今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。


緑色の考え

2010年09月22日 | Weblog
今日一日たくさんの事を考えた。

何かをしようということは一つも無く、何かを止めようとかあきらめようとかそんな事ばかり。
そうしたらなんだか、胸の中を音も立てずに風が吹きぬけていくような気持ちだ。
スースーでもなくゴーゴーでもなく、ただ空気が胸の前から後ろへ吹き抜けていく。







宇宙服も着ないでこのまま宇宙に放り出されたら、どんな気持ちだろう。
落ちるでもなく浮かぶでもなく、ただそこにいるなんて、どんな気持ちだろう。
地球の見える所まで漂いたいと思うだろうか。
宇宙にも風は吹くのかしら。

水は寒いと凍り、暑いと淀む。
自分はどっちなんだろう。

橋の欄干に肘をついて考えるのは大昔から誰かが考えていたこと。
ずっと先の時間になってもきっヒマな誰かが考えるだろう。
大事な事でもないから。






お金と携帯。
水の中に放り込んだらポチャンと音がするだろう。
気持ちいい音かもしれない。





RICOH CX2で撮影
ジャンル:
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 気になる地点 | トップ | 有楽町、新宿 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無重力 (May)
2010-09-23 21:51:14
重力以外にもいろんな物を背負っていますよね。
たまには全部きれいさっぱり放り出して、軽くなってみたい。
Unknown (くるみ)
2010-09-24 21:04:51
時々そんなふうに思います。
でも何を放り出しても一番重たいのは素の自分自身なのですね。
大きな池に小石を投げて、ひゅんひゅんと水切りが上手にできたらきっと爽快でしょう。

コメントを投稿