太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

英語は上から目線で

2011-10-05 11:32:14 | 日記
私は美術大学出身で、ゆえに夫に出会った頃の私の英語は高校止まり。

まさか外国人と結婚するとは夢にも思わないから、英会話も習ったことがないまま、
夫と出会い、半年で結婚した。

夫のほうも、当時は日本語がほとんどわからず、わからない同士が、わからないなりに、
結構おもしろく暮らしていた。
私なりに、日々に単語を覚えたり、文法のおさらいをしたりしたけれど、
大事なのは心で、言葉はあとからついてくる、と思っていた。


ハワイに来てみたら、言葉はあとからついてこない場合が多々あることに気づいた(遅)


普段、いかに夫が、私の言いたいことを先回りして想像し、対応してくれていたかを思い知る。


最初の頃、私は相手の話すことを100%理解しようと必死だった。
相手の言葉を頭の中で英文にして、それに対する答えを英作文して話そうとすると、
まだ英文にできないうちに、すっかり会話が流れている上に、
ものすごーーーーーく疲れる。

「無口だね」と生まれて初めて言われた。


英語漬けの毎日で、100%を目指すと心身がもたないとわかり、
60%でいいにすることにした。


相手の話の中から、わかる単語だけを拾い出し、あとは想像を加える。
私が言いたいことを英文にする前に、まず話し出してしまい、あとからアレンジする。
疑問文にしたかったら語尾を上げる、確認だったら最後に RIGHT? と言ってみる、など。

60%できればいいので、こんな荒っぽいやりかたでも大丈夫。
疲れ果てて、無口になるより、ずっとマシ。


夫が日本で英会話を教えていた時、高学歴で知識はあるのに、一向に話そうとしない大人が何人もいたという。

そういう人たちほど、間違った英語を話したら恥ずかしい気持ちが大きいのかもしれない。


私だって、変な英語を話すのは恥ずかしい気持ちは一応あるけど、
そこを突破しないと、人生を楽しめない。

英語は話してナンボ。


誰かが外国旅行に行って、親切にしてくれた相手に向かって、あなたの親切を忘れないと言おうとして

「DON'T FORGET YOUR KINDNESS」(おまえの親切忘れるなよ!)

と言ってしまったという話を、笑ってはいけない(大笑いしたけど)
そんな英語でも、何も言わないより100倍も良いのだ、心は通じるのだ。



私が完全にそこを吹っ切れたのは、

日本語を全く話せないこの人達に、あたくしが、第二言語を使って話してあげているざんす

という上から目線になることができたから。



日本人だもの、英語が変だって仕方ない。

私は英語よりずーーっと難しい日本語がぺらぺらなんだから(当然)


そんなふうに思えてから、ずうっと気持ちが楽になった。

間違えまいとすることが、どうでもいいことに思えてくる。


とはいえ、日々の努力は怠れないのも事実ではある。




コメント (2)

一人ランチ

2011-10-05 11:23:30 | 食べ物とか
普段の日、ランチは一人。

一人だからなんでもいいんだけど、
一人でも、簡単でも、やっぱりちゃんとテーブルにセットして食べたいと思う。


むしょうにパンケーキが食べたくなったときのランチ


いくつか試した中で、おいしいと思ったパンケーキミックス


ルピシアの、ハワイ限定のお茶。甘いフルーティな香り。
水出しでアイスティもいいけど、今日はホットで。


と、まあ、こんなランチは珍しくて、大抵はお米。


ガラリと雰囲気変わるなぁ



今日はインスタント味噌汁をきらしていたので、これだけ。
ハワイ在住の日本人の友人は、毎日ちゃんと出汁をとって味噌汁を作っているらしい(尊敬!)
そうやって作ったら美味しかろうなー。と思いつつ、私はインスタント。
私しか食べないし、と思うと面倒で・・・・



友人が送ってくれた「塩こんぶ」
私、こんなに塩こんぶ好きだったかしらん?と思うほど、これが美味しい。

ご飯に塩こんぶに緑茶(湯呑みがないので、ちょいとアレだけど)

決定的に何かが足りない!!

海苔だ、海苔!
ハワイにも海苔は売っている。なんだって大抵のものは売っている。
だけど、すごく美味しいものを探すのは難しい。

幸い私の味覚のハードルは結構低いようなので、とりたてて不満はない。

あとで海苔買ってこよ。
それでもって、今度日本に帰ったら、おいしい海苔買ってこよ。


コメント