太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

体重計

2018-11-01 18:35:41 | 日記
今まで使っていた体重計が壊れた。

キログラムとパウンドの切り替えができる便利物だったのだが、数字が出てこなくなってしまった。

両親側の家から借りてきた体重計はアナログで、目盛りが小さくて見えやしない。

一人が乗ったら、もう一人がメガネをかけて、しゃがんで目盛りを読む。

四十代も半ばを過ぎたら、夫も近くが見えにくくなってきて、二人分のメガネが家のあちこちにある。

私はいまだに遠くはよく見える。

短大の頃、学校最寄の私鉄電車のホームに立って、線路をはさんで向こう側のホームの時刻表が読めた。

その頃は、視力は2.0あった。

遠視気味だったせいか、若い頃から本を読むときは少し離したほうが読みやすかった。

今はさすがに2.0はないと思うが、視力検査表の1番下の文字まで読める。

それがどうだ。

体重計の目盛りすら見えないとは情けない。

1週間ほど互いに読みあうことをしていたが、キログラム表示はないけれど、大きいデジタル数字の体重計を買ってきた。

乗っただけで一目瞭然。



なぜ毎日体重を測っているかというと、夫が突然ダイエット期に突入したからである。

ジャンク期とダイエット期が交互にやってくるという、夫の特異体質には慣れた。

ここ数年で学んだことは、私もそれに合わせたほうが楽だということ。

腹まわりもぶよついてきたし、二の腕も成長を続けているし、

ここらで絞っておくのは、タイミングとしてはいい。

中年以降のダイエットは、やたら体重を落とせばいいってもんじゃない。

痩せてきれいになるのは若いうちだけ。

それはわかっているが、数字に出てくるとモチベーションになる。



しかし、である。

間食を一切やめ、好きなパンも麺もやめた。

それなのに、体重は微妙に増えてゆく。

夕食のあと、おせんべやチップやチョコを食べていた頃より増えているとはどういうことだ。

「体が水を溜めているのと、変化に合わせようとしてるだけだよ」

夫はそういうが、私はおもしろくない。

体重計に乗り、見えすぎるデジタル表示を見て舌打ちをする、そんな朝が続いているのである。


















にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハロウィン2018 | トップ | 時計 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事