太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

きょうのがっかり

2018-05-08 18:54:32 | 日記
生きていると、日々いろんなガッカリがある。

青信号に間に合いそうだったのに、ぎりぎりで点滅したとか。

レストランで、食べたいものが品切れだったとか。

晴れたら海に行こうと思ったのに、起きたら雨だったとか。

まあ、よくあることだ。

しかし、今日のがっかりには、がっかりした。

池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」を寝しなに読んでいた。

上下巻を日本に行った時に買ってきたのだ。

おもしろくなってきて、上巻を読み終え、さて今日から下巻だと思い、本をとったら



それも上巻だった・・・・



なんということか。

日本なら、じゃ、明日下巻を買いにいけばいいか、というところだが、

ここにはちっさーいブックオフがあるだけで、そこにあるかわからないし、

しかもそれはホノルルなので休日でないといけない。

日本の文房具店でオーダーできると思うが、文庫本ひとつにいくらとられるかわかったものではない。

つまり、続きが知りたくてたまらないのに、いつそれが読めるかわからない。



そもそも、日本の本屋で上巻を2冊カウンターに出した時点で、

店員が一言聞いてくれてもよさそうなものだ。

「こちら上巻が2冊ですがよろしかったですか(日本の店員さんはこういう言い方するよね)」

そうしたら私は下巻を買えたのに。

日本が世界に誇るカスタマーサービスの風上にもおけん。

と、我が粗忽さを棚に上げ、誰かのせいにしないとやりきれない。

上巻2冊を手に苦悶する私に、夫がどうしたのかと聞いたので説明した。

「WHY?」

それは私が1番聞きたいんだよッ。









にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 失敗しない選択 | トップ | マスク系 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三段階 (越後屋)
2018-05-09 20:48:12
WHY? シロさん

不覚にも
迂闊だったので
とんだ粗相をしちゃったのね

あるよ~
ブックオフで上巻持ってた本の
下巻を買ったら
中身は上巻だった事
カバーは下巻なのにーぃ!!
先がよめない悶絶ときたら!!!
越後屋さん (シロ)
2018-05-10 14:18:14
カバーだけ下巻だった、っていうこともあるんだよね。
ハワイのブックオフで働いていたからよくわかるわー。


でも、買ったときは、ちゃんと下だと確認してるわけよね。
越後屋さん、私よりしっかり者だわよ(私と比べられても全然うれしかないだろけどさ)

先が読めない悶絶、わかちあえてなにより(合掌)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事