古い帳簿

2012年06月29日 | 日記
見積もり作業の為過去の帳簿を取り出した
今ではパソコン入力しているので即出力できるが当時10年ほど前の分は紙データになる

年金問題で 古い紙データの照合作業はウンヌンして… というのも解る→メンドイ探すのは大変だ
目的の書類は見つかった ついでにと古い決算書式一式廃棄することにした
保管義務期間を過ぎて古いモノから廃棄しよう

大事にとっていたがもう開くことはあるまいここ数年見ることもなかった

さて捨て方なのだが 個人情報満載のこれらの書類を如何廃棄しようか?



↑ 愛息子〝U〟が買ったばかしのチョット大きめのシュレッダーがある
これかなぁ?

休みの日に試してみようか?


コメント

眼帯を買った

2012年06月26日 | 日記
コトの始まりは2日前の午後よりになる

右目 上まぶたの裏に違和感を感じた

なにかゴミはマツゲが入りこんだと思い目薬を挿した

翌朝 いっそう違和感を増すばかり 〝モノモライ〟かな?

目をつむると違和感は落ち着く

洗眼液で洗い 眼帯で押さえて安静にした

午後より気分が落ち着いてきたので調べてみた

〝モノモライ〟とは症状が違う様子さらに 自然治癒は無いとある

最寄りの眼科さんに出向く(緊急異常事態である)


大抵の方がそうであると思うが自ら 病院に行く時は 差し迫った事態であると言うコト まして救急車を呼ぶと言うのは大事と解さなければならない(病院通いマニアが見受けられるが 診療代の無償範囲が狭まってきたので少なくなったみたい)

天気が悪いので待合室は3人ほど 直ぐ診察してもらえた

初めて眼科に出向く 診察室は照明は点かず暗い

視力検査に始まり アレヨアレヨと言う内のコチラに 次はコチラにと移動して何の説明も無くいきなりメスが目の前に来たと思うと 「ピッ!ピッ!!」と2回切られた
(上まぶた裏の分泌線が炎症状態になる)

それを機にイタミや違和感は瞬間的に消えた

診察室に入ってから5分たっただろうか?

なにはともあれ会心の心地になった

会計を待つ間に思ったコト 診断してから「これからメスで切除します」と言われると構えてしまい目を開けていられないだろうな 経験からきている治療方法だなぁ~
コメント

ラジカセを仕入れた2

2012年06月24日 | 自分用のDIY
バブルラジカセの話になる
前日仕入れたラジカセとは別物になります
この機は仕入れても引き取り手は多いので良機が出れば手元に置いても気楽である


このシリーズは3代作られ今回は初代機になります

1989年製(当時19万円)で販売された ヤフオクでは1000円~多数見受けられるが完動品はほとんど無い

マニアも多く修理改造の事例は多い またメンテナンスし易いので楽しみやすい
週末に着荷した 雨天に付き即座にインドア弄りの対象となる


↑ テープとCDは動作しない 左側の音も出ない チューナーのみ動作する
底面に分解手順が表示されている
難なく解体した
更に内部ユニットの配置図が添付されている(当時の設計者の意図を察するが解らん)


↑今回は修理復元の予定はなし 外部入力をつけてiPodやMP3を接続するのを目的とした
事前に延長用オーディオケーブルを用意した メス側を使う
本体既設のイヤホンプラグに直接繋ぐと材料は何もいらない

幾つかの入力ラインがある使用出来なくなった テープやCDの入力を探したが旨くいかない
画像中のライン切断は失敗した部分(ボリューム入力)になる

結局 チュナー入力に割り込ませた



プラグ先端を外部に出す 背面に穴を開けた、事前にコードの径で開ければ小さい穴で済んだと後悔する



↑ 自前のiPodやMP3等の外部ソースを持たないのでノートパソコンを音源にしてみた
これがなかなか良い
CDやDVDの再生やweb接続すると無限の音源ソースとなった
インターネットラジオやyahoo Gyaoで音楽連続再生にすると好みのジャンルが聞けた 



コメント

久しぶりに夕方のポタ

2012年06月23日 | 日記
昨日のコト 梅雨の中休み久しぶりの快晴になった 

案の定本日は雨天に戻る
「長く乗っていないなぁ」 整備と磨きを終えて〝電足〟で出かけた
定番 人工島コースに向かう



↑ 木材団地との接続橋も仮僑より本設に掛かっている 正式名称はなんだろうか?



↑ 迎賓館は閉っていた 時刻は5時5分さすが「コウムイ~ン」
花文字に自動散水が動いたいた(解り難いです)




↑ソテツの花が至る所にある
トンボはこの後飛んでいった
桜島は降灰か霞んで見えた

取り止めのない画像でした
コメント

ピザ打ちの話

2012年06月22日 | 自分用のDIY
食材編なので別館やま小屋用の記事ですが紙面の都合上(特に意味は無い)こちらに掲載しました 

パン作りに始まり ウドン、蕎麦 ラーメン、パスタ、餃子と粉物を弄まくりました

だだ今 ピザ作りに傾倒中です

麺類に比べて〝切り〟がないので作るのが楽である



一度のピザ作りで5~6枚分の生地ができる(1~2枚分の仕込みを会得しなくては)
↑画像は一次発酵が終わり切り分けてラップするその後二次発行するので数分でボールみたいにパンパンに膨れる
この状態で2~3日は冷蔵で保つらしい(過去2日までで完食したので3日以降は解らない)



新しい保存を試した
↑生地を8インチほどに延ばす(22~23cm)


この為に探した紙皿になる ダイソーで8枚/100円であった 高級耐水仕様もあったが返って不向きである4枚/100円

上下重ねでテイクアウト用にも使えると企てている 冒頭の画像のピザ箱はパッケージ商品として販売されているがロット数が多く(50枚超~)で100円程度からになる
宅配ピザの如く 2000円程度で販売できれば良いのであろうがお配り用には不向きである(ピザを自作しての原価は上級トッピングでも200円未満である)






↑プライパンで裏面を焼いた



↑5枚焼く紙皿で冷ます通気性のある皿なので蒸気が下にも抜けていく
冷めてから重ねて冷凍保存した2日経過したが食感は良い




↑ 冷凍のままトッピングして焼いてみた 冷凍ウドンと同じ効果が出たのかモチモチ感が強くなった様だ
コメント