カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

聖火が町にやって来た

2021-05-06 15:27:47 | 日常あれこれ

 資源ゴミ(プラスチック)を出す日だったので、集積所までちょっくら。

 プラゴミは好きだ。

 軽いのがいい。

 指先一本で運べる。

 ついでに新聞受けを見るが、今日は休刊日だったと思い出す。

 表通りの方を見ると、まだ7時ちょっとなのに、もう交通統制の人達が何人もウロウロ。

 昨日から、オリンピックの聖火が県の南部を走って、今日から北部を走る予定。

 今日の第一走者は、我が町の文化会館をスタートし、我が家の50mばかり先を走って、200mくらい先がゴール地点。

 9時ちょっと過ぎにスタートするので、それにあわせて通りに出ると、もう結構な人出。

 

 (ゴール付近)

 望遠で写しているので、見た目より人と人の間隔は取られているはず(と思いたい)。

 赤いタオルマフラーを首から提げている人達が多い。

 間隔2m、マスク着用、声を出して応援しない、などなどの統制があって、とても静か。

 

 やがて反対側から、パトカーの先導でなにやら近づいてくる。

 あの車の後方を、聖火ランナーが走ってくるのかな?などと思って見つめる。

 

 車が隊列をなして、次次とやってくる。

 つぎつぎと、そして次次と。

 ほとんど関東地方のナンバー。

 

 メインスポンサーに名を連ねるのだろう、とにかくつぎつぎと元気な若人や、マイクの音量をやや抑え気味の明るい声などが続く。

 コースの長さと、隊列の長さがほぼ等しいのでは?と思うほどで、先頭はとっくにゴールに到着。

 それでも、まだまだ景気づけの列は続く。

 タオルマフラーや、清涼飲料水や、扇子を配ったりしながら・・・。

 

 大きな車の直ぐ後にランナーが居て、聖火はまともに写せなかった。

 静止画を写しつつ、動画を写しつつなどと余計なことをしたばっかりに肝心の聖火は疎かに。

 

 なんということだ。

 気がついたときは、後ろ姿だった。

 私の日頃のウオーキング程度の速度なのに・・・。

 歩道沿をついて歩く人達に、「走って先に行かないで下さい。歩いて横をついていかないで・・・」などとマイクの声が・・。

 空ではヘリが、これまたホバリングかと思う程の速度で飛んでいる。

 車列もヘリも、県北の主要な地震・水害等の災害地を引き続き回るのだろう。

 

 で、私の手元にも赤いタオルマフラーと、カメラで写している最中にパレート中の女性が持たせてくれた清涼飲料水が残っていた。

 清涼飲料水は、今日のウオーキングの後でいただくことにしよう。

 タオルマフラーは、せっかく熊本バージョンだから記念にとっておこう。

 おまけに、日付が去年の今日になっているのがいい。

 延期がなければ、予定通りに去年の今日は、ここを走っていた筈なのだ。

 ほろ苦い聖火リレーにも、ちょっとした楽しさはあるものだ。

 「逆風を回れ右して追い風に」・・・・しろ猫

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 鯉のぼりの歌 | トップ | 初夏のミニ菜園いろいろ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日常あれこれ」カテゴリの最新記事