斧のリメイク3(柄を作る)

2018年12月14日 | 自分用のDIY
柄を新調します

原木から加工します



荒切します



角材の谷の挟んで固定します



プレーナーで削って 平面をアバウト出します



自動プレーナーに掛けて 対面を削ります



少しづつ削り 回数かけます



両面 交互に掛けます



イメージ近づいてきました



バイスで固定します



ノコと木工ヤスリで整形します



荒整形が終わりました

曲がりクセが有りますので暫し養生してから仕上げをします

完成は来年の予定です

その間は刃砥ぎになります

続く



削りカスです 
コメント

斧のリメイク2とモノタロウカレンダー

2018年12月11日 | 自分用のDIY
昨日 サンポール漬けにした斧を雨水タンク蛇口に移しました



タップリ流水で流します 今夜も雨だし使い放題です



金タワシでゴシゴシします



赤サビは完全に無くなっています ホォ~です



キッチンハイターで塩酸を中和します イワゆる『混ぜるなキケン!!』をやる訳です

斧と手に付いた残留塩素の中和ですので害はありません

手先と臭気の違和感が消えるのでスッキリします



サビが取れて観察易くなりました 柄口のバリが障りますのでヤスリで除きます

ジンワリと酸化始まっていそう 少しサビで来た様に思える



金属加工は好きではありません 木工と比べ 手間が掛かります

ボツボツとマイペースでやる心持ちに洋々出来そうです ソロソロ小僧気分も終わったか??



暫し ヤスリ掛けして角面が出ました

本日の斧リメイクはここまでです


別件記事 備忘録です



モノタロウ便が届きました

年末無料頒布の10パーセントオフ カテゴリーカレンダーが届きました



事前に1年分のカテゴリ別特売日が判るので助かります

今カレンダーの在庫を見たらまだ有りましたが明日は無い ひとり1回のみ無償なので追加はできません 

これだけの注文も申し訳ないので 革製のカッターナイフ入れを合わせました (月初の7000円オバー買い物なので送料無料扱いになっています)

おしまい




コメント

サンポールを買った

2018年12月10日 | 自分用のDIY
またヨドバシさんで購入しました

送料込で170円です ヨドバシさんは全商品10パーセントポイント還元なので153円になります

初めてのサンポール購入です 希釈塩酸でトイレ掃除用としか理解していませんでした

メーカーは蚊取り線香の金鳥とプリントされていた



購入動機は廃物で頂いた斧の再生に使います





両面 サビサビです





柄は無理やり削り下ろして刺しています その割には上手く嵌まっています



一見 良さそうに見えますが 刃先は潰れて丸々危険性まったく無し 



刃先を切り離しました



クサビは上手く抜けます



これから先は屋外で作業します



原液は10パーセント塩酸ですが希釈3パーセントで一晩漬けてみます

今日はここまで

続く



コメント

金槌の柄を挿げる 今年2回目 一度に5本 その2

2018年12月02日 | 自分用のDIY
柄の短い石頭ハンマーを切り離します

石頭ハンマーと言うより玄能に近い



柄の残りを焼いて取ります 時間が掛かるので 最初にやるべきでした

焼き取るのではなくて ある程度熱して 蓄熱炭化するのが効率いいのを前回学習しました 前回は20分位放置していた



その後水で冷やします 余熱は強いです



取れました



プレーナーで整形します



クサビ用に切れ目を入れます



クサビを入れて 打ち込みます



完成です



3本 柄挿げ終りました



小さい2本に合う柄がありません その内に材料が見つかればやるかもしれない 

柄を付けても使う機会が無い



今回の作業台は 足場台脚立を使いました 初めての利用でしたが悪くないかも!!
コメント

金槌の柄を挿げる 今年2回目 一度に5本

2018年12月01日 | 自分用のDIY
使えない金槌をモノタロウの空き箱にいれて右往左往を数ケ月しておりました



中の様子は短い柄の金槌が2本 うち1本は石頭(いしあたまではありませんせっとうと読みます)ハンマーがあります

前の所有者さんが切断加工したものです

それと柄が2本 新品1本(これは先日 材木商の倉庫整理で貰いました)そして9月に記事にした「金槌の柄を挿げる」で取り外した柄です



↑これがその時の画像です

そして これがその時の記事です → →クリック

それと 小さい 新品の金槌の槌が三本 小さくて使い物にならない 下駄とか額縁用の釘打ちに向いている



先ずは柄の短い金槌の柄を替えます



クサビを使わないで釘で目打ちしています グラインダーで釘頭を削ります



釘締めで押し出して ザウルス(取れないボルト等の挟み回しするペンチの商品名)で引き抜きます



OK!



新しい柄の仮合わせします



プレーナーで面取りしていきます



目打ち釘穴を開けます



外した釘を再び打ち込みました

1本目終了です



1本目で外した柄をプレーナーで加工します



新品 槌のみ3本の内 一番大きな槌を仮合わせでハメてみました



槌を外して 角面取りをします



切りそろえて2本目完成です



3本目

↑ ドミノ付け替えです そもそも真ん中の柄は下段の槌に付いていましたが 不具合の為交換して取り置きしていた柄です

この柄を上段の赤い槌と交換します

続く
コメント