白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

虹の雫の精霊

2020年01月25日 04時33分40秒 | カード情報(双星のシャンバラ)
聖属性が水属性になった。
リブ&ラブのデック特徴が属性コンボなので聖属性で収録することができなかったか。

宣言だけでパワーカウンターが貰える2/2/2ユニット。
パワーカウンターを得る目的で使うユニットなので水スペルはほぼないようなものか。
20Thに存在する属性を参照する効果はサークル呪文の他はアムピトリーテや路上誘拐団などわずか。
本領はシャンバラで収録されているカードに期待だ。

戦闘に参加するたびにパワーカウンターが1個ずつ増えていく。
ゴールデンサーモンのような制限もないのでパワーカウンターを大量に消費するデックが
組めるようになるだろう。
恩恵が大きいのはアラシャか。
絡みつく蔦を2回以上使用出来たら防御力+に加えて同時攻撃もなくなる。
防御力が10点以上なら前列に置いても生き残れるので
レベル6を前に、虹の雫の精霊を後列に配置することができる。

耐性5減付与もついでで付けていいような効果ではない。
絡みつく蔦で強化されたユニットにさらに耐性5減が付与されたら
あと戦闘スペルもう1枚くらいでプラズマボールの20点にも耐えられるようになる。

D環境ではパワーカウンターの獲得以上に耐性5減の効果がヤバい。
Deusの属性ダメージはファイアジャベリンの10点が最大。
属性ダメージでは死亡しなくなると同義の効果。
ククリやマーキュラーのように属性ダメージを持つユニットは攻撃力のほうは低めなので
属性ダメージが防げたらダメージ能力持ちのユニットは封殺出来てしまう。

コメント   この記事についてブログを書く
« ジャイアント・フィーバー | トップ | アクアマリン・シェル »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

カード情報(双星のシャンバラ)」カテゴリの最新記事