高齢オーディオマニアのしくじり日記

69歳の高齢親父のオーディオ日記です。
オーディオ以外のことも時々書きます。
よろしくお願いします。

オフ会報告 Kin-ya邸

2017年10月19日 21時18分41秒 | オーディオ
10月9日Kin-ya邸に
高額アンプが自宅試聴用に借りれたということで
早速教授さんと一緒にお伺いしました。





オーディオ店から借りれたのは AYREのフラッグシップ パワーアンプ
MX-R Twentyです。
価格は 驚きの496福沢であります。
今使用しているクレルのパワーアンプが修理中だというのと
今度購入したいのは重量が30キロ未満で
手軽に運べるのが希望ということで
このアンプを借りてみたそうです。
ちなみにこのアンプはモノで1台が23kgです。




胸をドキドキしながら早速聴かせて頂きました。
非常にさっぱりした音で現代風な鳴り方をします。

以前聴いたクレルのアンプとは濃厚さが違います。
非常に繊細な音作りで小編成のオーケストラとか
アンサンブル デュオ ソロ楽器なんかにはいいかと
思いますが
フルオーケストラ JAZZのゴリッとした音には
向いていないのかもしれません。
ウイルソンオーディオ ソフィアでも低音が出なくなりました。
沈み込むような低音は無理かもしれません。
もしこのアンプを使用するならプリアンプを
他のメーカーにするといいかもしれません。




この出てくる音は以前大阪ハイエンドオーディオショーで
アクシスのブースで聴いた音ですね。

色々なジャンルの音を聴かせて頂きましたが
正直私好みの音ではありませんでした。

以前スピーカー探しの旅で東京のオーディオ店で
ヒジヤンさんと二人でB&W802Dを聴かせて頂いた時に
使用していたのがG製品のアンプでした。
そん時に出てくる音が薄くて軽い音だったので
アンプを変更してもらったことを思い出しました。

いくら高額なアンプでも
自分が使用している機器との相性
好みの音 聴きたいジャンルの音楽なんかで
安いアンプの方がいい場合も結構ありますね。

本当にオーディオは難しいと痛感しました。

(今回のオフ会で思ったこと)

1.雑誌なんかでベストバイで選ばれた商品が自分のシステムに合うかどうかは分からない
2.高額商品が絶対いいとは言い切れない
3.もし可能であれば使用している人の処で聴かせて頂いて判断する
3.オーディオ店で勧められてもすぐに判断しない
4.機器を変更したら音は絶対に変わる。それがいい音かどうか的確に判断できるか
  出来なければ友人と一緒に聴きに行って意見を聞く
5.音が変わるのを音が良くなったと勘違いしない

私の今まで色々なことを経験して痛い目にも何度も遭いました。(殆どがブログに書いていません)
機器選定するときは自分一人で判断せずに数人で判断するのが一番いいと思います。(大汗)

最近ではオーディオ機器(重量物)を運んでくれる宅配業者が
少なくなりました。
少しでも軽い機器を希望するKin-yaさんの気持ちがよく分かります。
しかし軽い機器でいい音がするのは、なかなか無いですね。

Kin-yaさん 色々と有り難うございました。
お疲れ様でした。
コメント (2)