太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

縁起

2013-04-27 07:43:00 | 日記
その昔、友人がハワイに新婚旅行に行くことになった。

「でもねえ、お母さんが方角が悪いから熱海に1泊してから行けってうるさいのよぅ」

熱海に寄る時間があったらハワイに費やしたいぐらいだが、結局彼らは熱海に行った。



方角だけじゃなく、大安とか友引とか仏滅とか、

その深い意味を知らなくても、なんとなく縁起がいい日とか悪い日とかいって、

行動を起こしたりやめたりする。




母方の祖父を思い出す。

離れて暮らしていたので、それほどたくさんの思い出はないが、俳優の笠智衆に似た、とても寡黙な人だった。

祖母は、母が14のときに亡くなっていて、そのあと40年余祖父は生きた。

あるとき、親戚が集まったときに、何かの日取りを決めるのに揉めていた。

縁起をとると、全員が集まれなくなり、予定を合わせると、縁起の悪い日になってしまう。

じっと聞いていた祖父がおもむろに言った。



「縁起にこだわったらつまらんよ。縁起より自分らの心がけのほうが大事だに。

天気がよけりゃ、いい日だで」



私はいたく感動して、最初の結婚式は仏滅にした。ものすごく安かったのだ。

最初から離婚するつもりで結婚する人はおらず、私もそれは同じで、

縁起なんかに踊らされてたまるか、という気持ちだったが、11年後、見事に離婚した。

結婚生活の辛さや離婚を「不幸」とするなら仏滅に結婚したから、となるし、

避けては通れないことだったとすれば、縁起などどうでもよかったといえるだろう。

前述の友人は、その後20年、今でも仲良く暮らしているが、

それは熱海の効果であろうか?



今思い出したが、最初の結婚時代に家を建てた。

地鎮祭をやるのに、都合のいい日を選んだら、それが大安じゃなかった。

神主さんは抵抗したが、どうにもその日しかなかったので渋々執り行った。

家は無事に建ったが、数年住んだだけで私は出てしまった。



私が縁起を気にするのが嫌なのは、

よくわからないものに縛られたくないのと、良くも悪くも、そのよくわからないもののせいにしたくないという

気持ちがあるからだ。

縁起を無視したから、かついだからこうなった、と思うのも思われるのも嫌だ。

大安に結納・結婚したって、破綻するときはする。

仏滅であっても、仲良く連れ添うことだってある。

ただ、縁起をかつぐことで心の平安を得られるという人たちには、それは大事なことだろうと思う。



思い立って、自然とそうしたくなったときがベストのとき。

今でも私はそう信じている。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「夢をかなえるゾウ」 | トップ | 韓国ドラマ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひなた)
2013-04-29 18:44:56
しろにゃんのお歳だと、仏滅とか気にしないで
結婚式をする人は、今より少なかったんじゃないか?

え?。。。まだ28歳。。?

あれ?ええとぉ

縁起、同様に歳も関係ないわよね!うん
ひなたちゃん (シロ)
2013-05-01 02:22:06
>しろにゃんのお歳だと

そうね、28歳だけど、けっこう縁起を気にする人が多かったわねえー(汗

よくウチの親が了解したと思うわよ。
結婚が遅かったから何でもいいから早くいってほしかったんだろな。

縁起同様、年も関係ないわっ
そうよ、だってまだ28歳だし(まだ言ってる)


コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事