白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

早くもブロック3ブースターの情報が出たみたいですね

2012年06月30日 10時55分59秒 | モンコレ
DuelPortalToCaGeで情報を発見したのでチェック。
灼熱のガルシルト、ですか。

今回は大きな変更点があるようです。
カード種類数:100種類+パラレル24種類ですって。

ほう。今までは154種類、うち極稀24種類だったのに
カードが2/3以下に減って極稀の枚数は同じ。
これはどういうことだ・・・?

うーんどうやら前回より同じボックス数で極稀の揃いやすさは同じだけど
頻繁、並はダブりやすいセットのようですね。
これをシングル買い有利のセットと捉えるべきか、
魔力のスクロールやレジストが当たりやすいボックスと捉えるべきかは
中身を見てみないと解かりかねますが。
少なくともカードプールが2/3になったんですから
作れるデックの数は減っているはずです。
その割に極稀(つまり英雄)の数は同じなんでしょうから、
ちょっと偏ったデックが出来そうですね。
雑兵が居ないのに英雄だけ先に出ているデックなどもあるのでしょうか。

また、カードの総数が減っているのはどうしてでしょう。
ブロック3の総カードプールが減ってしまったとは考えづらいので
これまではブースターボックスだけにカード数が集中していたのを
少し分散するということのように思えます。
しかし計223種類のうちの100種類をブースターボックスに封入するとしたら
エクストラブースターには123枚を封入する計算になります。
ブースターボックスよりエクストラブースターのほうがカード種類が多いとか、
そんなことががあるでしょうか。
ブロック3は100、60、60という具合にブースターを3回に分けて発売する気がしますね。
そのほうがついつい多く買い過ぎてしまう気がしますから。
カードは小出しに売るほうが売上が上がります。

では公開されている範囲のカードを見てみましょう。
モ―ラ、レオーネの神言騎士、サモンシップの3枚を辛うじて確認することが出来ますね。

モ―ラ・・・レオーネ・・・後攻主体セットですか!

これは俄然楽しみになってきました!
バロールだけでなくブロック3が後攻主体セットという予想は当たっていたようです。
ブロック1、ブロック2と連続して先攻主体のブロックでしたが
ブロック3では一転してイニシアチブの低さを競うゲームになるとしたら
環境は大きく変わりますね。
レオーネの神言騎士の詳細は解かりませんが
(おそらくディフェンダー持ちのレベル3ユニットでしょうけど)
モ―ラはお馴染みの後攻時限定で強力な対抗能力を持つデーモンです。
ブロック環境に照らし合わせると、
たぶん能力が後攻時限定でスペル枠を持ったシャドウストーカー、
みたいなユニットになるんだと思います。
だとしたら、ブロック1、ブロック2の強豪デックを見事にメタりつつ
けしてインフレはさせていない理想的な追加カードではないでしょうか。
まさにわたしがこうしてほしかった流れになっている予感です。

ところで、昨日のカドモスですが。
仮にブロック3で先攻型の大型ユニットが貴重だったとしても
評価は変わりませんね。
ブロック3内部での先攻系大型ユニットの立ち位置がどうであろうと
ブロック対抗戦では何の関係もないことなので。
水スペルは、ブロック1でもブロック2でも2枠では強いが1枠ではあまり役に立ちません。
そのデザインはブロック3でも変わっていないと思います。
フラッドフィストやオーシャンタイドに相当するスペルの存在が
無くなるとは思えないので。
とすると、耐性能力を使った後に残る対抗が
フラッドフィストシングルなのかDualなのかと考えれば、
水水*はほしかったでしょう。
水*だったら2対抗は使えるどころか、実質1対抗なんですよ。

最後のサモンシップですが、小さく効果を読み取ることが出来るので
別に記事を上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« デーモンデック | トップ | サモン・シップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンコレ」カテゴリの最新記事