類塾・類農園★自然体験学習教室の広場★

自然いっぱい!仲間もいっぱい!
本物の農業体験から、実践的な【生きる力】を育みます!
こどもの成長ぶりを紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かみなか長期合宿2015~2・3日目(8/10・11)の様子♪③~男子3班・女子3班の農山漁村民泊☆

2015年08月25日 | かみなか長期合宿

【シリーズ】かみなか長期合宿2015~2・3日目(8/10・11)の様子♪です

最後に、このページでは、男子3班と女子3班の民泊体験をご紹介します

 

男子3班

いよいよ農村民泊に出発です

男子3班が向かった先は、若狭町で一番高い山、三十三間山のふもとにある「三十三間山文庫」です

 

どこまでも続くような田園風景をバスからパシャリ

 

さっそく「羊かんづくり」に挑戦です

    

美味しくできたでしょうか

ハンモックに揺られて一休み...

   

続いて農業体験です

ここでは、前投稿でお伝えしたように、男子2班と合流しました

男子2班を受け入れて下さっている「若狭きちべ」の五十嵐夫妻から耕運機の使い方を学びました

    

そのあと、いっしょに「三十三(みそみ)地区」の長老会に出席しました

  

貴重なお話が聞けたでしょうか

 

午後からは、三十三間山に少し踏み入って、山・川で遊びました

 

    

豊かな水量ですね

夕食もみんなで準備します

   

夜は花火とインタビュー

 

翌朝、NPO法人「里豊夢わかさ」さんのもとに農業を学びに行きました

  

ここでは実際に、薪割り、伐採体験をさせてもらいました

       

前田さんから、

 「山が汚れたら川や海が汚れる,それが私がきこりになった理由です」

という、森林の環境保全に対する想いを学びました

  

この日の活動は、中日新聞さんによって取材され,翌朝の朝刊に掲載されました

男子3班は、若狭町の「山林」を満喫できたようですね

 

女子3班

女子3班が向かったのは、滋賀県と福井県の県境若狭町の南の入り口である宿場街道「熊川宿」です

重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)であり、また、今年日本初の「日本遺産」に認定されたことでも有名なこの宿場町は、

空の青さと山の緑、街道筋の土の色が本当に美しいところです

       

宿場のなかには伝統工芸品がたくさん...

    

そんな環境で、伝統食品である「熊川くず振興会」の方からお話をうかがいました

      

実際に食べてみた感想は...

味がしなかったそうです

この日の活動は、福井新聞さんによって取材され,翌朝の朝刊に掲載されました

陶芸体験もさせてもらいました

   

この地区は「陶の灯り」という夏の風物詩があります

  

みんな夢中になって陶芸をしているようです

夜はみんなで夕食準備...

なんと、手作りでお豆腐を作りました

    

お料理といえば...

翌日には、くずまんじゅうも手作りしました

  

類塾生のために、地元「熊川小学校」のみなさんが、

熊川宿の歴史や伝統を語りに来てくれました

    

「熊川宿の小さな語り部」さんたちのお話はとっても貴重でしたね

このあと、みんなで手作りくず饅頭を美味しくいただいたそうです

女子3班は、若狭町の伝統的な町並みを堪能できたようです

                              

男子3班・女子3班はここでおしまい

どの班も、各地区・体験先ごとに、色とりどりの活動をし、様々な体験ができました

3日目、お昼に農楽舎に帰ってきてから、いよいよ広報誌作成です

【シリーズ】かみなか長期合宿2015~3・4日目(8/11・12)の様子♪に続きます

お楽しみに...

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« かみなか長期合宿2015~... | トップ | かみなか長期合宿2015~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かみなか長期合宿」カテゴリの最新記事