今日も明日も愛してる

私が見たものをあなたにも見せたい。月日が経って季節が変わっても、これは世界へのラブレター。

「境界線」 アレハンドロの言葉

2012年02月01日 | 観たり、聴いたり、読んだり

「ドキュメンタリーとフィクションの境界線」
境界線を行き来しながら私たちは生きているのだと思う。
その様相ををこうして見せてもらえるなんて素晴らしいことだ。

 

 

 

 

この人は過去から未来までずっとここにいるかのようだ。

 

 

 

『High Tide』アレハンドロ・チャスキエルベルグ写真展 
2月5日まで 火曜日休館 最終日は5時まで
http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/hightide.html

 

RICOH CX5で撮影

コメント    この記事についてブログを書く
« さえずるように | トップ | 誰かに似た後姿 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。