白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

サラマンダー

2018年05月18日 20時48分34秒 | 連載カード考察企画
今回はサラマンダーになりました。
いうまでもなくモンコレベーシックから存在する火属性ユニットです。
錬金術と関わりが深い火属性を代表するモンスターなので何度もカード化されています。
旧来の能力はユニット1体の属性を火属性に変更することでした。
それで何をするかって言うと、枯れた虹とコンボできるくらいだったかな。
初期のモンコレには属性を参照して効果を発揮する能力が沢山あったのは確かなんですが
レベル2を行動完了させてまでやるような能力は無かった。
自軍のユニットを対象とする効果ならはじめから火属性のユニットでデックを組めばいいし、
火属性の敵軍ユニットを対象とする効果に大掛かりなコンボは無かったです。
それでもレベル2の火スペラーとしてオーク錬金術師だけでは
頭数が足りないときには使われるカードでした。
モンコレ2では灼熱の百年戦争でファイアディスラプトの収録と共に復活。
しかしそれでもわざわざ試すようなコンボでは無かったですね。
どうせディスラプトを使うんだったらコンボ無しでも刺さり易いほかの色を使うべきですから。
モンコレ2時代の火属性の戦闘スペルカードは、
ファイアサークルによる防御力+1Dの効果すら剥奪され
対抗があっても1枠で防御+1とかアイテムカードを捨ててダメージとか、
アイテムデックにしかまともに対抗できなかったんです。
Gレギュレーションでも英雄王の星誕で復活するのですが、様子は変わらなかったと思います。
枯れた虹がなくなったので本格的に使われるところを見ないカードだったような。
何か使い道ありましたっけ?全く見ないということはなかったと思うんですが、
どういう使われ方をしていたのかこのあたりの記憶は曖昧ですね。
サラマンダー、という名前のユニットが存在することに意味があったので
内容はあまり意識されていなかったんでしょう。
知名度は高いモンスターなので、サラマンダーにはいくつかの亜種が居ます。
魔法帝国の興亡で登場したフロストサラマンダー。
新聖紀の胎動では巨大なグレートサラマンダー。
ネオスタンダードでは原型とは何の関係もないドゥームサラマンダー。
ただしどれもサラマンダーとはあまり関係はないです。
20thデザインのサラマンダーと直接つながりがあるのは
ネオスタンダードで4度目の収録となった煉獄のガルシルトのバージョンですね。
ユニットのスタータスを+2/+2させる能力はこの頃からでした。
対象は火属性であれば良いだけと対象が広く、自身も対象に出来、耐性火炎まで付与する
という高性能のユニット。
能力のコストに自身のスペル枠を消費してしまうのでレベル2で合計1対抗しかできないわけですが、
使って損のないユニットでしたね。

20thのサラマンダーは煉獄のガルシルト時代のサラマンダーをさらに強化したデザインになっています。
対象は即時召喚ユニットのみとなり、自身は対象に出来ませんがスペル枠を消費せず+2/+2。
レベル2の火スペラーが入るデックなら入れ得のカードですね。
飛行でイニシアチブ+1を持つドラゴンパピーで埋めてしまうのも強いのですけど。

能力を使用すればそれだけでパーティの総防御力が+2されるわけですから
このユニット1体を防御力4点あるものとして換算できます。
攻撃力も後列のユニットに残せますので使って損にならない。
防御力+2が入れば対抗のダメージも通らなくなるので
先攻でレベル6ユニットに精霊の洗礼を使う動きが強いです。
レベル2ユニットが防御力4点で換算できるなら、5・2でリミット8を埋めても通用します。
この環境で、普通タイミングで低いダメージを落とす効果の主な用途は
サラマンダーやナイチンゲールなどのパンプ能力系のユニットを狙い撃つことです。
使える場面が限定されているはずの効果なんですが、サラマンダーやウンディーネたちが
どのデックにも入っているので効果が腐りませんね。
しかもこの能力を持つユニットが4属性に4種類居ます。
6・2デックならどのデックにも入っているカードですし
聖魔以外なら2種類6枚も入れることができますね。
6・2デックの総防御力が簡単に10まで上がる今の環境基準を作っているユニットであるといえます。

攻防力両方のパンプなのでコンボの種類も豊富ですね。
火属性のレベル6ユニットならファイアドラゴンとカリギュラが防御力参照の能力を持ちますね。
ギュンターは攻撃力参照です。
アルゴスデックなら黄金のタワーシールドを装備した魔法生物の防御力を上げられます。
ただ攻撃しているだけでも強いのですからコンボはあまり意識するものではないかな。
防御力基準の能力を使っていると攻撃力上昇分は無駄になっていると考えることもできるわけですし。

強いことしか書いていないサラマンダーですが、
それでも火属性のレベル2ユニットなら最優先でデックに採用されるカードではありません。
20thのカードはどれも強いですからね。
6・2の火デックに採用されるレベル2ユニットはサラマンダーの他、
ドラゴンパピー、
ファラオの処刑人、
ファラオパイソン、
シルヴィアの竜姫、
ティンカーベル、
瑠璃の乙姫マリモ、
風切蟲、
鉄砲魚、
プラズマボール、
どれも条件次第でサラマンダーを上回る選択肢に成り得、
サラマンダーを入れる枠がなくなることもあります。
中でも最も強いのは瑠璃の乙姫マリモでしょうね。
ドラゴン、アクアリウムの6レベルデックなら最優先で採用される英雄ユニット。
能力も強いんですがレベル2圏で3/3のステータスを持つユニットでもあります。
基礎値まで高いのはやりすぎでしたね。
ドラゴンパピーもサラマンダーに負けない性能です。
イニシアチブ+1も強いのですが、それ以上に飛行が強い。
レベル6が飛行ユニットでもレベル2が歩行だと展開力が鈍ります。
ネイチャーたちも強い。手札を消費せずに確実に自分の仕事をしてくれます。
レベル6ユニットだけでスペル枠3枠。アーニャを添えると4枠になりますと
レベル2ユニットのスペル枠は非常の場面でしか使わない。
手札を消耗させたくないならサラマンダーよりも上位の選択肢になりますね。
戦闘スペルカードの色が統一されていない構築ならティンカーベルは
最優先候補にもなりえるユニット。
展開力を重視するならシルヴァアの竜姫ですが。
防御力が基礎値割れしているパーティがほとんど存在しない環境なので
攻撃力割れしているのが採用しづらいユニットになっていますね。
ファラオの処刑人やファラオパイソンはアンデッドが必要なギュンターデックでは採用されるカード。
サラマンダーとは競合するカードでもないかな。

案外書くことが早く尽きたので、
どんなデックでどんな活躍をするかについても書いてみようかな。
火スペル絡みの6・2デックで使われるカードだとしたら
エカテリーナ、
バルバロッサ、
カリギュラ、
キリン、
ギュンターデックで頻繁に登場するユニットでしょうか。
どのデックにも3枚積まれているような気もしますし、
火スペルに寄せた構築の時のみ入っているような気もします。
ファイアドラゴンが入る構築ならサラマンダーも入るでしょうね。
防御力パンプでブレスの威力が上がりますから。

エカテリーナデックだと、術師トリトンで水スペル枠に寄せているなら入れ辛いと思います。
種族アクアリウムではないですからね。
術師アーニャで火スペル寄せなら入るカード。
特にコンボはなく、エカテリーナの能力の半分は機動力なので、歩行を嫌うなら入れなくても良い。

バルバロッサは後攻型ディフェンダーなので、スペルの色は
極力土属性に寄せないとスペルとユニットの特性が噛み合いません。
レベル6圏を代理地形と相性のよいもので固めようとすると土属性で埋まります。
5種類の中では一番サラマンダーが使われ辛いかもしれませんね。
代わりにノームは入っているでしょうが。

カリギュラは防御力パンプがコンボになるユニットです。
サラマンダーとシルフの両方を入れておいてもよさそうですね。
火のファイアドラゴンと相性がいいですが、
完了能力でダメージを飛ばせる風のフロストドラゴンやストームドラゴンとも相性はよいです。
対抗を構えておけますから。

キリンデックにとって、サラマンダーは結構重要な動きをするユニットになります。
攻撃宣言前に精霊の洗礼を使用し、それを嫌って相手が対抗連鎖を開始してくれたら
攻撃宣言前に炎のたてがみが発動する機会がある。
攻撃宣言から対抗連鎖を派生して、それに勝って9/9になったキリンのアタックが通る、
(しかも6/6のステータスのままだったら貫けなかった)
なんて展開は、何でも使ってるはずですけど一度も見たことはないです。
わたしは炎のたてがみのおかげでゲームが有利になるって経験自体をほとんどしたことがないです。
攻撃力6点でアタックが足りているなら炎のたてがみの攻撃力+3は必要ないことになるし、
足りていないなら相手は対抗宣言をしてくれない(こちらもスペル枠を消費する機会がない)ですから。
対抗の流れとしてそういう展開にはならない。
そこで攻撃宣言前の普通タイミングの動作で対抗連鎖が生じて、
それに勝てた結果、炎のたてがみが攻撃宣言よりも前に発動するか、
あるいはスペル枠が残り2枠になって1枠対抗で炎のたてがみが発動する状態にできるとおいしい。
精霊の洗礼を使ったところでそういう展開になってくれることはそんなにないですけど。
炎のたてがみはスペル枠残り2枠になったら+2/+2でよかったな。
キリンデックなら攻撃宣言前に普通タイミングで動けるのが重要ではないかなと思いました。

ギュンターデックだと、サラマンダーは種族アンデッドに次いで採用に上がるカードかな。
種族ドラゴンではないのでマリモや竜姫が競合してきませんし
ギュンター本体が歩行なのでレベル2が飛行でなくてもあまり支障がないです。
ギュンターの攻撃力が9点になれば暗黒の斬波は先攻でも即死ダメージになる。
ギュンターは後攻型でもあるのでドラゴンパピーや鉄砲魚のイニシアチブ+が邪魔になることもあります。

または鉄巨兵アルゴスのデックでも活躍しますね。
アルゴスデックならスペルの色的に対応する4属性のスピリットは全部入れても良い。
サラマンダー、ウンディーネ、ノーム、シルフ、ナイチンゲールの15枚詰でも成立します。
バトルクライと灼熱のガントレットが強いので、サラマンダーは採用される率が高いですね。

そのほか、5・3構築のレベル2枠としても採用圏内です。
レベル2で防御力4点を捻出できるなら5・2でリミット8を埋めても通用しますから。
レベル5のジャイアントデックの場合、歩行であることが足を引っ張りますけど。

どのデックにも入っていて当たり前のユニットなので
防御力7点のレベル6と+2/+2パンプの2/2/2のパーティは
強い、ではなく対処できて当然であることが現環境のラインですので
構築の段階で想定して勝てるようにしておかなければなりません。

サラマンダーの回はここまでとします。
次回はリクエストがあれば。
戦闘スペルとかまだ書いてなかったので、書いてみたいかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« グレートモンブランデック | トップ | グングニル »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (q)
2018-05-18 21:34:09
ファー・ジャルクとかなんか微妙なコンボがあったような気がする。
コメント・リクエストです (ジュウテツ)
2018-05-19 08:48:06
挙げられた中では、「雷蛇カリギュラ」「ファイア・ドラゴン」との組み合わせが、魅力的に感じました。
防御力を上げて倒されにくくなる事が、そのまま特殊能力によるパーティ全滅につながるのは、効率がよいと感じたからです。
リクエストですが、戦闘スペルとおっしゃるので、「グングニル」をお願いいたします。
理由は、公式サイトの東京と大阪のレポートを見る限り、入賞デックに最も採用されていた点、
このブログで検索をかけたら、過去に考察されておられなかった点、この2点です。
色々お願いいたします。
Unknown (白鳩)
2018-06-13 23:27:53
ファー・ジャルクって、火属性の防御力上げるカードでしたか。
そんなの、元から火単デックを組めばいいので
コンボにならないですよ。

Unknown (Unknown)
2018-06-14 02:21:29
最近のモンコレに毒されてますな?
昔は、対象に「自軍」「敵軍」という表記が無いから、パンプカードも相手に使うことができた。
つまり探せば何かしらのコンボが必ず存在する。

自由な時代だったなぁ・・・。

コメントを投稿

連載カード考察企画」カテゴリの最新記事