者が町に中止を通告
大量に捨てられたご飯も泣いてるな




雑貨店「WEGO1.3.5...」@原宿竹下通り店




藤城清治さん関連の喫茶店の話はどうなったんだろう?

ラビカフェ@東京都大田区北千束
プレオープンは、8月9日(水)を予定

【急募】ラ・ビーカフェ スタッフ採用情報

店名や、洗足になってたり情報がまちまち


「メルカリ」本人確認強化

 



フィギュアスケート 東京オリンピック 女子2枠争い 誰になる?

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加