【脱原発解散を怖がるへタレ自民!?】自民、首相問責8月に先送り 脱原発の争点化避ける狙い

2011-06-30 06:08:41 | Weblog

菅内閣の脱原発解散の可能性について。- 2011.06.28

asahi.com(朝日新聞社):自民、首相問責8月に先送り 脱原発の争点化避ける狙い - 政治

>自民党は、菅直人首相への問責決議案を参院に提出するかどうかの判断を8月末まで延長した今国会の終盤まで先送りする方針を固めた。首相が執着する再生可 能エネルギー特別措置法案(再生エネ法案)の審議にも応じる考えだ。首相がエネルギー政策を争点にした衆院解散・総選挙をちらつかせたことを受け、「脱原 発」の争点化を避ける思惑がある。



やはり、自民はかなり「脱原発解散」を恐れているようですね。

ならば、イケイケで解散までやって欲しいかなとも思いますが、被災者救援に全力で取り組むべきですね。

まあ、これで再生可能エネルギー法案は通る可能性が高くなってきたという事でしょうか。

だいたい、自民が2次補正とおすために国会やれと菅を批判してきたわけで、ここにきて審議拒否とか先延ばし戦術を取る自民の姿勢ってのが許せないというか、国民に理解されませんよ。

何よりも被災者救済に全力で取り組むべきです。

 

 

(Podcast)ぽぽんぷぐにゃんラジオ 2011年6月29日(水)

コメント   この記事についてブログを書く
« 【重要な決断の前ぶれか!?】... | トップ | 【でんき予報は大ウソでした!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事