白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

ドラゴンマガジンのカード第3回

2011年07月23日 10時15分46秒 | カード情報(ブロック1)
ドラゴンマガジンに乗っていた
火竜の新カードをレビューしていきます。

ヴァーミリオンドレイク
レベル4の防御力5でこのスペル枠、この能力は強力ですね。
しかし能力の威力がウォータードラゴンの津波と同じですよ。
これならウォータードラゴン(ファイアドラゴンも)は
もう一回り強くてもよかったんじゃないですか。
あるいはヴァーミリオンドレイクの能力にコスト火くらいつけるか。
レベル6ユニットが行動完了とレベル4ユニットの行動完了では
コストの差に雲泥の違いがありますから
同じ威力というのはあり得ないんですよ。
ウォータードラゴンのダメージを5点にはできませんし
ヴァーミリオンファングが3点だったら低いでしょうから
両方4点なのはわかりますけどほかの部分で差をつけるべきだったんじゃないですか。
ましてウォータードラゴンは6/5/6なのにこちらは4/3/5ですからね。

さておき、イニシアチブ-があるとはいえ
レベル4で防御力5点、加えてこの能力は強いですね。
耐性火炎で普通タイミングの焼きスペルにも耐性がありますし堅いです。
気になるのは先攻をとった時に手が止まるくらいでしょうか。
それでも火スペル枠があるのでどうにかなりそうです。
レベル4の歩行で防御型の能力は性能が高くても使いづらいところはありますけどね。

ウォーワイバーン
イニシアチブ+とチャージがあって飛行のレベル4。
スペック的にはドレッドホーンやミラービートルより高いとは言えませんけど
相性のいい能力で無駄なくまとまっているので使いやすいですね。
ただし同系のトルネードホークと比べてしまうと見劣りすると思います。
なのでもう一声言ってもいい強さでしょう。
限定戦環境では活躍しそうです。

竜槍ブリューナク
追加攻撃力とスペル枠に加えて
自動型特殊能力で種族制限ありのイニシアチブ+の効果と
2重のパワーアップがつきます。

追加攻撃力は装備品が破棄されるとなくなるのに
自動型特殊能力としてプラスされる分はそのまま残るんですよね。
これは自動型特殊能力の悪い面がそのまま出てしまったデザインではないですか。
装備品が破棄されると強化はなくなるはずなのに一部だけ残るのはおかしいですからね。
現場での計算処理を考えてもかえって繁雑になってしまうのでは。
自動型特殊能力には、
常動型特殊能力では表現しづらい自動型特殊能力ならではという効果もあるとは思いますけど
実際にブロック1でそういうカードはデザインされているんでしょうか。
常動型のままでよかった、常動型のままのほうがよかった、というものしかないなら
自動型の特性を活かしたカードが出るブロックまで登場を遅らせてもよかったと思います。
ルールブックは半年おきに出るんですから、ルール変更はこれまでより頻繁にできるようになるんですからね。

攻撃力プラスとイニシアチブプラスだけでも効果としては完成しているのに
さらにスペル*ですから装備することに不利が発生しないカードです。
パーティのスペックを底上げできますからつけるだけ得ですね。
それでいて強すぎるわけではないのでバランスとしてはいいカードです。
デザイン的には優等生すぎてつまらないかもしれませんね。
まあこれは火竜セットのカード全般にいえることですけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブロック対抗戦? | トップ | ドラゴンマガジンのカード第4回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カード情報(ブロック1)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事