カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

窓猫物語

2018-08-30 21:37:12 | 日常あれこれ
 網戸だけなら、簡単に開けることが出来るようになった隣の猫の姿を、最近見なかった。

 内側のガラス戸を閉められてしまったので、さすがにアタック出来なくなってしまったのだ。

 しかし、暑いし換気のためにと人間のちょっとした油断を見逃さないのが猫の猫たるゆえんである。

 

 例によって網戸を自分で開けて、外の様子を覗っている猫を発見。

 カメラを向けると気配に気づいて、こちらをじっと見ている。

 

 ただし、そこは2階の窓なので何度チャレンジしようとしても、高さに怯えて引っ込んでしまう。

 結構な高さがあるし、下は我が家との境界のブロック塀。

 おまけに隣家は家の周りを全部コンクリートで塗ってしまったので、落ちたらさぞ痛いことだろう。

 

 そこで猫君考えた。

 上には行けないのか?・・と。

 いろいろ試行錯誤の結果、無理と判るまで何度も立ち上がって背伸びをしてみる。

 とうとう駄目だった。

 というのが、本日の物語の「前半」で、夕方暗くなりかけた頃、庭の水やりを終わって家の中へ入ると、相方が「猫が1階の
窓から外に飛び出たけど見なかった?」という。

 え??見てない。

 何でも雨戸を閉めている最中に、猫が飛び出したのを目撃したのだという。

 なんと、物語は2部構成になっていて「後段」部分がはじまっていたのだ。

 そんな面白い話は早くしろよ、等と言いながら雨戸を少し開けて覗くと、確かにいつもは閉まっている1階の窓の内側のガラス戸が開いていて、網戸は猫の通過に支障のない程度に開いているのが見えた。

 さて、出かけた猫は、あの開けておいた網戸の窓から帰るつもりか、それとも玄関で人間が出入りするのを待つつもりか、猫に聞いてみたいと思うのだが何処に行ったか付近に猫の姿は見えない。

 猫の脱走も計画的とまでは言わないが、人のちょっとした油断を見逃さないその注意力と、記憶力そして実行力に脱帽したい。

 こりゃ当分「猫の大脱走物語」は続きそうである。

 
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 有害外来動植物の駆除 | トップ | メモの意味判らぬままの加齢かな »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらあら。 (ソフィアの母)
2018-08-31 10:35:18
そういうことを、繰り返しているうちに、うちのソフィアは帰ってこなかったのですよ。

飼い主さんが泣く日のこないことを祈ります。

怪我したり病気をもらってきたりということもあるし。
そうなんですか (しろ猫)
2018-08-31 13:23:59
隣には真っ白な元からいる猫と、屋根の上で産まれた灰色のぶち兄弟の3匹がいるのですが、これは100%部屋にいて姿を見ることもまったくありません。ところが娘さんが連れて来たらしいこの猫だけが、以前の生活をしたいのかもしれませんね。窓を閉じても数日するとまた忘れて、人が開けてしまっているようですね。
2階の窓から外を覗いている程度がいいようですね。
一応隣りに注意喚起をしておきます。

コメントを投稿

日常あれこれ」カテゴリの最新記事