翁の“ガハハ”な山家暮らし

山家に放念で暮らす翁。田舎暮らしの“ガハハ”なエピソードとその珍問答、ニンマリしていただけたら嬉しいわ。(放念の翁)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆健康のバランスを◆   3716

2017-07-25 16:41:44 | ブログ

さん、こんにちわ、わあ、お庭の草を綺麗にしましたね。暑いのによくやりますね、ホホホホ。先週、姥桜会で赤城山(群馬)の黒檜山と駒ヶ岳に登ってきました。大沼まで車で、そこからの標高差が550メートルほどでしたし、距離は約5キロ、休み休みで3時間40分ほどで覚満淵まで下りてきまして。トレッキングコースにもなっていて、皆さんが元気で踏破が出来まして、ハハハハ』

あ、百合さん、暑いな、婆さんの体調管理に夜中もエアコンだわ、ハハハハ。赤城山に登ってきた?、標高も1800メートルになると、暑くはなかろうね?、最高気温が22度?、そうかね。今度歩いたルートは、環境省の関東ふれあいの道のようで、本格の登山道ではなさそうだね。でも平均年齢が77歳の熟女の皆さんだからな。今日は婆さんはディサービスなので、デパートの丸善(書店)に行こうと思って』

   =========

子さんのご主人が送り迎えを、私たちが山登りの間に、吹割の滝に行ってきたようで、ホホホホ。1時頃に駐車場に戻りまして、赤城神社の参道でお蕎麦を食べまして、富士見温泉で汗を流してきましてね、余裕の登山でした、ホホホホ。・・・・丸善は本を何冊か持ち出して、館内のレストランで読書が出来るとか?、ゆっくりと本が選べますね。詰め碁の本を??、確か碁はアマの有段者ですよね』

の頃は安易に銭を出して、管理された施設で遊ぶ機会が多いようだが、自分たちで考え大自然で行動をすることは素晴らしいわ、ハハハハ。スナップを貰って、今度は赤城山の油絵を描くかな。先日描いた妙義山は、弘子さんがどうしても欲しいって。旦那の三郎さんには世話にもなり、ソバ粉や小麦粉、漬け物などを頂戴もしているからお礼?に。問題は恥を晒すことで。赤城山を描いたら百合さんが欲しい、参ったな』

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき==老後は心を老けさせない思考が大事、「私は年寄りですから」では変身は出来ないわ、ガハハハ==放念の翁

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ◆蓑笠着て鍬持って◆   3... | トップ | ◆四季と暦の暮らし◆   3... »

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事