白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

金冠の悪魔ゴモリー

2012年04月24日 11時39分25秒 | カード情報(ブロック2)
久しぶりに正式な復活を果たしたゴモリー。
レベル3スペルアイテムのデーモンで、特殊能力を2つ持っている。

上の能力が強い。
ユニット1体の防御力を1点上げる能力を2回も使える。
自分に使用するだけでも3/2/5の壁。
どのユニットも対象に取れるので味方を守ることもできる。
1点のアップとはいえ2回も使えるのは強い。

上の能力は敵にも使用することが出来る。
敵の防御力を上げてどうするかというと、下の能力とコンボできる。
対象ユニットが防御力過多のユニットだった場合、13点ダメージ。
普通タイミングとはいえ地獄のリバウンドのおかげで防御性能は高いので
両方合わせて考えると相当な脅威となる技。

ただし、防御力のほうが攻撃力より高いユニット、は今の環境では実はそれほど多くない。
即時不可の英雄でいえばヘスティア、ダイダラ、パンドラ、クリシュナ、ランスロット、
ハーヴェスタ、ヒルデガルド、エゼキエル、カシオペア、アレックス、ギルタブリル、
オシリス、くらい。
勿論チャージ、ディフェンダーを持つユニットの攻撃力は上昇するし、
ランスロット、エゼキエル、アレックスには対抗があるので通用する見込みは薄い。
まともに効きそうなのはヘスティア、パンドラ、クリシュナ、ヒルデガルド、カシオペア
くらいだろう。
それ以外には地獄のリバウンドなどとのコンボを使う必要があるが、
すると自軍ユニットに使える防御力アップの効果が減ってしまうので注意が必要になる。

地獄のダイエットは地獄のリバウンドに限らず攻撃力マイナスの効果全般とコンボすることが出来る。
たとえばパラライズフォッグDualとコンボすれば
ほぼすべてのユニットに13点ダメージを与えることが出来るし、
他にはイビルホーントととても相性が良い。
攻撃力を下げる効果は魔属性に集中している上に
それ単体でも非常に強力な防御手段なので有用なコンボだと言える。

ところで地獄のリバウンドはブロック1以降のカードの中では珍しく
対象が「ユニット1体」と表記されているわけだが、
この効果が「ユニット1体」で良いなら他もすべて「ユニット1体」で統一して良くないだろうか。
ハガンコンゴウのサンダーウェーブも敵味方を問わず対象に取れる特殊能力だったが、
サンダーウェーブはそれ自体が敵にも味方にも使用する意味のある効果だった。
対し、地獄のリバウンドはそれ単体では単なる防御力アップの効果でしかないのだから
サンダーウェーブとは多少事情が異なる。
地獄のリバウンドだけであれば敵軍ユニットに使用することに意味はない。
地獄のダイエットを合わせることで初めて敵軍ユニットにも使用する意味が生まれる。
であれば、ゴモリーが使用するのであれば豪傑の酒だって相手ユニットに使用できていいはずだ。
どのカードでどんなコンボを作るかはプレイヤーに任せて良くないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 大砂蟲 | トップ | 蛇蝎王パピルサグ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (揚子江)
2012-04-24 16:00:37
「対象:ユニット1体」は諦めていた感があったので素直に嬉しいですね。

このカードは、あえて敵軍ユニットを強化してコンボするのが1枚のカードに収まっていて、わかりやすいので採用したんじゃないでしょうか。

こういうカードを増やしていって、最終的には標準化してもらえれば良いと思います。
Unknown (Unknown)
2012-04-25 12:56:55
このように相手PTの攻守を操作するカードが出たことで、ラミアやラストエンペラーなどのカードにも復帰期待が掛かりますね。
Unknown (白鳩)
2012-04-25 15:22:20
何か意味があったら
敵軍にも使えるということでしょう。
どの効果に意味があると判断するか
その基準が引っかかりますけど。
ラストエンペラーが再録されたら
ユニット1体でしょうね。

コメントを投稿

カード情報(ブロック2)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事