職案人

求職・歴史・仏教などについて掲載するつもりだが、自分の思いつきが多いブログだよ。適当に付き合って下さい。

メモ帳

2019年08月14日 | VB
メモ帳の作り方


【開発環境】
os:Windows 10
IDE(統合開発環境):VisualStudio 2017
言語;VB

【参考書】
株式会社秀和システム「作って覚えるVisualBasic2017」
著者:萩原 博之/宮崎 昭世

Windows.Forms.✗✗はVisualStudio 2012以降廃止になった

【メモ帳を作る】
イメージ


1.画面デザイン
ⅰ)パーツの配置
「Label」を2つ、「TextBox」を2つ、ColorDialogを貼る


ⅱ)プロパティを設定する
Label1.text = 今日
Label1.Font = MS 明朝 12pt


ⅲ)TextBox1タスクのMulutLineプロパティにチェックを入れる

TextBox1.Dock = full
TextBox1.backcolor=255,192,255


Label1.text = 明日
Label1.Font = MS 明朝 12pt

TextBox2タスクのMulutLineプロパティにチェックを入れる
TextBox.Dock = Bottom
TextBox1.backcolor =128, 255,255

ⅳ)各パーツの順序
ツールを右クリックすると表示位置が現れるので、「最前」か、「最背」かを選ぶ


ⅴ)Formプロパティの設定
・タイトルバー消す

FormプロパティのFormBorderStyleを「None」に変更する


・半透明にする
Opacity=60%

・最上位に表示させる
TopMost=True
・(Name)プロパティをFormFusenに変更

ⅵ)ColorDialogの設定
・(Name)プロパティをColorDialgFusenに変更する


【コーディング】
ⅰ)まずForm1-1.vbをクリックして
Public Class FormFusen

End Class
を確認する。
ⅱ)イベントのコードを書く
TextBoxのKeyDownイベントをクリックする


イベントハンドラが表示される
Public Class FormFusen
Private Sub TextBox1_KeyDown(sender As Object, e As KeyEventArgs) Handles TextBox1.KeyDown

End Sub

End Class

【実際のイベントハンドラのコーディング】
Public Class FormFusen
Private MouseX As Integer 'マウスの横位置(X座標)
Private MouseY As Integer 'マウスの縦位置(Y座標)

'テキストボックス1にキーボードから文字を入力した時
Private Sub TextBox1_KeyDown(sender As Object, e As KeyEventArgs) Handles TextBox1.KeyDown
'<判定>押されたキーがエスケープキー?
If (e.KeyCode = Keys.Escape) Then
'「yes」の場合
'アプリケーションを終了
Me.Close()
End If

End Sub

'テキストボックス1をマウスでクリックした時
Private Sub TextBox1_MouseDown(sender As Object, e As MouseEventArgs) Handles TextBox1.MouseDown
'<判定>押されたキーがマウスの左ボタン?
If (e.Button = MouseButtons.Left) Then
'「yes」の場合
Me.MouseX = e.X 'マウスの横位置(X座標)を記憶
Me.MouseX = e.Y 'マウスの縦位置(Y座標)を記憶
End If
End Sub

'テキサスボックス1でクリックしたマウスを移動させた時
Private Sub TextBox1_MouseMove(sender As Object, e As MouseEventArgs) Handles TextBox1.MouseMove
'<判定>押されたキーがマウスの左ボタン?
If (e.Button = MouseButtons.Left) Then
'「yes」の場合
Me.Left = Me.Left + e.X - MouseX 'フォームの横位置を更新
Me.Top = Me.Top + e.Y - MouseY 'フォームの縦位置を更新
End If
End Sub

'テキストボックス1をマウスでダブルクリックした時
Private Sub TextBox1_MouseDoubleClick(sender As Object, e As MouseEventArgs) Handles TextBox1.MouseDoubleClick
'色の設定ダイアログを表示する
ColorDialogFusen.ShowDialog()
'テキストボックスの背景色を色の設定ダイアログで選んだ色に設定する
TextBox1.BackColor = ColorDialogFusen.Color
End Sub

'テキストボックス2をマウスでダブルクリックした時
Private Sub TextBox2_MouseDoubleClick(sender As Object, e As MouseEventArgs) Handles TextBox2.MouseDoubleClick
'色の設定ダイアログを表示する
ColorDialogFusen.ShowDialog()
'テキストボックスの背景色を色の設定ダイアログで選んだ色に設定する
TextBox2.BackColor = ColorDialogFusen.Color
End Sub
End Class


◆画面デザインの変更
ラベルの所にテキストの文字が隠れる為、2つラベルをTextBox1にドッキングした
Label1.Dock = Top
Label2.Dock = Bottom
に変更



【実行】


①停止は「Esc」キーを押す
②移動はテキストのマウスで左クリックしたまま移動する
③色を変えたい問はテキストをWクリックする





コメント   この記事についてブログを書く
« ヨーロッパの歴史・経済-中世... | トップ | カラス占い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

VB」カテゴリの最新記事