マイコン工作実験日記

Microcontroller を用いての工作、実験記録

技術基準適合証明と表面実装

2010-06-08 23:00:25 | Weblog
ここのところしばらくBluegiga WT32を使ってみて、かなり気に入りました。先月リリースされたばかりのiWRAP 4.0.0によって、これまではツールをつかってあらかじめ設定が必要だった項目が iWRAPのコマンドによって動的に変更可能になった箇所がいくつもあり、ずいぶんと使い勝手が良くなっている印象を受けます。機能的には、まだPCMの部分とかの動作確認をとらなければなりませんが、I2Sやアナログで簡単に音声インタフェースをとって、Bluetoothで飛ばせるのという点ではとても便利で使えるモジュールだと思います。

このBluegiga WT32ですが、実際に人前で堂々と使うには、ひとつ問題が残されています。それが、技術基準適合証明です。2.4GHzを使用する無線機器として技適がとれていないと、電波法違反になってしまいます。国内に代理店があるので、問い合わせてみましたが、Bluegigaや代理店としては技適を取得していないとのこと。すなわち実際にWT32を使用した機器を製造する立場の者が、個々に技適を取得する必要があります。もちろん、わたしのような個人の立場ではできるわけありませんので、人前でオオッピラに電波飛ばすことはできません。

問い合わせた代理店が言うには、WT32は表面実装のモジュールであるので、単体では技適は取れない(と、TELECに言われた)とのことでした。どうやら、XBeeのようにコネクタがついていればよろしいらしい。そんなものなのかなぁとちょっと疑問を感じたので、その理由を考えてみました。技術基準適合証明を受ける際には、技術基準を満たしていることを示すための特性試験結果を提出するか、あるいは特性試験を依頼することができるようです。特性試験を依頼する場合には、当然ながら対象となる無線設備を提出する必要が生じます。XBeeのようにコネクタがあれば、試験機本体(マザーボード)を1枚とXBee基板を必要枚数提出することで試験を受けることができるでしょうが、表面実装モジュールの場合には、モジュールのハンダづけを頼むわけにもいかないでダメということでしょうか。

ブレークアウトボードの形態であれば、XBeeのように取得可能なのでしょう。どこかが証明取ってくれないかぁな。それでは、Bluegigaが特性試験結果を提出すれば、表面実装モジュールの形態でも証明/認証をとれるもんなんでしょうか?もちろん、基板実装時に特性に影響を与えることがないということを示す必要があるのでしょうけど。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« Bluegiga - アナログ入力を試... | トップ | Bluegiga - AVRCPの動きを確... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モジュール技適 (KA)
2010-12-17 16:46:56
ええ~、このページ偶然開きましたのでコメントさせていただきます。
モジュール技適は、特殊な工具を使わず取り外せるもの、を対象としています。ソケットオンである、というイメージですね。
はんだ付けは、取り外せないもの、と捉えているようです。ではでは。
Re: モジュール技適 (sirius506)
2010-12-17 17:41:56
KAさん、

コメントありがとうございます。「モジュール技適」と呼ばれているのですか。アンテナを含む構造であっても、表面実装モジュールの形態では、単体では技適取れないのですね。残念ですが、しょせん個人じゃ技適取れないし、取る意味もないのですが。。

引き続きこっそりと(?)使い続けるしかありませんね。
ハンダ付けモジュール等の技適・認証が可能になりました (jikiba)
2013-02-12 17:21:11
はじめまして、記事の投稿より2年も過ぎておりますが、2012年8月に技適が少し変更になったようです。

私としては 1GHz 以下のモジュールも対象にして頂きたかったのですが、、、
Re: ハンダ付けモジュール等の技適・認証が可能になりました (sirius506)
2013-02-12 21:24:35
jikibaさん、

ご指摘ありがとうございます。
実はわたしもTelecのアナウンスについては把握していたのですが、この記事を更新していませんでした。

http://www.telec.or.jp/info/2012/120810.html

アナウンスにも書いてありますが、適合のための要件は登録証明機関が自分たちで定めているガイドラインなんですよね。法令とか省令によって定められた技術条件ではないというのが「なんだかなー」という感じなんですよね。いちいち法令や省令を改正しないで柔軟に運用するための方策なのかもしれませんが。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事