白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

●能力ってなんだ?

2011年06月25日 10時25分31秒 | ルール雑談
新しいセットには
新たに●アイコンが付けられた特殊能力が存在します。

現在判明しているのは

●[戦闘]魔剣の守護
〈発揮:イニシアチブ決定タイミング開始時/対象:自軍パーティ〉

●[自軍ターン]竜たちの祝福
〈発揮:普通召喚宣言時/自軍プレイヤー〉

の2つです。
見る限り、内容はこれまでの○能力と同じもののようです。
特に竜たちの祝福はゲーム上での違いは全くありませんね。
表記の記載が細かくなっているだけのようです。
表記を細かくしたのに伴ってアイコンも新しくなっただけで
内容は全く同じものでしょうか?
違うと思います。
手札型特殊能力も

◇[戦闘]魔剣の呼び声
〈発揮:即時召喚宣言時/対象:自軍プレイヤー〉

という表記になっているからです。
(能力の内容は条件付の即時召喚ですよ)
効果が有効になるタイミングを親切に説明しただけなら
アイコンの形まで変える必要はないのです。

ところで魔剣の守護と竜たちの祝福の表記はお互いに少し変ですね。
竜たちの祝福は、発揮が「普通召喚宣言時」となっています。
これは、能力の効果は普通召喚宣言時のみ有効で
普通召喚宣言時が終了すると竜たちの祝福は効果を失う、
という風に解釈することが出来ます。

しかしこの解釈を魔剣の守護に当てはめるとどうでしょう?
魔剣の守護は、イニシアチブ決定タイミング開始時が終了すると
効果を失うんでしょうか?
ありえないでしょうね。
少なくともイニシアチブ解決時までは残ってくれませんと先攻は取れませんから。
その他の戦闘中の効果と同様に
戦闘終了時に効果が打ち切られるまでは有効であると解釈すべきです。
〈発揮:イニシアチブ決定タイミング開始時〉は
効果が始まるのがイニシアチブ決定タイミング開始時という意味であって
効果の終わりもそうであるわけではないということになります。

ではこの解釈を竜たちの祝福に当てはめたら?
ドラゴンを普通召喚できる効果は普通召喚宣言時が終了しても
継続しているんでしょうか?
それもありえない解釈だと思います。
もしそうであるなら、シルヴィアの竜姫が死んだ後も
種族ドラゴン/レプタイルを普通召喚する能力が
プレイヤーに残っている理屈になるからです。
シルヴィアの竜姫は「このユニットの存在する地形に・・・」だから
問題はありませんけど
もしも「自軍領土の誰も居ない地形に・・・」だったら
とてもおかしな状況になりますので。

うーん、これは効果が
発揮されるのが〈イニシアチブ決定タイミング開始時〉で[戦闘]の間続く。
あるいは発揮されるのは〈普通召喚宣言時〉で[自軍ターン]の間続く。
という意味でしょうか。

さておき、わたしはこの新能力を
効果発揮時に適用されるとその時点で効果が確定してしまい、
その後状態が変わっても効果が変動しない○特殊能力であると推測しています。

ただしこれはもしかすると非常に危険な能力であるかもしれません。
効果の発揮に対抗することが出来ない以上、
打ち消すことも発動を止めることも
効果の妨害をしようのない能力だということになるからです。

具体的には。
魔剣クリシュナの○魔剣の記憶が●魔剣の記憶だったとしましょう。
滅びの粉塵やウェポンブレイクで装備品を破棄しても
攻撃力を下げることもスペルの使用を妨害することも出来ません。
(封印の札ははじめから「□×◎○特殊能力」にしか対応していないですよ)
装備品を破壊するという意図のカードは基本的に用を成さないわけで、
●能力を持つ装備品が登場したら
イメージとのギャップが大きくて混乱の種にもなるかもしれませんね。
武器を破壊しても攻撃力が下がらないんですから。

珊瑚の王女テティスの○美姫のカリスマが●美姫のカリスマのカリスマだったら?
テティスが死んでも種族がマーマンマーメイドでなくなっても
パンプ効果は消えなくなります。
その代わり戦闘中に種族マーマンマーメイドに書き換えても
パンプ効果は得られません。
テティスが場から居なくなっても効果だけが続いている、
というのはやはり違和感のある光景ですね。

ただし一方で、細かい計算のやり直しはやらなくていいので
ゲームがスムーズになるのではないか、という見方もあるかもしれません。
わたしは魔剣ジークフリートの効果を数えるに当たって
今のユニット数さえ確認すればいいほうが
戦闘開始時のユニット数をずっと覚えておくより楽だと思うので
同意はしませんが
意見としては理解できる話です。
ですがそれは○常動型特殊能力がなくなって
●能力のみになった場合の話ではないでしょうか。
○能力と●能力が混在する状況では返って混乱を増すばかりで
計算が楽になる状況は作れないと思います。

ひとつの可能性として。
今後○常動型特殊能力が新たに作られなくなり
全ての○常動型特殊能力のカードがスタンダード落ちして
●型特殊能力しかないゲームになることはありえるでしょうか?

先のことは分かりませんがそれは
種族変更コンボや
ナーガラジャ、ヴァッセル、日輪の紋章、ファランクスリザード、鬼神拳のマダラ
などの戦闘中の再適用を前提としたデザインのカードが
絶滅したモンコレだということになります。
それは面白いゲームなんですかね?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« シルヴィアの竜姫 | トップ | 長靴を履いた猫フリスキー »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (白鳩)
2011-06-25 12:07:30
あくまでひとつの可能性。
●と○は全く同じものだが
封印の札が効かない、
という部分のみ異なる。

ない話ではないですね。
Unknown (Unknown)
2011-06-25 17:49:53
◯ってなんか見えにくいから塗りつぶしたらよくね?って発想だったりして
Unknown (白鳩)
2011-06-26 03:59:08
考えれば考えるほど
再適用されない常動能力など
ゲームが成り立たない気にしかなりませんね。

本当に
見辛い、封印の札が効かないことにしたい、
というだけの○能力と全く同じものなのかも。
Unknown (19)
2011-06-27 00:06:41
根拠も無いただの想像ですが、

発揮のタイミングが指定されてるってことは、
「そのタイミングに使用宣言がなされたとみなす」あるいは「宣言しなければならない」、ってことは考えられませんかね。
「自動宣言型」というか「強制宣言型」というか。
当然そのとき相手は対抗の権利が発生する。とかなったりして。

●が複数あったらややこしいかもしれませんが。
Unknown (白鳩)
2011-06-27 12:22:55
発揮に対抗が宣言できるようになった代わりに
適用すると効果が固定してしまう常動型ですか。
それはゲームが変わりすぎではないですかね。

封印の札を効かなくするために
○表記をなくして●表記に移行させたい
という説が現在有力ではないかと考えています。
根拠のひとつとして
トパーズアイドルの能力表記があります。
装備品制限の能力は
召喚から破棄されるまで
同時攻撃以外は継続される効果なので
効果時間や発揮するタイミングという概念がありません。
●能力の表記法で書こうとすると

●[常時]装備品不可
〈発揮:このユニットの召喚時/対象:このユニット〉

となります。
カッコ内のタイミング表記が
ほとんど無意味な文面と化していますね。
装備品制限の特殊能力は
●能力で書こうとすると違和感が残るのです。
(かといってルール解釈の上で矛盾は発生しないと思いますけど)
しかし○能力は作りたくなかった。
そのためいっそ特殊能力の様式で書くこと自体を
止めてみたのでは・・・?

勿論、召喚された瞬間から破棄されるまで
常に効果を発揮し続ける系統の特殊能力を
全部特殊能力の様式で
(というかルールブックに裏付けのない書き方で)
記載しなくする事には
沢山の問題点があるのですが。
Unknown (19)
2011-06-27 13:28:49
そもそも、なんで○は作りたくないのか、という話にもなりますね。
再適用の処理が面倒だから?
でもそれ前提の効果がいくつもあって、モンコレの面白さのひとつですから、
○をなくすことはゲーム性を損なう方向になってしまうと思うんですが。

個人的には、装備品の制限が常備能力的に書かれているのが気になりますが、
常動型の効果がすべて特殊能力でなくなるわけではないんじゃないかと思います。
単に開発段階で正式な表記法にのっとっていないだけなのか、(割とある気がします)
わざわざ特殊能力化する必要が薄いものは常備能力化してしまおうということで、装備品制限が新たに常備能力に加わったのか。
(特殊能力だと、ユニットに似合う特殊能力名を考えないといけませんからね)
まあ、可能性はいろいろ考えれると思います。

いずれにせよ、新しい面白さが追加されるならいいですが、逆はやめてほしいですね。
今ある面白さを無意味にいじくり回すのもやめてほしいです。
●が増えたとしても、対抗できるのであれば封印の札の効果に加えてあげることはできますし。
Unknown (19)
2011-06-27 13:38:53
私の意見をまとめておくと、
・●は決められたタイミングに宣言しなければならない宣言型(○の亜種ではなく、◎の亜種)
・別に○が無くなるわけではない
・いくつか常備能力が追加され、装備品制限もそのひとつ
ということです。

まあ、そうだったらいいな、という程度ですが。
Unknown (白鳩)
2011-06-27 14:57:33
○特殊能力をなくしたい、
というか封印の札の対象を□×◎特殊能力だけにしたかった。
というのは実はヒロノリ先生から直接聞いた事のある話なんですよ。
なんで?
それはわたしにも分かりません!
でもそういうことを本当にやってしまう人だから恐いんです!
(この手の思いつきは、ブロッコリーのスタッフが止めていた
という実績が他にもいくつかあるらしく、
その抑えが無くなるという点が移籍についての最大の懸念事でもありました)


トパーズアイドルの装備品制限の書き方ですが、
これは「常備能力」でもないですね。
なんと呼んでいいのかも分からない、
公式の呼称が無い書き方です。
つまりそれがルールブックに裏付けのない書き方だ、
という事なんですけど。

昔の耐性みたいに常備能力になるんだったら、
それはそれで
あの新しく出来た枠のなかに収まる書き方を
やってくれればなんの問題もないのですが。

> ・別に○が無くなるわけではない

だといいのですが。

○[戦闘]魔剣の守護
〈発揮:イニシアチブ決定タイミング開始時/対象:自軍パーティ〉

○[自軍ターン]竜たちの祝福
〈発揮:普通召喚宣言時/自軍プレイヤー〉

という書き方で何の支障もないのですから
意図的に○を使いたくない意思が無い限り
●が登場する要素がないんですよね。
Unknown (白鳩)
2011-06-27 15:31:50
すでに意思疎通に齟齬が生じているので
追加の解説記事を上げました。

B案では再適用は行われる解釈です。
そして今のわたしはB案説に信憑性を感じています。

再適用の処理が面倒だから云々の話は
A案説に準拠した考えとなりますが
そっちは今はもうあんまり信じてないって事です。

コメントを投稿

ルール雑談」カテゴリの最新記事