太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

うちの夫の数の数え方

2018-06-23 12:08:10 | 日記
日本人とアメリカ人では、ささいな面において真逆だと思うことがある。

たとえば、

手のひらを下に向けて、4本の指を揃えて上下に動かす。

日本人にとってそれは「おいで、おいで」だが、、アメリカでは「バイバイ」である。

日本では「父母」というが、アメリカでは「母父」である。

両親あてに手紙を書くのに、日本だと「おとうさん、おかあさん」

アメリカだと「MOM、DAD」になる。

日本では「白黒」映画というが、アメリカだと「黒白」になる。



今回、書きたいのは数の数え方だ。

指を使って数を数えるのに、私は最初に親指を内側に折り、順番に人差し指からあとを折る。

多くのアメリカ人は、最初にグーを作って、親指から立ててゆく。

このやりかたをやってみるとわかるが、中指まではいい。

しかし薬指を開く時、自然に小指もついてくる。

私だけではないようで、見ていると、薬指の番に小指も浮かせながらそのまま数え続けている。

6からは、小指から戻ってくるのだが、小指を折ると薬指もついてくる。

私の場合、小指を折ると中指まで反応する神経システムで、いったいいくつなのかわからなくなる。

非常にすっきりしない。

日本人のようにパーの状態から親指を筆頭に折ってゆけば、なんの問題もないじゃないか。

中には、グーの状態から、小指から数え始める人もいる。

その場合、6からは日本人式になる。

これは問題がない。



で、うちの夫はどうやって数えるかということなのだが、

グーの状態から、最初が人差し指。

次が中指。そう、ピースサインの形。

続いて薬指、小指、そして最後が親指。


なんか、おかしくない?


6からは、パーになった状態から親指を折る日本人式になる。

そんなら最初からパーにしとけばよさそうなものを。

どうでもいい。

どうでもいいが、気になる。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« スーツにサムソナイト | トップ | わたしは「ノリコ」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一つ人より (越後屋)
2018-06-27 16:13:27
力持ちぃぃぃ♪

お?
越後屋 夫バージョンの
数え方だったわ

二つふるさと
あとにしてぇぇ♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事