太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

昔のテレビが懐かしい

2018-05-19 20:12:36 | 日記
夫の両親が、黒いDVDレコーダーのようなものを2つ買ってきた。

うちと、両親の家のテレビにこれをつけるのだという。

夫と両親の会話を聞いていると、これをつけないとテレビが見られなくなる、

それも6月までにやらないと、新しいテレビを買う必要がある、ということのようだ。




ニュースも見ない、新聞も読まないのでよくわからないのだが、

どうやらハワイはデジタル放送になるのではないか、と私は思っている。

私がハワイに移住する、ちょうどその時、日本はデジタル化を控えていた。

デジタル化になるころ、私達はもう日本にいないのでまったく関心がなかったけれど、

デジタル対応でないテレビは、何かを取り付けないとならないとか、確かそんなことだったように思う。

そのときの雰囲気に似ている。


今日、帰宅すると夫が怒っていた。

留守に業者が来て、その黒い箱を取り付けていったのだという。

「チャンネルが1000以上もあるんだよ。韓国やスペインのチャンネルもいっぱいあるし、

第一、今までみていた番組がどこにあるのか、まったくわかりゃしない。

それに2台のDVDだってこのままじゃ見られないし、苦労して繋げたスピーカーも使えない」

業者が置いていったのはリモコンと、リモコンの説明書だけ。

今までみていたのはケーブルテレビで、全部のチャンネルで何をやっているのかというテレビ欄チャンネルがあったのだが

そういうチャンネルもない。


「それじゃ、その会社から誰かに来てもらって説明してもらえばいいじゃん」

「絶対やだ!」


なにを意固地になっているかわからんが、とにかく1000もあるチャンネルを前に途方にくれている。



いろんな家でペットシッターをしていた頃、扱いきれないテレビがいくつもあった。

叔父叔母のテレビもそうだが、見た目はテレビでも中身はパソコンのようで、

NO SIGNALという表示がすぐに出てきて、いったいどこをどうしたらテレビ番組が映るのかわからない。

DVDで映画をみようにも、DVDに切り替える場所がわからない。


昔のテレビはよかった。

スイッチをつければ、普通にテレビ番組が映った。

うつるチャンネルは限られていたけれど、別にそれでよかった。

予約も番組参加もできなかったけど、そんなもんなくても困らない。

私がなんとか引っかかっていられるのは、スマートフォンどまりだろう。

スマートフォンにしたって、最近はアップルペイとかいって、クレジットカードなしで支払いができるし

アップルウォッチなんてのもあり、そんなものには興味がない。

全機能を100としたら、私が使うのは10ぐらいなものかもしれない。



家を建てて1年余りは、うちのテレビは電波に繋がってもいなかったのだから

デジタル化についてゆけなくても仕方がないというものである。














にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 変化のうねり | トップ | 脚本のない芝居 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事