白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

魔女の棲む森

2012年01月23日 23時23分34秒 | カード情報(ブロック2)
地形カードが出ましたね。
魔女デックの隠れ里です。
魔女デックをサポートする地形ですが、
こういうカードは実際にはあまりデックに採用されませんよね。

効果はユニットすべてに弱点を付与するというもの。
まあ、あまり強いものではありませんよね。
+1は微妙な数字です。
実感として効果が感じられるかどうかが微妙。
+2くらいなら確実性があるんですが。

+1の弱点付与がどれだけ役に立つかというのは、
つまりこちらのダメージがあと1点届かない状況が
どのくらいあるかということと同義になります。
モンコレはダメージの累積がないですからね。
相手の防御力が3で、こちらのダメージが2点の効果ばかりだったり、
相手の防御力が5でこちらのダメージが4点のものばかり
みたいな状況でしか効果を実感できないということです。
だとしたら+1点程度の魔女の棲む森の効果があまり活躍するようだと
構築としてはまずいんですよね。
本来は、地形の効果に頼らずとも
ちゃんとダメージが届くようにデックを組んでおくべきです。
こちらの地形以外で戦うことのほうが実際は多いわけですからね。
ましてデックの英雄スカディは
一人居れば手札を捨てていくらでも弱点を重複させられます。
弱点の効果がカード1枚で完成しています。
それ以上の弱点付与はそれほど必要ではないはずです。
ならばあって損はないですけど
効果が実感として感じられる状況は少ないでしょう。

ダメージ効果は、環境的には6点に届くかどうかが一つの目安となります。
防御力7点以上で且つスペルやアイテムも使用できるというユニットは非常に稀ですので。
6点ダメージの対抗はオールマイティ対抗に近いと思って良い。
ですので1枠のダメージスペルが6点ダメージに届くくらいになるなら
戦術に組み入れられるのですが。
しかし+1では厳しいですね。
魔女の棲む森とソムナパンプキンで、デゥームバイトが4点になるくらいでしょうか。
4点は1枠のダメージとしては破格ですが、これで特別に有利が付く仮想敵は見えないです。

デックは(おそらくブロック2にもあるであろう)手札上限を増やす護法陣が優先で、
それでも地形カードを入れたい時に入れるカードでしょうから
どっちになってもあまり使われないでしょうか。

代理地形を張り替える能力は、
このタイプの地形カードで且つ羅生門のような効果が強いものでなければ
必須に近くなっていますね。
代理地形を不利にするということには成功していると思いますが、
護法陣くらいはどのデックでも必須になっているので
あまり確実性はないです。
そのうち地形とコンボするデックもでてくるでしょうから、
代理地形以外と張り替えが出来たら帰ってますいでしょうが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« クロスファイア | トップ | ウィーク・ポイント »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Q)
2012-01-24 10:23:05
あえて言わせてもらうと、GEには「防御力7点以上で且つスペルやアイテムも使用できるというユニット」が腐るほどいるんですよね。
ブロック対抗でGEv.s.モンコレになると、お互い全く違う価値観の勝負になることが多々あって困ったりしました。
Unknown (通りすがり)
2012-01-24 12:12:35
カード名は《魔女の棲む森》だったかと。

ブシロードのバランスだと、これでダメージ+1されるから射程が広がって強いよ、ではなく、
これがあるから標準を1点少なくするよ、とされそうなのが怖いところです。
Unknown (白鳩)
2012-01-24 15:38:23
基本的にはゴッドイーターに
防御力7以上のユニットは居ないはずですよ。
ただし装備品とタツミやレンの能力で
作ることはできますが。
まあ、そういった例はレアケースなので
構築段階ではあまり考慮しても仕方ないだろうということです。

カード名は読み違えていたようでした。
直しておきますね。

コメントを投稿

カード情報(ブロック2)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事