歴史の伝言

温故知新、過去に振り返り未来に望む・歴史は現代に忘れたものを示してくれる。

『歴史の時々変遷』(全361回)317“文化の大火”「文化の大火」文化3年3月4日(1806)に江戸で発生した大火。明暦の大火、明和の

2018-02-10 07:08:38 | 歴史回想

『歴史の時々変遷』(全361回)317“文化の大火”「文化の大火」文化3年3月4日(1806)に江戸で発生した大火。明暦の大火、明和の大火と共に江戸三大大火の一つといわれる。丙寅の年に出火したため、丙寅の大火とも呼ばれる。通称車町火事・牛町火事。出火元は芝・車町(現在の港区高輪2丁目)の材木座付近。午前10時頃に発生した火は、薩摩藩上屋敷(現在の芝公園)・増上寺五重塔を全焼。折しも西南の強風にあおられて木挽町・数寄屋橋に飛び火し、そこから京橋・日本橋の殆どを焼失。更に火勢は止むことなく、神田、浅草方面まで燃え広がった。翌5日の降雨によって鎮火したものの、延焼面積は下町を中心に530町に及び、焼失家屋は12万6000戸、死者は1200人を超えたと言われる。このため町奉行所では、被災者のために江戸8か所に御救小屋を建て炊き出しを始め、11万人以上の被災者に御救米銭(支援金)を与えた。この大火のため大相撲の文化3年2月場所は5日目で中断に追い込まれている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「平安京物語」87“宇治川の... | トップ | 『江戸泰平の群像』57・沢... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史回想」カテゴリの最新記事