ポジティブ回路

「楽しく生きること」が人生の目標。いかにモチベーションを上げるかを日々追求する、ポジティブ人間の足跡。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vine Linux 4.1 Apache2.2で日本語ファイル名を扱う

2007年04月19日 | UNIX・LINUXメモ
Vine Linux 4.1 Apache2.2で日本語ファイル名を扱う

WebDAV Resources JP(http://webdav.todo.gr.jp/)
のdownloadメニューから以下の2つをダウンロード

mod_encoding-20021209.tar.gz
mod_encoding.c.apache2.20040616

ファイルを展開する
# tar zxfv mod_encoding-20021209.tar.gz
# cp mod_encoding.c.apache2.20040616 mod_encoding-20021209/mod_encoding.c


まず、iconv_hookのインストール

# cd mod_encoding-20021209/lib
# ./configure
# make
# make install

これで、iconv_hook ライブラリが
/usr/local/lib にインストールされる


/etc/ld.so.confに
/usr/local/lib を追記してから
#/sbin/ldconfig でライブラリを更新する

次にmod_encoding のインストール

パッチが公開されているのでダウンロード
#wget http://www.aconus.com/~oyaji/faq/mod_encoding.c-apache2.2-20060520.patch

#cd mod_encoding-20021209/
#patch -p0 <mod_encoding.c-apache2.2-20060520.patch #./configure --with-apxs=/usr/bin/apxs --with-iconv-hook=/usr/local/include

#make

# gcc -shared -o mod_encoding.so mod_encoding.o
-Wc,-Wall -L/usr/local/lib -Llib -liconv_hook
# cp mod_encoding.so /etc/apache2/modules/


モジュールの組み込みは、
/etc/apache2/conf/httpd.conf の適当な場所に

-----------ここから-----------

LoadModule encoding_module modules/mod_encoding.so

<IfModule mod_encoding.c>
EncodingEngine on
SetServerEncoding EUC-JP
DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS
AddClientEncoding UTF-8 "Mozilla .* Linux"
</IfModule>

----------ここまで------------

を追加して、Webサーバーを再起動

/etc/rc.d/init.d/apache2 restart

##########################################

Firefoxのurlエンコードを常にUTF-8に固定する方法

アドレス入力に
about:config と打つ

そうすると、Firefoxの設定画面が現れる。

network.standard-url.encode-utf8 を クリックして
true に変更すると

常にUTF-8でエンコードされるみたいです。

以上で、日本語を含むURLにアクセスすることが出来ます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Vine Linux 4.1 sambaのイン... | トップ | CTWMのカスタマイズ ctwmrc »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

UNIX・LINUXメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事