歴史の伝言

温故知新、過去に振り返り未来に望む・歴史は現代に忘れたものを示してくれる。

淡路島七福神めぐり・大黒天・八浄寺・大黒さんは「福労」と呼ばれ、苦労をいとわず積み重ねるために「ふくろ」でっす。大黒さんの「打ち出の小槌」

2018-05-17 04:22:12 | 歴史回想

淡路島七福神めぐり・大黒天・八浄寺・大黒さんは「福労」と呼ばれ、苦労をいとわず積み重ねるために「ふくろ」でっす。大黒さんの「打ち出の小槌」“怠け者の心”“弱い心”邪悪な心“打ち出の小槌を振って払い払います。八浄寺の由来は応永年間(1395~)に心了法師によって阿弥陀仏如来を造立に始まる。延宝年間に盛奝上人によって再興され、隣接する八幡神社別当寺と合併し八浄寺と改称されて秘仏開運大黒天と不動明王の霊示によって拡大され親しまれて今日に至る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「史跡探訪」白龍上野城(う... | トップ | 「大阪古社寺探訪」難波八阪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史回想」カテゴリの最新記事