白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

大鋼蟲

2012年09月24日 11時02分55秒 | カード情報(銀嶺のリヒテルス)
これはまたすごい数字ですね。
8/7/7チャージディフェンダーが
相手に合わせて8/7/12チャージディフェンダーイニシアチブ-3にスイッチできる。

まず8/7/7チャージでフェンダーと言うだけで強い。
先攻時の攻撃力が14点。
防御力7点の歩行ユニットは止める手段が乏しい。
加えて攻撃力14点は防御力を上げる手段があっても良くてパーティが半壊する。
そこから防御力7点を倒せる反撃を捻出するのは難しい。

そして手札1枚を破棄すると防御力12点。
防御力12点は強い。
リミット8で防御力12点はそもそも撃破する手段が用意されていない場合がある。
リミット8で先攻時の攻撃力が12点以上に達するかどうかは
チャージ型デックであるかどうかの分かれ目。
届くデックには届くが、届かないデックにはどうしても届かない。
さらにダメージで殺すには20点ダメージを用意する必要がある。
つまり、先攻時の攻撃力が12点に届かない、
攻撃力を上げる対抗がない、
20点ダメージの効果が入っていない。
そういうデックだとこのユニット単体に詰む可能性がある。
しかしそういうデックはわりと少なくないんじゃないだろうか。

突撃竜などの20点ダメージ能力は有効な対策カードだが
イニシアチブは相手を見てから付けるかどうかを選択できるのが厄介で、
先攻時の攻撃力が高そうな相手には能力を使わない、
低そうな相手には能力を使う、と
状況に応じて変形することが出来る。
能力を使う場合と使わない場合、
どちらのパターンにも対応できるパーティを用意する必要がある。

地形カードの代償は若干支払い辛いが、それは構築によるだろう。
ジャイアントではなくラヴァーやロストワールドのほうが使いやすいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 氷の女王アリエスタ | トップ | キング・レミング »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キムスカ)
2012-09-24 15:41:29
頻度マークを三度見してしまいました。この手のデカイだけの枠無しはてっきりダイナソアだと思っていたので…。
Unknown (通りすがり)
2012-09-24 17:22:36
大砂蟲は☆でしたね...これでクラブか。

能力を使わないで後攻とったら一発で落ちますね。
毎回能力を使うわけにもいかないので、見極めるのがちょっと難しそう。
大砂蟲が適当に使ってもある程度仕事してくれるのに対して、こっちは玄人向けユニットかも知れない。
unknown (ゆ)
2012-09-24 20:38:09
相手が先行デック→チャージで死ぬ
相手が後攻デック→行動完了

これで極稀か…これそんなに評価できますか?
Unknown (Unknown)
2012-09-24 21:22:15
ツァンレンやギルマンのパンチには耐えられなさそうですね。
夢魔はラルヴァリリムで倒せるけど地形捨てなかったらイニシがどう転ぶか
ガトーの能力とかならともかく、大きな岩とか対抗を強いられればそれなりに美味しい…かとも思いますが
大型の用途である「消耗を強いる」という意味では使う側の地形コストが気になるような
まあ戦闘の結果に関わるスペルやアイテムの消耗と要らない地形の再利用では損害度合いが違いますが…
Unknown (白鳩)
2012-09-24 21:30:49
先攻時の単体の攻撃力が14点というのが
環境で最強のはずなので。
次点はシャドウドラゴンでしたっけ。
能力使わないで先攻取られたら止まらない。
能力は保険でしょう。

種族ウォームだとリチュアルのサポートがなさそうなのが
残念ですがそこは何か追加があるかも。

コメントを投稿

カード情報(銀嶺のリヒテルス)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事