日常綴り

愛犬しゃぼん、愛娘かのこの成長記録を中心に
日々のもろもろを書いていきたい私の日常綴り。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瓶花 下垂型 洋種やまごぼう 菊 ススキ

2016-09-28 16:21:26 | 生け花
久々の瓶花。先生が枝を見て、下垂型ですね。



下垂型は、ほどんとやったことがないので、挑戦。
基本は、傾斜と同じですが、主枝が、かなり下向き。130度。
客枝が、副枝と同じ長さ。ちょっと上向き。



写真では、あまりきれいに見えませんが、実物はよい出来だったと思いました。
とにかく主枝の線がきれいだったので。

客枝は、本当はもっと背を高くしないといけなかったのですが、
植木鉢の菊なので、これが最長に使える長さ。竹串で足をつけ、少しだけでも高さを加えました。
中間枝をすべてヤマゴボウにするとしつこくなるので、ススキも混ぜてみました。




主枝の留め方、すっかり忘れていました。
主枝の下に切れ目を入れ、横木をかませ、その横木を臺の口の下で留める。
役枝と臺の接点。前に見たような気がする。。。。忘れていることが多すぎる。



コメント

様式本位 写景 近景 四季  サンセベリア カランコエ

2016-09-27 14:06:11 | 生け花
写景 に(四季)と言うものがあり、季節に関係なく生けられるそうです。
今回はとても南国風な作品です。



サンセベリアは葉の形がとても美しいです。

様式本位なので、規則はいろいろ決まっています。
サンセベリヤの葉っぱはへこんでいる方葉っぱどうし向き合うように(英語では、出ているほうが、オス、へこんでいる方がオンナ)行けます。
葉の先を見ると、男か女違いが分かります。







コメント

並ぶ型 金魚草 ひまわり 小菊 緑???

2016-09-07 16:19:40 | 生け花
夏休みも終わり、少しずつ元の生活のリズムがつかめてきました。
今日は何カ月ぶりでしょうか、お花のお稽古に行ってきました。

剣山の位置がまた変わったようです。
主枝剣山は後ろ、挿点も後ろ。副枝と主枝の剣山は前方だが、少しずらして。
横からみて、役枝の間に隙間ができるように。挿点は、前の方に。





9月にも入っているので、もう少し秋らしい花材を選べばよかったのですが、なぜかひまわりに惹かれてしまい・・・・

ひまわりは、はやり花が大きく重いので、短めに使っても思った位置に留まってくれませんでした。茎を角度をつけずにちゃんと平たく切ると、
やっとまとまりました。両脇の緑は、ねかさなくてもよく、葉の動き、美しさが見えるよう、立てて生けています。



コメント